風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

当然、〆も朝も

 高松市内を走ると、たびたび出会う、琴平電鉄の踏切。

IMG_3310_20170525221735314.jpg

 大都市と周辺以外では珍しい、電車網都市、住みやすそうだ。

 そしてこれは、楠らしい。よくこんな形が街路樹として保てるな、大型車両は通れるのだろうか。

IMG_3312_20170525221736fc5.jpg

 せっかくなので中心部で、ことでんにひと駅だけ乗ってみた。
 硬券ではないが、駅員が鋏を入れる切符、珍しいと思う。

IMG_3314_20170525221737c69.jpg

 自動改札機もあるが、カード定期券専用のようだ。

IMG_3315_20170525221739b6b.jpg

 岡山の友人が時々来ると言う居酒屋へ。

IMG_3317mo.jpg

 メジャーな大衆居酒屋より、ずっと魅力的に見える。

IMG_3320_2017052522174290f.jpg

 ブロイラーをポジティブに名乗るのも珍しい気がする。

IMG_3321_2017052522174363d.jpg IMG_3322_20170525221745168.jpg

 暑い日だったので、外のテーブルで乾杯するビールが最高。

 上は肉豆腐、下はとり皮ポン酢。

IMG_3323_2017052522174639e.jpg IMG_3324_20170525221748fd4.jpg

 3人で焼鳥を食べ、焼酎を一本空け、3時間だべって4500円だった。

     IMG_3326_20170525221940df4.jpg

 少し散歩。

IMG_3328_20170525221942869.jpg

 アーケード街には、小奇麗なうどん屋も当然ある。

     IMG_3331_20170525221943af6.jpg

 しかし私の興味は、大先輩が好むディープな世界。

     IMG_3332_20170525221945592.jpg

 マイナーだが、呑み助向きに、夜営業のうどん店もあるのだった。

 日曜日の夜だったので定休日の店も多く、入れたのはうどん職人さぬき麺之介。

IMG_3334_20170525221946ab8.jpg

 おでんもあるので、居酒屋とも言える。

 かけうどんが600円と、昼の世界よりもかなり割高、これには街の中心部という地代も含まれているのだろう。

IMG_3336_20170525221948d24.jpg

 ジモティーが〆に食べると言う、カレーうどんの並⑤を注文、1000円。

IMG_3337_20170525222348a74.jpg

 こりゃ、美味い。〆用という性格上、うどんも柔らかめ、スープも味は濃いが、なんと言うか、クリーミーで重くない。

       IMG_3338_20170525222349374.jpg

 そう言えば、大阪難波でも〆にカレーうどんを食べたことがあるのを想い出した。

 ホテルまで歩いて、温泉露天風呂に浸かり、熟睡(牛になるとも言う)して、朝。

ホテルのHPから、photo03_201705280509206bf.jpg

 当然ながらホテルの朝食は抜きである。

 また、歩く。

     IMG_3339.jpg

 駅にも近い住宅街にある、手打十段うどんバカ一代。
 老舗はよしやとか、わら家とかシンプルな店名が多いのだが、若い人が多いからだろうか、長い名前の店もある。

     IMG_3349_2017052522195436a.jpg

 6時の開店時間に飛び込んで、呼び出し番号札1番をもらったが、すでに10人ほどの客。

IMG_3342_2017052522195260a.jpg

 有名人のサインもたっぷり。

IMG_3341mo.jpg

 温かい釜玉うどん⑥を注文したら5分ぐらい待ってほしいとのこと。かけやざるなら即納なのかな。

 釜玉は茹でたてを味わえるという事なのかも。

IMG_3343_20170525222351b6f.jpg

 6:15、うどんが来たのでセルフで玉子と薬味を乗せ、

IMG_3344_20170525222352242.jpg

かけ過ぎないように注意して、だし醤油。

IMG_3345.jpg

かき混ぜるて、喰らう。

     IMG_3346_2017052522235503b.jpg

 至高の朝飯だ。

     IMG_3352_20170525222357956.jpg

 ホテルに戻って、朝風呂に浸かり、ひと休みしてひよっこ。

 8:20、出発だ。

IMG_3353_20170525222358827.jpg

 まだ高松市内の、うつ海。

 ここは温かいうどんを食べたい場合、自分で湯搔く。右は出しサーバーなのだが、こんなサイズが必要なのだろうか。

IMG_3355.jpg

 8:45、暑くなってきたので、冷たいざるうどん⑦230円だ。

IMG_3354_20170525222400902.jpg

 特に冷してはないため、冷ための常温。小を頼んだのに、やや量が多い。

     IMG_3356.jpg

 ざるうどん用の汁は基本的にかなり塩っぱい。ここは塩の大産地でもあった。

 讃岐の農村部を車で走っていて、この時期目立つのは黄金の麦畑、麦秋だ。

IMG_3358.jpg

 うどん用もあるのだろうが、ビール麦も多いらしい。

 旅は続く。
関連記事
テーマ : さぬきうどん  ジャンル : グルメ

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: