風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アルコホリック

Comment (8)  Trackback (0)

新幹線には乗ったけど

 今週の日曜日、2010/7/11 06:00~06:30、参院選の投票日ですが、宮城その他で岩手宮城内陸地震関連の番組を放送します。
 宮城発! 秘湯よ よみがえれ ~震災からの復活を誓って~

 関東地方では、2010年7月24日(土)(テレビ朝日OA) 放送になります。

 地方別の詳しい放送日程はこちら。是非ご覧ください。



 さて、新潟駅から帰りの新幹線に飛び乗ったのは14時頃だったと思います。

 ちょっと早め。それには理由があったのでした。
 是非寄って行けと言われていた所、それが越後湯沢駅構内にあるこの場所なんです。

DSC01238.jpg

 ぽんしゅ館といいます。

          PA0_0054.jpg

 要は新潟を代表する名物、日本酒を中心とした土産物の売店施設なんですが、それだけではないのです。

PA0_0050_20100703164944.jpg

 まずは酒風呂、温泉に日本酒を配合した入浴施設なんです。

          PA0_0048_20100703164944.jpg

 此処でひとっ風呂。確かに血行が結構良くなったような気がします。こりゃけっこう。

PA0_0047.jpg

 湯上りはさすがにビールです。エチゴビールの限定醸造。

          PA0_0046_20100703164944.jpg

 そして喉が潤ったら、こちらへまいります。

DSC01217.jpg

 銘酒の利酒コーナーです。

 最近いろんな所に出来ているとは聞いていますが、実際に来るのは初めて。

 壮観でしょう。

DSC01237.jpg

 500円でおちょことコイン5枚をもらいます。

DSC01218.jpg

 まずは偵察。外人向けか?

DSC01231.jpg

 お酒が好きな人向けって? 何?

DSC01228.jpg

 オヤジ系? のオバハンか?

DSC01229.jpg

 悲しい故障中。

DSC01230.jpg

 利き塩もありました。肴の替りに舐められます。

DSC01224.jpg

 さて一杯目。

       DSC01219.jpg

 新潟市は小黒酒造の、秋乃梅里夏限定、夏囲い吟醸酒。

DSC01220.jpg

 旨い。

DSC01221.jpg

 二杯目は、阿賀野市は白龍酒造の、低温貯蔵「大吟醸生原酒」。

DSC01223.jpg

 これが一番旨かった。

DSC01226.jpg

 三杯目。年賀状でラベルをパクらせてもらったことがある、新潟市は上原酒造の「越後鶴亀」純米酒。

DSC01227.jpg

 これも旨い。

DSC01233.jpg

 四杯目は、地元湯沢「上善如水」が有名な白瀧酒造、「湊屋藤助」純米大吟醸。

DSC01234.jpg

 んんんまい。

     DSC01235.jpg

 ラスト五杯目。小千谷の新潟銘醸の「駒子雪」雪中仕込純米吟醸、なぜか湯沢限定。

DSC01236.jpg

 いやいやいやいや、みんな旨い。

 全部で96種類あるそうです。前日来た、なおちゃんはどれをいったんだろう。

 こんな利酒テストコーナーもありました。

DSC01225.jpg

 4種類飲んだあと、5杯目を呑んでどれかを当てるんですな。

 ぽんしゅ館HPはこちらです。

 イイ気持ちになって再び上越新幹線へ。もちろん旨かったやつを四合瓶で。

          DSC01239.jpg

 サエモンさんが買ってきてくれた新潟のおこわと、村上の酒浸しを肴にちびちび。

     DSC01242.jpg

 大宮で弁当を買い、東北新幹線に乗り替えても、これで何とか続けられました。

DSC01243.jpg

 大人の休日倶楽部で旅した喜多方新潟ツアーレポート、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

 しかしまだ続きがあるかも。
関連記事
テーマ : 鉄道旅行  ジャンル : 旅行

Comments

No title
連続の新潟レポ
読みごたえありました
いっしょに行ってへぎそばで
冷酒飲りたかったなぁ
No title
新潟ツアー、堪能しました。
ぽんしゅ館は激しく惹かれますーー!
出張も最近は車移動ばかり。
列車内で飲むってのも暫くやってないので、さらにんまそー。
みごとな乗り鉄!
ん~、酒めぐり、新潟ならではですね。
信濃大町の酒博物館で、立山、銀嶺?などの利き酒をしましたが、どれもおいしくて飲み干し、結局どれがいいのかわからなくなりました。
仙台に戻るのに大宮まで来る必要あったのですか?
おじゃましました
新潟では飛び入りでしたが、みなさんに親切に迎えて頂きありがとうございました。私がお会いした前後にはこんな見聞があったのですねえ。特に越後湯沢編はかなり惹かれます。(笑) この前は通過しただけだったので、今度は途中下車してみようと思います。
大名マークさんへ
ありがとうございます

次回はご一緒しましょう。
途中寄り道しないのであれば、バスが良いかもしれません。
anegoさんへ
夕べはお疲れ様でした。

ぽんしゅ館
おまけでしたが良い所です。

此処に行くためだけに新幹線で行くのはもったいないけど、湯沢は素敵な温泉町。そぞろ歩きも楽しい所ですから、是非泊まりで行ってください。
kazuさんへ
新潟シティは宮城県南丸森とほぼ同緯度。
まっすぐ行けるJR路線はないし、クルマやバスで行くのが普通です。

前出のとおり距離的には磐越西線や只見線を使うのも、短いのですが、時間的には大宮回りしかありません。

今回は大人の休日倶楽部でしたから。
tsunechanさんへ
お疲れ様でした。

サエモンさんのブログも新潟編が始まりました。

http://bimikyusin.blog109.fc2.com/

お楽しみに。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019