風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アウトドア

Comment (0)  Trackback (0)

歩くぐらいなら、なんとか

 退職し、毎日が土曜日になっておよそ2か月。
 5/29、この日は月曜日だったが、朝5時前に起きて、天気が良かったこともあり、突然、ウォーキングに出ることに決めた。

     IMG_3778.jpg

 退職祝いに友人たちからいろいろいただいた中に、こんな綺麗なヤッケがあったのだ。

     IMG_3670_20170606175754b1e.jpg

 要は、運動しろという事。
 バタバタしていて、すっかり忘れていた。
 自宅から10分も歩かないところ、広瀬川流れる岸辺に、ジョギングコースがあるのだ。

     IMG_3676_20170606034730012.jpg

 新坂を降りて、この堤防上の道に入ると、ふんわりとした触感(パンみたいだな)が足から伝わってくる。

IMG_3776_20170606034740e80.jpg

 周辺には花も植えられたりしていて、ベンチもある。

     IMG_3679_20170606034733939.jpg

 前の晩に誰かが涼んだのか。

IMG_3678_20170606034731159.jpg

 広瀬川の対岸は、断崖になっていて、小さな滝が流れ落ちたりしているのだが、仙台西道路の青葉山トンネルの切れ目で、車の走行音がする。

IMG_3688.jpg

 そんな、コースを、そこその数の人が、走ったり歩いたり。おしゃべりしてる人たちや、猫。

IMG_3777_20170606034742145.jpg

 ジョギングロードは、ほぼ澱橋から牛越橋までの左岸。

IMG_3770.jpg

 初日は、iPhone アプリをスタートするのを忘れたが、これが二日目の牛越橋までのデータ。

       IMG_3771.jpg

 その後慣れてもう少し早くなったが、おおよそ往復45分で4800歩。距離にすると3.6㎞の往復ルートになる。

 堤防上とは別に、河畔にも散歩道があり、路面は荒いが、走れないこともない。 

IMG_3689_20170606034736790.jpg

 川のせせらぎが良く聞こえるようになる。

IMG_3697.jpg

 帰りの澱橋までは良いのだが、最後に新坂を登るのがキツイ。

     IMG_3779_20170606035017fea.jpg

 サラリーマン時代は、帰宅時に車で駆け上っていたルートだ。

IMG_3782_201706060350183c2.jpg

 花と鳥の囀りに癒されつつ、汗だくで帰宅。

     IMG_3785.jpg

 飽きっぽい性格なので、三日目は別ルート。

     IMG_3824_20170606035021406.jpg

 澱橋を渡って、県美術館仙台二高の青葉の間を歩く。

     IMG_3827_201706060350233d9.jpg

 仲ノ瀬橋を渡って、西公園の杜。

IMG_3836_2017060603502495e.jpg

 このルートだと短くて、30分3600歩。

     IMG_3837_20170606035026d0e.jpg

 曇っていた四日目は元のコースに戻った。

IMG_3865.jpg

 キャンプしてる奴がいるな。

IMG_3866.jpg

 この日は牛越橋をくぐって先へ行ってみた。

IMG_3869_201706060351245b4.jpg

 先の集落まで、ジョギングロードは続いていて、滝前橋という小さな橋がある。

     IMG_3868.jpg

 広瀬川に合流する小さな川の上流に、なんと滝があった。

     IMG_3871_201706060351268b2.jpg

 国見の方から大崎八幡の西側を流れてくる川。残念ながら、ややドブ臭がする。

IMG_3877.jpg

 この滝まで足を延ばすと往復6000歩、ちょうど1時間ぐらいのコースだ。

 五日目は雨で休み。

IMG_3887_201706060351290f6.jpg

 六日目はまた好い天気だった。新坂を下る。

IMG_3896.jpg

 爽やかな朝だ。

     IMG_3898.jpg

 いつものルートで澱橋から牛越橋へ。

     IMG_3903_20170606035133260.jpg

 この日は牛越橋を右折、らぁめん一番星の前を通って、大崎八幡へ。

     IMG_3905.jpg

 うちから一番近い国宝だ。違うか、仙台市博物館の方が近いな。

 石段は堪える。

IMG_3907_20170606035136184.jpg

 この日は音楽イベントがあるようで、テントや出店が準備されていたが、朝が早いと本堂の手前が施錠されている。

IMG_3909_20170606035334c3d.jpg

 こんなこともあるんだな。国宝だし。

IMG_3914.jpg

 広瀬川には戻らず、四ツ谷用水沿いを歩く。

     IMG_3917.jpg

 タモさんも歩いたルートだな。

     IMG_3922.jpg

 水は流れていない。

     IMG_3921_20170606035336c7d.jpg

 このルートでも、およそ6000歩で60分。4.5㎞ほどのウォークになる。

IMG_3925_20170606035339174.jpg

 七日目は、若いランナーたちの真似をして、音楽を聴きながら歩いてみた。

     P1050206_201706060355018c7.jpg

 車道を通るときは、ちょっと危険だ。

 いつものルートのパノラマ画像。

IMG_3951_20170606035341c2b.jpg

 この日は牛越橋を渡って三居沢へ。

     IMG_3955.jpg

 現存する国内最古の水力発電所と、不動尊に交通公園がある。

 そう言えばこちらにも滝があった。

     IMG_3958_20170606035345b26.jpg

 ここまで約3000歩なので、ここを折り返し点にするルートが良いかもしれない。

IMG_3960.jpg

 水子地蔵。

     IMG_3965_20170606035458af5.jpg

 市営バスの営業所には、るーぷるが7-8台停めてあった。

IMG_3967_20170606035458f13.jpg

 さらにすこし遠回り。

IMG_3968_20170606035459da6.jpg

 牛越橋から帰りのルートはいつもと同じでも、バス営業所所を回ってくると、自宅まで8000歩越え、少しきつい。

 これは八日目のスタンダードルートのデータだが、一応これを基本としよう。

     IMG_3988_201706060355335cc.jpg

 元気なら三居沢の不動尊まで6000歩、疲れていたら、仲ノ瀬橋西公園ルートで3600歩だ。
 最初澱橋まで下りて、体調で判断すればいい。

 九日目もスタンダードルートで無事終了。
 走っている人の中には、苦しそうだったり、思いつめたように見える人もいるが、私はのんびり、普通より少し早歩き。

 6時に朝刊が届くし、25分からはラジオ体操テレビ体操があるので、6:15ぐらいに帰宅するのが理想。

P1050212_20170607061646034.jpg

 健康的なお嬢さんたちと、踊る体操する。
関連記事
テーマ : アウトドア  ジャンル : 趣味・実用

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: