風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

まだまだ喰うぜよ

 善通寺から、三豊市を抜けて、観音寺市へ。
 かんのんじかと思っていたが、ローマ字表示を見ると、かんおんじだ。

 まったく知らなかった名所へ。

IMG_3403_201705281544024f6.jpg

 銭形砂絵。
 ウィキによれば、銭形砂絵(ぜにがたすなえ)は、香川県観音寺市にある寛永通宝を模した巨大な砂絵である。
 縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの楕円形をしており、琴弾公園山頂の展望台からみると真円に見える。夜になるとライトアップされる。
 例年春季と秋季の「銭形化粧直し」や、台風などで砂が流されたりした際には、市民総出で補修工事が行われる。

IMG_3402_20170528154401855.jpg

 謂れは「1633年(寛永10年)に、丸亀藩藩主の生駒高俊侯が領内を巡視することになった折、土地の人々が歓迎の気持ちを現わすため、急遽白砂に鍬を入れ一夜にして作りあげて藩主に捧げた」と伝え説明されているが、寛永通宝が鋳造されたのは寛永13年(1636年)からであり、また高俊が巡視した事実もなく、その点でこの伝承には矛盾がある。また、「1855年(嘉永7年/安政元年)に丸亀藩第7代藩主京極朗徹に見せるために造営された」説や、「もとは豊臣氏の瓢箪紋だったが、寛永10年に幕府の巡検使が来ることを知って一夜で作り変えられた」という説もあるが、決定打はない。

IMG_3404_20170528154403ce9.jpg

 「銭形を見たものはお金に不自由しない」という言い伝えがある。


 お遍路さんたちも訪れていた。

IMG_3406.jpg

 道の駅でもある、たからだの里さいたで入浴しようとしたが、休み。第二希望もネット検索したら休業日だった(月曜だったから?)ので、さらに調べて、たかせ天然温泉へ。

IMG_3407_20170528154406a6e.jpg

 月曜に開いているところは少ないらしく、露天風呂で話をしたおっさんも、別から流れて来ていた。

 この日の宿も素泊まりだったが、近くに居酒屋もないとのことだったので、デカいスーパーで買い出しした後に到着。

IMG_3423_201705281544137d0.jpg

 おそらく元はアパートか社員寮だったと思われる建物だ。

     IMG_3420_201705281544126cc.jpg

 キッチンもあって、長期滞在には良いかもしれない。

IMG_3410_2017052815440761e.jpg

 買い込んだ肴でプチ宴会。

IMG_3411_20170528154409b7f.jpg

 地酒。

     IMG_3412_20170528154410159.jpg

 変わった練りもん。

IMG_3414b.jpg

 岩手の酒が置いてあった。

     IMG_3415_20170528154620dce.jpg

 ぐっすり寝て、朝。明るくなったのでカーテンを開けたら、真正面の山から日の出だ。

P1050055.jpg

 びっくり。

P1050057.jpg

 暑くなりそうな予感だ。

P1050058_201705281546345a9.jpg

 朝6時に出発。

 10杯目をいただく予定だった、三豊市の岡崎製麺所は、7:30からで、まだ麺は茹でる前。

IMG_3424.jpg

 それで同じ市内の、福井食品へ。福井生麺所かな。

     IMG_3425_20170528154623fd7.jpg

 ここも若干早かったが、店内で10分ほど待って、ありつけた。
 ひと玉60円70円。機械で延していく作業を少しだけ見学できたが、撮影は不可。

     IMG_3428_20170528154625cc5.jpg

 6:52。例によって先輩が用意してくれた材料で釜あげ⑩を立ち食いだ。

IMG_3429_20170528154626313.jpg

 JR予讃線の本山駅前通りなので、後ろを自転車に乗った、青春真っただ中のセーラー服が駆け抜けていく。

IMG_3430_20170528154628651.jpg

 立喰いオヤジたちは、見慣れた風景なのだろうか。

IMG_3431_201705281546293b8.jpg

 続いて、伊予方向に車を走らせて、県境手前の海辺だ。 もちろん凪いだ瀬戸内海。

IMG_3433_2017052815481271a.jpg

 予讃線の箕浦駅前だ。

IMG_3442_20170528154821bae.jpg

 西端の讃岐うどん屋を謳っている。観音寺市豊浜。

IMG_3444.jpg

 うえとでも、じょうこでもなく、じょうと。

IMG_3434.jpg

 讃岐うどんで、いりこ出しはマイナーではないだろうか。

IMG_3437.jpg

 ここも、かけで喰う場合は、セルフで好きなだけ湯がき、かけ出しと薬味をかけて、支払いを済ませてからカウンターへ運ぶ。

     IMG_3441_20170528154820a4f.jpg

 7:29。 かけ小⑪、220円。

IMG_3435.jpg

 麺のコシと言い、つやと言い、さらにいりこ出しの風味で今回のベストうどん。太いけど固いわけではない。

     IMG_3436.jpg

 生姜の代わりに一味で食べたのも関係があったかも。通販のチラシをもらってきた。

IMG_3447.jpg

 さらに移動。

IMG_3450_201705281548263e6.jpg

 高松方向に折り返し、まんのう町の、山内うどん。

     IMG_3452_20170528154956391.jpg

 JR土讃線に沿った道路から踏切を渡り、ため池横の丘をちょっと登ったところにある農家で、東北、特に山形里山の蕎麦屋に一番雰囲気が近い。

IMG_3453_20170528154957adc.jpg

 9時の開店前だったので、少し周辺をドライブし時間調整、表で待っていたら、10分ぐらい早く開けてくれた。

IMG_3454.jpg

 今回、大先輩が連れて来てくれた店は、どこも厳選された選択だったと思うが、ここも通が集まっていた雰囲気。

     IMG_3456.jpg

 ここはちょっと珍しく、ひやひや、ひやあつ、あつあつ、三種類のかけが注文可能。

IMG_3462_20170528155005641.jpg

 8:53。 ひやあつかけ小⑫、200円。

IMG_3457.jpg

 3杯目になると、天かすは遠慮。

 これも少し珍しく、わずかに縮れたうどんだ。

     IMG_3459_20170528155004751.jpg

 どこも本当に美味くて安い。
関連記事
テーマ : さぬきうどん  ジャンル : グルメ

Comments

うどんから蕎麦も
福井生麺所は1玉70円でした。
帰宅直後は2kg増でしたが+1kgまで回復した頃に、蕎麦打ちに参加して、たっぷり蕎麦を食べたので、なかなか±0に戻りません。
今朝は蕎麦出汁を作り、明日はまた蕎麦を打ちます。
次回のうどんツアーに備えてマニアックな店を選んでいますので、またお越しください。
百日紅さんへ
ありがとうございます。60円は蕎麦だったかな。

こちらは今週から朝にウォーキングを始め、何とか戻しました。
と言ってもベースが高かったので、そろそろテニスも始めたいと考えています。

また遊びに行きますので、よろしくお願いします。
こちらへもぜひお越しください。秋のジャズフェスがおススメです。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: