風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (0)  Trackback (0)

8時間なら近いかな

 この4月からの新生活。
 まず最初にやらなければならないことがたくさんあるものの、旅にも出たいし、2月ぐらいから構想を練っていたところ、大人の休日倶楽部が、北海道新幹線開通一周年という事で、JR東日本+北海道5日間乗り放題パスを発表。

     IMG_2084_20170417145706fa2.jpg

 卒業旅行という事で、4泊5日の鉄旅を企てた。それも月曜から金曜日と言う、まさに大人旅だ。

 早速仙台駅から、はやぶさで9:52出発。

 天気は最高で、まずは栗駒山が美しい。

IMG_2090_20170417145707efa.jpg

 真っ白な焼石岳。

P1050002_201704171457108e0.jpg

 猛スピードで、あっという間に岩手山。

P1050006_20170417145711609.jpg

 凛々しい。

 秋田駒ケ岳。

P1050007_20170417145713533.jpg

 またまた岩手山を少し違う角度から。

P1050011_20170417145714eca.jpg

 八甲田山。

P1050013_201704171457165ba.jpg

 この辺りからは、ずっとほとんどトンネル。新青森以降の北海道新幹線部分は初めてだが、青函トンネルはこれまでスーパー白鳥で3度通っている。

P1050015.jpg

 ちょうど2時間半で、新函館北斗到着。

 特急スーパー北斗への乗り換え時間は12分。ビールと弁当を買うだけで精いっぱいだが、初めて乗る路線はワクワクする。

IMG_2093_201704171457076f4.jpg

 地ビールに、アルトがあったので買ってみた。かつて8年暮らした、独逸はデュッセルドルフスタイルだ。

IMG_2096_2017041714570837b.jpg

 北海道の味覚が並んだ北の駅弁屋さん弁当1300円。

IMG_2101_201704171503061a6.jpg

 内容は以下。ビールを呑みながら食べるのには合う。

IMG_2109_2017041715030989e.jpg

 食べ始めるや否や、駒ケ岳が見えてくる。

P1050021.jpg

 実に美しい山だ。

IMG_2107_20170417150307ef5.jpg

 この辺りの函館本線は、かなり曲がりくねっていて、駒ケ岳は両方の車窓から楽しめる。

 噴火湾沿いに出てくると、今度は羊蹄山が遠くに見える。まさに蝦夷富士。

P1050023_20170417150311f30.jpg

 弁当を食べ終わり、うつらうつらしていると、長万部を過ぎ洞爺。長万部までは函館本線だが、ここからは室蘭本線になる。

 有珠山と昭和新山だ。 

P1050032.jpg

 そう言えばJR北海道、東北のJRにはない、中国語のアナウンスが必ずある。

 伊達市に入ると稜線に風車が見えてきた。

P1050034.jpg

 仙台藩縁の、伊達市である。

P1050037.jpg

 伊達ウィンドファームの5基+伊達黄金ウインドファーム17基。

P1050044.jpg

 青空に映える。

 室蘭市内から見える、鷲別岳(室蘭岳)とカムイヌプリ。

P1050050.jpg

 登別駅。

     IMG_2113.jpg

 現在活動中の、樽前山。中央に溶岩ドームが見える。

P1050079_20170417150405ba0.jpg

 苫小牧を過ぎると今度は千歳線、千歳を通り、新函館北斗からちょうど3時間半で札幌到着。仙台からだと、6時間強だ。

IMG_2115.jpg

 ここでは、次の特急カムイまで26分待ちだったので、強行すれば駅前でラーメンぐらい食べられるかも。

 再び函館本線、札幌旭川間は、札幌千歳空港間(ここだけは何度も乗ったことあり)の次に、列車の本数が多いかもしれない。

IMG_2117_2017041715040497d.jpg

 ここも一度だけ乗ったことがあるような気がする。

IMG_2118.jpg

 休日倶楽部パスは、全部で6回だけ指定席の使用が可能で、この区間は自由席だったが、ガラガラ。

 岩見沢、アルテピアッツァがある美唄、砂川、滝川、深川、どんだけ川があるんだと思う頃に、札幌から85分で旭川到着。

P1050084as.jpg

 満月に近い月の出と、下は大雪山だろうか。

P1050086_20170417150408cfa.jpg

 仙台からちょうど8時間ほどかかった。朝一の便に乗ればその日のうちに稚内まで行けるが、これくらいが限度か。

 札幌までは指定席、その後は自由席で、普通に切符を買うと旭川まで24,540円。
 5日間乗り放題26,000円の元は、ここまででほぼ取れたことになる。
関連記事
テーマ : 鉄道旅行  ジャンル : 旅行

Comments






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: