風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

渡り鳥だと思ってた(道東遠征10)

 根室半島を一周した後は、風蓮湖畔の道の駅スワン44ねむろで買い出し。

 窓辺の望遠鏡で、エゾシカが見えたので、iPhoneを押し付けて撮影。

IMG_5016.jpg

 すぐ近くの宿に入った。 その名も、レイクサンセットという。

P1060240.jpg

 この日はコテージ。四人用の可愛いコテージを二軒、三人ずつだ。

P1060233.jpg

 前夜、オホーツク海に沈む夕陽は見られなかったが、この日は見られそう。

P1060181.jpg

 と、その前に、鶴がいるぞとの声。

     P1060184.jpg

 何と宿のすぐ前、びゅんびゅん車が駆け抜けている国道沿いの風蓮湖畔に、タンチョウヅルのつがいがいた。

P1060182.jpg

 野生のタンチョウを見たのは初めてかも。

P1060185.jpg

 カメラを構えている人は5-6人。ジモティには見慣れた風景なんだな。

P1060198.jpg

 エサ場なのか。

P1060202.jpg

 夕陽とタンチョウのショットを狙っているご夫婦もいた。

P1060211.jpg

 しかし残念。

P1060218.jpg

 タンチョウは飛んで行く。

P1060219.jpg

 向こう岸が、寝ぐらなのかな。

P1060223.jpg

 宿に戻ったら、玄関前に、キタキツネがお出迎え。

     P1060228.jpg

 凄い体験だ。

P1060225.jpg

 私は、タンチョウは白鳥と同じく、冬にやってくる渡り鳥だと思っていたのだが、実際は留鳥で、このつがいは基本的にここで暮らしているそうだ。

P1060234.jpg

 冬は釧路に集まるとかの話もあった。

P1060237.jpg

 コテージには小さなキッチンもあったが、交代でシャワーを浴びたのち、メイン棟のレストランで夕飯。

P1060242.jpg

 地酒。

     IMG_5026.jpg

 夕食。

IMG_5025.jpg

 食堂からも、風蓮湖と夕陽が眺められた。

P1060243.jpg

 食っちゃぁ撮り、撮っちゃぁ吞み。

P1060250.jpg

 良い感じになってきた。

     P1060256.jpg

 これはもう、早く飯を食い終わらないと。

     P1060261.jpg

 沈んで来た沈んで来た。

P1060264.jpg

 表に出る。

     P1060274.jpg

 一見、良い雰囲気なのだが、実は蚊の宝庫でもあった。

P1060275.jpg

 それもデカい。

     P1060277.jpg

 虫よけを取りに戻る時間がもったいない。

IMG_5028.jpg

 蚊の集中攻撃から逃げるため、動き回りながらの撮影。

     P1060283.jpg

 美しい。

     P1060286c.jpg

 機材は、Lumix TZ70だ。

P1060289.jpg

 広角から望遠まで行ける。

P1060293.jpg

 蚊に刺されてる人。

20348274_381097088972352_521917572_o.jpg

 サンセット。

P1060297.jpg

 この後、また部屋吞みだ。

IMG_5035.jpg

 ウナコーワ塗りまくり。

 26日現在、まだ痒い箇所がある。
関連記事
テーマ : 夕焼けの写真  ジャンル : 写真

Comments

鶴居村で見ました
風写さんへ
夏毛に変わるキタキツネはみすぼらしい。
ふっくらした冬毛の時がいいですね。寒いけど。

私はタンチョウヅル、冬の鶴居村で見ました。その時、鶴の一声聞いたかな?

閑話休題。
新仙台市長、同じ職場でしたね。
kazuさんへ
この後丹頂鶴自然公園で、声を聴きました。

仙台市長は、そうですね、元同僚です。
議員にならなければ、一緒に定年を迎える年齢でした。
もちろん入社は向こうが20年早かったですが。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: