風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

沼の水が流れ出る場所

 天気が悪かったこともあり、早めに釧路に到着、レンタカーを乗り捨て。
 290㎞走ったヴィッツ、給油したら、13リットルも入らない。22km/l以上だ。こんだけ走れば、ハイブリッドなんて要らない。

 まずはホテルに荷物を預ける。

     IMG_2286_201704191637370b3.jpg

 まだ13時台で、さすがに部屋には入れてくれなかったが、ラーメン店を教えてもらった。

IMG_2237.jpg

 釧路駅前にある和商市場には、勝手丼もあったが、

IMG_2238_20170419163734c49.jpg

目指すは今年度初めてというか、自由人になっての初ラーメン。

IMG_2236_201704191637316e5.jpg

 和商市場の隣りにある、くしろ丹頂市場、二つの市場の関係はよくわからないが、ここが美味いと言う。店名にも惹かれた。

IMG_2231_20170419163724cc9.jpg

 ホテルフロントのオネェさん一押しは、魚醤ラーメン。

     IMG_2232.jpg

 種類の多さが素晴らしい。

IMG_2233.jpg

 アサリの魚醤ラーメン、こってり、細麺、1080円。

IMG_2234.jpg

 ゴージャスだ。たぶんこの旨さは画像に捕らえられていると思う。

     IMG_2235_20170419163729d43.jpg

 釧路で汗だく。

 雨は上がり、ホテルに戻って、大浴場へ。 天然温泉、丹頂の湯だって。

IMG_2241_201704191637350f5.jpg

 まったりして昼寝だ。

 夕方になってむっくり外へ。

 10分ほど歩くと、時々ニュースで天カメ映像を見ることがある、幣舞橋。

P1050206_201704191639521aa.jpg

 いまだに読み方を覚えられない。

 夕陽が美しいポイントだと言うのだ。

     P1050202.jpg

 春夏秋冬を表す四体の女性像がある。ちなみに読みは、ぬさまい橋。

 舟越保武氏の春。

       P1050200_20170419163949acd.jpg

 柳原義達氏の秋。

   P1050215.jpg

 本郷新氏の冬。

       P1050212_20170419163954824.jpg

 そしてわれらが佐藤忠良さんの夏だ。

   P1050209_20170419165324320.jpg

 いくら夏の像を眺めても、陽が落ちて来て、実に寒い。

P1050220.jpg

 釧路の西に、海は広がっていないので、陽は地平線に沈むが、釧路川の河口が美しい反射を醸し出す。

     P1050227.jpg

 橋の両側をあっちに行ったり、こっちに降りたり、うろうろ。

P1050234c.jpg

 水鳥たちが付き合ってくれた。

P1050238_20170419164001936.jpg

 陽も沈んだので、私はカウンター攻撃。

IMG_2248.jpg

 幣舞橋近くの十字街をひとまわりして、ここに決めた。

IMG_2249_20170419164153890.jpg

 居酒屋 飲み喰い処 あけぼ乃。

     IMG_2265.jpg

 体が冷え切っていたので、最初は超久しぶりな燗酒。地元福司の辛口だ。

     IMG_2250_20170419164155930.jpg

 突き出しは、牛筋煮込み。

 コの字型のカウンターは、炭火焼兼おでん用。

IMG_2260_20170419164201e7c.jpg

 釧路は炉端焼き発祥と謳うが、調べるとやはり発祥は仙台、発展させたのが釧路だと言う。

 揚げ出しナスは冷たかった。

IMG_2253_20170419164156902.jpg

 北海道に来たら、アスパラ焼、太くてジューシー、美味い。

IMG_2255.jpg

 おでんはつくねと豆腐。二杯目は福司の海霧をもっきりで。

IMG_2256_20170419164159e46.jpg

 〆鯖指名で刺し身三点盛り。

IMG_2261.jpg

 三杯目は、吉乃川極上吟醸。

     IMG_2262.jpg

 浦霞や八海山もある。

 焼鳥を一本だけ食べて、〆。

IMG_2264.jpg

 幣舞橋に戻ったら、月が出て来ていた。

P1050249_20170419164207b98.jpg

 ホテルまでまた、ぶら風写。

P1050261_20170419164404d3b.jpg

 釧路と屈斜路、北上と日高見のように語源は同じで、沼の水が流れ出る場所とか、通り抜けることのできる川といった意味のアイヌ語らしい。

 良く覚えていなかったが、6年前には釧路にも2mの津波が押し寄せたという。

     P1050266.jpg

 複雑な思いが駆け巡った。

 再び丹頂の湯に入って睡眠。

IMG_2241_201704191637350f5.jpg

 無料の朝食バイキング、みそ汁の隣りに、スープカレーがあった、しめしめ。

IMG_2267_20170419164357097.jpg

 これは嬉しい。

IMG_2268_20170419164358cca.jpg

 指定席を買ってあったJRの時間までは、まだたっぷり時間があったので、朝のぶら風写。

P1050283_20170419164409cdc.jpg

 またまた幣舞橋に来てしまう。フィッシャーマンズワーフMOOと、EGG。

P1050278.jpg

 朝は暇そうな老人が多い、オレも含めて。

     IMG_2277_201704191644009f7.jpg

 そう言えば、秋吉久美子が主演した挽歌もこちらが舞台。

P1050287.jpg

 近くに道立の美術館があった。

P1050285_20170419164410dfe.jpg

 のんびり見学した。

P1040655.jpg

 赤レンガ造り。

IMG_2284.jpg

 ホテルで荷物を受け取り、ガラガラガラガラ引きずって、平日朝の街を歩く。

IMG_2287.jpg

 オレは自由だ、マリモのように。

IMG_2290.jpg

 もう時間に追われることは無いかと思っていたが、鉄旅だとそうはいかないか。

     IMG_2293_201704191651290c6.jpg

 駅カフェで少し時間調整して、また駅弁とビールを買い、特急スーパーおおぞらに乗り込む。

P1050290.jpg

 釧路市水産加工事業組合のおばちゃんに売り込まれた、数量限定のほっかぶりずし。

IMG_2295_201704191651315d2.jpg

 鰯寿司と鯖寿司が、極薄の酢漬け大根で包まれていて、優雅で美味い。野菜も食えるし。

IMG_2297.jpg

 サーモンヴァージョンもあった。

 この特急にも車内販売がないため、飲食物は駅で調達しておく必要があったが、それも楽しい。

     IMG_2294_201704200551261c3.jpg

 また長い鉄旅だ。
関連記事
テーマ : 北海道のグルメ  ジャンル : グルメ

Comments






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: