風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (0)  Trackback (0)

庄内サンセット

 昨日は、2000年製の冷蔵庫を買い替えようと、北環状線沿いの大型電気店を行ったり来たり。
 真空チルドという機能が便利そうだったので、HITACHI製に絞り込んだのだが、サイバーテロにやられて、流通状況の確認が大混乱だ。

 しかも我が家の場合、左開きが必要なのに、どうも主流は右開きで、在庫が少ない。
 それでほかのメーカーに変更するのも悔しかったので、欲しかったのよりも、ひとつ大きなサイズになってしまった。しかも納期は6月初め。

 大きい方が電気代が年3000円ぐらい安くなるらしいので、長く使えば元が取れるだろうか。
 在庫の酒が増えるだけかも。

 夕方近所のスーパーに買い物に出掛けたら、元勤務先の取材伝送車がいたので、聞いたら、大学病院前の薬局に車が突っ込んだという。よく信号待ちする交差点だ、気を付けよう。



 海辺の宿に到着した。



 部屋は4階、遠くない距離に日本海が広がっているはずなのだが、目の前は背の高い松林。

IMG_2929_20170515144529978.jpg

 これでは夕陽が見えない。
 ひとまず温泉浴場へ、ここは鳥海温泉になるのかな。 夕方なのに、他に誰もいない。

IMG_2933_20170515144531c1a.jpg

 そうか、平日の早い時間はこんなものなのか。

 庄内の海岸部では、一番北にある遊佐町。さらにその最北の吹浦。ふくらと読むらしい。

 海と反対側にそびえる鳥海山はほぼ雲の中だが、月が見えた。

IMG_2940_201705151445328a4.jpg

 フロントに掲示してある、この日の日の入りは、18:37。
 夕食の時間を19時にして、浜まで歩こうとも思ったが、ホテルスタッフのおススメは、食堂から。

DSC05771.jpg

 それで夕食を18:30に変更して、7階のレストランへ。

DSC05772.jpg

 なるほど。

     IMG_2943_20170515144534d7c.jpg

 部屋が6階なら窓からでも見えそうだな。

DSC05777.jpg

 客はそれほど多くなかったので、全員窓側の席。

DSC05779.jpg

 若干照明が硝子に反射してしまうが、良いポジションではある。

DSC05781.jpg

 夕食開始。

IMG_2947_20170515144535dbb.jpg

 この夜は、ビジネス(じゃないけど)プランで、生ビールと地酒付き。
 料理も控えめである。

 お日様は雲に入っちゃうかなぁ。

DSC05783.jpg

 お、出た。

 飛島の左に沈んでいく。

DSC05789.jpg

 考えてみると、素晴らしいシチュエーションだ。

 始めはヨットかなと思ったのだが、どうも何かある。

DSC05791.jpg

 飛島の近くに、岩礁と言うか、岩が飛び出しているようだ。

DSC05793.jpg

 これは面白い。

 あとで調べると、飛島左の一番大きなのは、御積島。その左に戸島、西ノ島などがある。

DSC05797.jpg

 フロアのオネェさんに聞いたら、普段は見えないのに、ちょうどそこに陽が沈む夕方だけ見えるようになると言う。

DSC05798.jpg

 この日のカメラレンズは10倍ズーム程度だったので、あとからトリミングするとこんな感じ。

DSC05799c.jpg

 海面を滑るように、右の方向へ移動しながら沈んでいくのが、岩のおかげで良く判る。

DSC05800.jpg

 日没。

DSC05802.jpg

 天婦羅。

IMG_2948_20170515145042f20.jpg

 地酒は杉勇。美味い酒だ。

     IMG_2949.jpg

 あら汁。

IMG_2950_2017051514512718e.jpg

 デザート。

IMG_2951.jpg

 これは余計だなと思いながら、出されると食べてしまう。
 でも今度来るときには、代わりに肴を一品増やせと交渉してみよう。

 ひと休みしてから、隣に建つ日帰り温泉施設へ。
 浴衣とスリッパのまま、屋根がある渡り廊下経由で行け、浴衣が無料パスだ。

IMG_2954_201705151500143f8.jpg

 こちらには露天風呂があった。
関連記事
テーマ : 夕焼けの写真  ジャンル : 写真

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: