風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

最東端到達(道東遠征9)

 知床羅臼から、国道335号を南へ。
 海霧はだんだん晴れたが、国後島はほとんど見えず。

 標津に入ってふたたび国道244号、野付半島に左折する。

P1060119.jpg

 地図でこの半島を見たら、誰でも行きたくなるはず。

 空撮画像:FullSizeRender-81-289x300.jpg

 41年前にも訪れている。

     OMI_0048.jpg

 トドワラやら、ナラワラやら、枯れ木の林が、砂州の上に広がっている。

P1060113.jpg

 砂嘴かな。

P1060116.jpg

 昔はこんなことしちゃってました。ごめんなさい。

OMI_0049.jpg

 最奥の駐車場から、灯台までは歩かないと行けないが、猛暑なので誰も行きたがらない。

P1060103.jpg

 そうしたら駐車場のすぐ近くに、エゾシカファミリーがやってきた。

P1060102.jpg

 北海道でも、数が増えて問題になっている場所もあると聞く。

P1060099.jpg

 本州の観光地の鹿は、捕まえて角を切り落としたりするが、蝦夷鹿の角は、季節で自然に抜ける。

P1060097.jpg

 美しい立ち姿だ。

P1060096.jpg

 潜水艦のような公衆便所。

P1060105.jpg

 引き返す。

P1060106.jpg

 実際に走ってみると、それほど砂嘴感はない。

P1060110.jpg

 ここにもエゾスカシユリ。

P1060122.jpg

 左右が海。

P1060123.jpg

 なかなか食堂がない地域、美しい海岸線や風蓮湖を過ぎて、国道44号にぶつかる、厚床でやっとレストラン発見。

IMG_5003.jpg

 イタリアンな国旗があるが、名前はフランス語みたいだ。

IMG_5005.jpg

 オムライスのビーフシチューソース1080円。

IMG_5001_2017072305195821e.jpg

 スープと、シェアしたパスタ。

     IMG_5002_20170723051959020.jpg

 雰囲気は良いけど、余計なお洒落感がない、近所にあったらまた行きたくなる店だ。

IMG_4998_20170723170447021.jpg

 根室半島の太平洋側に出たら、思いがけず風力発電所を発見、これは嬉しい。

P1060130.jpg

 浜松海岸にある、昆布盛ウインドファーム、二基が止まっていたが、絵になる。

     P1060127.jpg

 そして花咲漁港の先へ。

IMG_5006_20170723052319185.jpg

 羅臼もそうだが、東に海がある北海道の海岸は、霧が沸くようだ。

P1060136.jpg

 地形によるのだろう、晴れ間とのギャップが面白い。右端が花咲灯台。

IMG_5008_201707230523207d3.jpg

 変わった形の柱状節理、車石。

P1060138.jpg

 面白い場所があるものだ。

P1060141.jpg

 花咲灯台の周りだけ晴れている感じ。

P1060142.jpg

 昆布森ウィンドファームも霞んでいる。

P1060146.jpg

 こちらは一基だけの花咲風力発電所、国内最東端の風力発電機だろうか。

P1060150.jpg

 風車のような黄色い花。

     P1060144.jpg

 さらに半島の先に進み、根室市内で悪友たちが選んだ立ち寄り地。

P1060154.jpg

 国内最東端の駅だと言うので、てっきり終点駅かと思っていたのだが、不思議。

    P1060152.jpg

 微妙にカーブして、根室駅に回り込むのが理由らしい。

20399157_381096702305724_2021018780_o.jpg

 ここではだれも乗車できず。

     P1060156.jpg

 さらに東進すれば、地の果て納沙布岬だ。

     IMG_5009_20170723052644134.jpg

 41年前にも、当然来ている。

     OMI_0047.jpg

 同じ碑の前で写真を撮ろうとしたが、どの碑だかわからない。

     P1060162.jpg

 下手な鉄砲を撃ちまくる。

     IMG_5011.jpg

 しかし何本あるんだ。

     P1060166.jpg

 歯舞諸島は、本当にすぐそこだ。

20316903_381096895639038_1757057303_o.jpg

 半島の北側を走って引き返す。

    IMG_5014.jpg

 ここでもまっすぐな道。

P1060167.jpg

 北方原生花園。

P1060171.jpg

 アヤメがメインだが、もうほぼ終わっており、エゾキスゲが少しだけ。

P1060172.jpg

 枯れかけた、ヒオウギアヤメかな。

P1060174.jpg

 根室湾、半島北側の美しい海の向こうには、国後島があるはず。

P1060175.jpg

 自由に行き来できるようになったら、素晴らしい観光地になることだろう。

P1060177.jpg

 こちら側にも、ウィンドファームがあった。

P1060180.jpg

 レポートはまだまだ続く。

 先日の記事で、双湖台から見える湖の名前が違うとの指摘有り。 → 訂正済み。
 小清水で乗った釧網線車両画像を追加
関連記事
テーマ : 北海道/道東  ジャンル : 地域情報

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: