風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

ダブルタイムスリップ

 6月になった。退職後二か月。さすがに少し意識は変わりつつある。

 今回のうどんツアーに絡めて、讃岐には来たことがあるはずだと、大昔のアルバムを発掘したら、こんな地図が。
 我ながら、こういう事だけには、マメだ。

P1050189_20170531153408693.jpg

 昭和と西暦が混在しているが、1977年から81年までに三度四国に来ていたことが分かった。
 高松には、79年の3月と、80年12月に来ていた。就職の前後になる。

OMI_0029ast.jpg

 79年には丸亀や坂出、80年には屋島と四国村へも寄っていた。

OMI_0028cas.jpg1980/12/30

 その時も偶然、わら家の駐車場に建つ、異人館を撮影していたが、色が異なる。

IMG_3307_20170525122300305.jpg2017/5/21

 もちろん四国へは船を使うしかなかった頃だが、79年には倉敷にも行っていた。旅レポは続く。
 広島へ帰る大先輩に倉敷の宿まで送っていただき、まだ早い時間だったため、温泉大浴場。

     IMG_3534_201705311125053da.jpg

 ビールを呑んでひと休みして、夕方外へ。

P1050109_20170531112507167.jpg

 いわゆる美観地区が目の前だった。

 堀にオイカワが泳いでいる。堀じゃないのか。

P1050113_201705311125091a3.jpg

 一度は来たことがあるはずなのだが、ほとんど記憶がない。

P1050111_2017053111250806f.jpg

 大原美術館。

P1050114_20170531112511169.jpg

 1979年3月12日撮影の写真。

     OMI_0032as.jpg

 同ポジで撮りたかったな。

P1050116_20170531112513123.jpg

 大原邸。

P1050115_20170531161736cad.jpg

 角度が異なるが、こちらも1979年。

     OMI_0031cas.jpg

 塀の中の植木、38年たっているのにほとんど高さが変わらない。

 得意のウィキペディアによれば、倉敷美観地区(くらしきびかんちく、Kurashiki Bikan historical quarter)は、岡山県倉敷市にある町並保存地区・観光地区である。

     P1050119_20170531112514c2c.jpg

 倉敷市の美観地区景観条例に基づき定められたもので、同市本町全域、中央1丁目北部(前神町など)、東町・阿知2丁目・鶴形2丁目の各一部が含まれる。

P1050121_2017053111251698f.jpg

 こんな美術館もある。

P1050122_201705311125174be.jpg

 広義の美観地区の面積は21.0ヘクタールで、うち伝統的建造物群保存地区(第一種美観地区)が15.0ヘクタール、伝統美観保存地区(第二種美観地区)が6.0ヘクタールとなっている。

IMG_3501_201705311125055a6.jpg

 伝統的建造物群保存地区(倉敷川周辺)は倉敷川畔伝統的建造物群保存地区(くらしきがわはん でんとうてきけんぞうぶつぐん ほぞんちく)の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

IMG_3503_20170531112837819.jpg

 江戸時代初期の寛永19年(1642年)、江戸幕府の天領に定められた際に倉敷代官所が当地区に設けられ、以来備中国南部の物資の集散地として発展した歴史を持つ。

     P1050124.jpg

 倉敷川の畔から鶴形山南側の街道一帯に白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並び、天領時代の町並みをよく残している。

P1050140_201705311128456e3.jpg

 1969年に倉敷市の条例に基づき美観地区に定められ、1979年(昭和54年)に県内2件目の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。


 なんと伝建に指定されたのが、前回ワタシが来た年だった。

P1050130_20170531112841ede.jpg

 時間も中を見学するにはちょっと遅かったので、外回り巡回のみ。

P1050128_20170531112839a76.jpg

 古い建物を保存しつつ、店舗的には何でもあり。

P1050133_20170531112842861.jpg

 上でも説明されている通り、微妙に街区によって縛りが違うようだ。

     P1050136.jpg

 ただ、店の外観や看板のアレンジもセンスが良い。

       P1050141_20170531112847c19.jpg

 カメラをぶら下げて歩くには最適な街だ。

P1050146_2017053111285068c.jpg

 看板をぶら下げているアームの意匠も、店それぞれ。

P1050145_2017053111284881c.jpg

 帰りが飛行機で、スーツケースもパンパンなので、買い物は控えた。

IMG_3507.jpg

 やはり西国の紫陽花は早い。

IMG_3516.jpg

 こんな街特有の、ビジネスやもてなしのアイデアも、ここから始まっているものが多いのかもしれない。

     IMG_3513_20170531113021346.jpg

 マスキングテープなんて、いつからカラフルになっていたんだろう。

P1050151_20170531113027d03.jpg

 高校生の時に、チロリアンテープをジーンズに縫い付けてもらったことを想い出す。

IMG_3514_2017053111302392c.jpg

 ラムネの季節だ。

P1050153_20170531113029bf3.jpg

 ジャズ喫茶。

     P1050148_20170531113026e03.jpg

 イタリアンレストラン?

P1050156_20170531113030d0b.jpg

 道に出っ張って、渋滞の原因になってる、お地蔵さん。

     P1050160_20170531113032d15.jpg

 良い感じの看板。

P1050161.jpg

 待ち合わせがあったので、お堀端へ戻る。

P1050167.jpg

 夕方になると、団体客が減るため、ぐっと静かに。

     P1050166_20170531113316985.jpg

 狙い目の時間かも。

P1050168_201705311133199b1.jpg

 アイビースクエアに行く時間が無くなった。

     P1050170.jpg

 1930年(昭和5年)に建てられた日本最初の西洋美術館大原美術館や1888年(明治21年)に代官所跡地に建てられた旧倉敷紡績工場の建物を改修・再利用した観光施設倉敷アイビースクエア等も当地区を代表する建築物である。

P1050171_2017053111332233b.jpg

 1979年当時は、アイビースクエアとは呼ばれていなかった。

OMI_0033as.jpg

 いったん先に戻っていた倉敷の友人と夕餉だ。

     IMG_3529.jpg

 居食家 寿hisa 。

IMG_3528_201705311133139a8.jpg

 友人は倉敷の食は、名物が無いと語るが、ママカリがある。

IMG_3524_20170531113310370.jpg

 子供のころは、季節にはほぼ常備魚で、嫌になるほど食べさせられたとか。

IMG_3526_20170531113312cb6.jpg

 日本酒はなるべく地酒で。

IMG_3521_2017053111330917a.jpg

 半合づつ、いろいろ試す。

 これが珍しい、ぜひ食えと薦められた、お年増じゃない、乙島じゃこの唐揚げ。殻ごと全部食べられるほど柔らかい。

IMG_3523_201705311134351de.jpg

 味もシャコに似ているが、実際は別種で、ヤドカリの仲間らしい。標準和名は「アナジャコ」。

 湯葉刺し。

IMG_3525_20170531113436ce7.jpg

 これはメバル? アカメバルだったかな。

IMG_3522_20170531113435ee2.jpg

 彼が子供の頃よく舟釣りで釣ったと話してたような。

 瀬戸内海でも船に乗りたかったな。

 そしてこれ、これも岡山の名物らしい、キニラの玉子とじ。黄韮と玉子は色が同じでミスマッチだ。

IMG_3527_20170531113437575.jpg

 シャキシャキ歯応えがある、美味しい太めの韮だが、黄色である必要については不明。

 食後に倉敷国際ホテルに侵入し、棟方志功の大作を見学。撮影もOKだった。

P1050176.jpg

 ちょっと肴が控えめだったのにはわけがある。

     IMG_3530.jpg

 旭川で食べ損ねた、ドーミーインの無料夜鳴きそばを食べてみたかったのだ。

 少し休憩して21:30。
 超久しぶりな気がする、ラーメン。ミニだけど。

IMG_3531.jpg

 ありがたいが、ま、どうってことは無い。
 ずっと”夜泣きそば”だと思っていた。
関連記事
テーマ : 日本の路地裏  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: