風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

想い出をたどって(道東遠征4)

 1976年7月の北海道遠征を追う旅。

OMI_0058.jpg

 2017年7月10日は、川湯温泉きたふくろうから出発。

IMG_4819.jpg
 朝風呂に入り、例によって取り過ぎのバイキング朝食を食べ、ひよっこを見てから出発する。

IMG_4820.jpg

 BSが入る宿だと、30分早く出られるのだが。

 上のオープニング映像、一升瓶が東京タワーなのが、お気に入り。

IMG_4821.jpg

 この日はまず屈斜路湖畔へ。

P1050692_20170718053758a92.jpg

 4月にも立ち寄っていた場所だ。

 こちらは41年前。

     OMI_0060.jpg

 しかし、スリムだったなぁ。

P1050690_20170718053756dd0.jpg

 続いて道の駅摩周温泉。ホテルのエントランスのようだ。

IMG_4822_2017071805374993a.jpg

 41年前には、道の駅という言葉すらなかった。

 ここは大鵬のふるさとなのかな。

IMG_4823.jpg

 蕎麦粉の産地でもある。

     IMG_4824.jpg

 この日は国道241号を西へ。

P1050693.jpg

 双湖台に着いた。

P1050694.jpg

 形が北海道に似ているペンケトーと、パンケトーを眺められる展望台で、41年前にも立ち寄っていた。

OMI_0037.jpg

 しかし周辺の森の樹木も、私の腹囲のように成長しており、ペンケトーしか見えない。そのためか、看板も欠けたまま。

P1050697.jpg

 がっかりして阿寒湖へ。

 大型ホテルが立ち並ぶ風景にびっくり。

IMG_4828_20170718054031748.jpg

 駐車場も有料だ。

P1050704.jpg

 遊覧船も巨大だ。

P1050701.jpg

 41年前と、同じ場所だった。遊覧船のサイズとデザインもあまり変わっていない。

OMI_0046.jpg

 記念写真。

P1050699.jpg

 珍しくカフェで休憩。

20205933_154851035075765_1508434670_o.jpg

 店内には巨大なオーディオセットがあった。スピーカーはALTECかな、自作かしら。

P1050702_20170718054043fdc.jpg

 ホテルと土産物店街を少し歩く。

P1050705_201707180540462ce.jpg

 仲間の一人が、奥さんからマリモを買って来るようにリモート操作されていたので、

P1050706.jpg

土産物店に入ってみた。

     P1050708_20170718054617895.jpg

 そうしたら、うちのトイレにもぶら下がっている、コロポックルを発見。

     P1050709.jpg

 店のオヤジさんと話をしたら、最初にコロポックルを有名にしたモデルだが、意匠的には伝説とずれがあり、今はこんなのが主流とか。

     P1050711_20170718054621252.jpg

 要は蕗の葉を傘にしていないといけないらしい。

P1050710.jpg

 これは雄阿寒岳かな。

P1050712.jpg

 川湯に戻って、硫黄山へ。

P1050714.jpg

 実は摩周湖第一展望台駐車場が有料だったのだが、その半券で硫黄山駐車場が無料になったのだ。
 いわゆる地獄。

P1050718.jpg

 ウィキペディアによれば、アトサヌプリは、北海道弟子屈町にある第四紀火山である。標高は512m。活火山に指定されている。硫黄山(いおうざん)とも呼ばれる。
 硫黄山の名は、狭義には明治年にアトサヌプリの麓にあった硫黄の鉱山のみを指すことがある。当山付近をさす地名には「跡佐登」の字を用いる。

P1050715_201707180546260aa.jpg

 アトサヌプリの名は、アイヌ語の「アトゥサ」(atusa, 裸である)と「ヌプリ」(nupuri, 山)に由来する。つまり「裸の山」の意である。アイヌ語研究者で自身もアイヌであった知里真志保によれば、北海道、南千島において、熔岩や硫黄に覆われた火山を、アイヌは atusa-nupuri と呼んだ。


P1050722.jpg

 アトサヌプリ火山群は活動度の低い「ランクC」の火山に指定されている。また、火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている。気象庁の火山性微動や噴火に伴う空気の振動等を観測するための地震計や空振計が設置されている。

 熱水が噴き出している場所があった。

P1050723.jpg

 火山から出る硫黄成分のため山麓周辺部の土壌は酸性化しており、一般に広く見られるエゾマツやトドマツなどが生育できない。荒地に適応したハイマツと、酸性土壌を好むイソツツジが優勢であり、7月初旬にはイソツツジ群落の一斉開花が見られる。一部にはコケモモやガンコウランなどの高山植物も見られ、日本でも最も標高の低い場所にある高山植物帯となっている。また、地熱が高い部分は冬でも雪が積もることがない。川湯温泉の硫黄泉はアトサヌプリを起源としている。

 美しい硫黄の結晶。

P1050724.jpg

 痛風の元に似ている。

P1050726.jpg

 結局昼飯は川湯温泉郷で。

     IMG_4848_2017071805480253a.jpg

 すずめ食堂&バル。

     IMG_4836_201707180547521cc.jpg

 雰囲気は抜群だが、何せめちゃ暑い日で、店員も客も汗だく。

IMG_4839_20170718054753b2f.jpg

 東北もそういう店は多いので、私はなんとか大丈夫だったが、冷房慣れしてる関東以西の連中は、かなり堪えたようだ。

IMG_4840_20170718054755f68.jpg

 これは、畑の定食を食べないとね。

     IMG_4846.jpg

 まず午後の運転担当以外はビール。

20180245_154851118409090_1724838268_o.jpg

 おお、これは美味そう。

IMG_4842.jpg

 猛暑にぴったりの、チキンマサラ。

IMG_4843.jpg

 ナスの豆腐バジルソース添えと、寒天。

IMG_4845_20170718054759986.jpg

 玄米ご飯と揚げ春巻き。

IMG_4844.jpg

 美味しかった。

 このあと、旅行を始めてから、時々FBに画像をアップしていたら、複数の友人からあそこに行け、ここに寄れ情報があり、夜の部会で相談して、裏摩周にある、神の子池に寄ってみることになった。

IMG_4852.jpg

 またまたウィキから。
 神の子池(かみのこいけ)は、北海道網走管内斜里郡清里町にある池である。「神の小池」ではない。

P1050730_20170718054945be3.jpg

 北海道東部の釧路管内弟子屈町にある摩周湖の北東に位置する。水深5m、平均水温8度である。

P1050734.jpg

 摩周湖の水量が年間通して変わらないのは、この神の子池と摩周湖が地下でつながり、一日12,000tもの水が湧き出ているからと言われていたが、水質調査の結果神の子池の水源は摩周湖本体ではなく、外輪山への降水が伏流水となって水源になっている[1]。そのため、流れ出る小川は視認できるが、流入する川は地表には存在しない。

P1050736_20170718054950171.jpg

 水の透明度は高く、池に沈んだ倒木が水の底に横たわる姿がはっきりと見える。天候にもよるが、水面がエメラルドブルーに見え、神秘的な雰囲気を漂わせる。このような色を出すのは水酸化銅が影響していると思われる。


P1050735.jpg

 国立公園内だから微妙だが、もうちょっと倒木の密度を何とかできると良いかなぁ。

P1050738_20170718054951540.jpg
関連記事
テーマ : 北海道旅行  ジャンル : 旅行

Comments


学生時代の仲間と思い出のコースと辿る

楽しませてもらってますよ
あいしゅさんへ
ありがとうございます。
山口百恵とかキャンディースとか、BGMにかけてください。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: