風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (10)  Trackback (0)

きたかたじゃなくてほっぽう

DSC01058.jpg

 朝、咲花温泉を後にして再び磐越西線で、さらに西へ。

DSC01064.jpg

 新津止まりの鈍行に乗ります。40分ほどで到着。

 もうすっかり新潟平野です。

P1030577.jpg

 此処で小一時間ぶらぶらしてると、来ました来ました。

          P1030542.jpg

 SLばんえつ物語号です。土日の朝、新潟を出て会津若松へ。

  P1030547.jpg

 夕方また新潟に戻ります。

P1030562.jpg

 ちょうど到着した金沢行(?)の特急とツーショット。

P1030567.jpg

 少なくとも新潟と会津若松には方向転換装置があることになりますね。

P1030570.jpg

 ずいぶん若い機関士さんたち。

       P1030573.jpg

 3年前に咲花で遭遇した機関車と同じ番号でした。
 結構いろんな場所・イベントにも遠征している機関車ですね。

 ここ新津から今度はタクシーで移動です。

 バスもあるのですが、ちょうど出たばかり。

DSC01067.jpg

 田んぼの中、「稲架木(はさぎ)」の間を走ります。

 稲を乾燥するのに使うタモの木の並木。運転士さんも子供のときには手伝ったそうです。
 タモは野球のバットの原料でもありますね。

DSC01068.jpg

 上はちょうど磐越道をくぐるところ、ガード下に乾燥の様子が描かれていました。

 下は昭和の頃の稲架木の様子。

P1030604.jpg

 この写真が展示されているのが此処。

 北方文化博物館です。ほっぽう、と読ませます。

P1030641.jpg

 なんとなく古民具が展示してあるだけの、黴臭い博物館と思い込み、これまで来たことがなかったのですが、大違い。

P1030623.jpg

 豪農の大邸宅なのでした。

P1030582.jpg

 明治15年から8年の歳月をかけて建てられた伊藤家の館です。

       P1030579.jpg

 お宝もたくさん。

P1030586.jpg

 柱がとても少ない釣り欄間工法の大広間。京都に来たようです。

P1030592.jpg

 庭園も見事ですか、うまく解説ができません。

P1030583.jpg

 高そうな陶磁器もズラリ並んでいますが、こちらもよく判りません。

       P1030610.jpg

P1030598.jpg

 唯一判りやすく説明できそうなのは、見にくいかも知れませんがこの廊下の上に渡してある、丸桁。

P1030599.jpg

 会津の三島町の山林付近から、いかだで運ばれてきた長さ16間半(30m)一本の杉の丸桁だそうです。長い。

       P1030600.jpg

 ため息が出るほど、すごい博物館です。

 ただ名前が北方博物館、北海道か津軽あたりにあってもよさそうな名称が、どうも違和感を感じました。

P1030611_20100629202442.jpg

 造った人たちの茶目っ気が感じられる建物。三楽亭と言うのですが、落語ではありません。

P1030614_20100629202442.jpg

 これも写真だと非常に判りにくいと思うのですが、三角形の日本建築なんです。

P1030613_20100629202442.jpg

 移築されたと思われる古民家も数棟。

P1030634_20100629202442.jpg

 伊藤家の屋敷を見たあとではあまり興味もわきません。

P1030626.jpg

 なまこ壁のバス停から新潟市内に移動します。

DSC01070_20100629202442.jpg

 いよいよサエモン会に合流です。
関連記事
テーマ : 国内旅行  ジャンル : 旅行

Comments

No title
北方文化博物館、しっかりチェックしました・・ここも行ってみたいと思います。
SL C57180 こんなサイトも有りますよ
http://park7.wakwak.com/~c57180/2010.c57180menu.html
No title
いやーノンビリと良い旅してまっすねえー、映像のプロの撮る写真観てると何だか叔父さんも一緒に
旅してる良い感じ!

それに付け叔父さんなんか週末変な披露宴への出席の後始末に未だ追われているんですからね、
先は長い
十六間半の桁・・!!凄いとしか言えないです。
実物はさぞ見応えがあったことでしょう。
新潟ツアー、早く知りたいと思ってるんですが、
なかなかコチラも先は長いようですね(笑) 
LYNX☆さんへ
少しでもツーリングの参考になれば幸いです。

どうも転車台は会津若松と新津にあるようですね。新潟にはない。

だから新津新潟間は、小牛田(にも転車台あり)仙台間のように、後ろ向きに引っ張られるか、わざわざバックして転回し再び客車と連結するものと思われます。
ベガサポさんへ
ありがとうございます

汽車やバスを使う旅、次の便の時間をチェックしつつ動くので、結構時間に追われる感じがあり、バタバタしているんです。
anegoさんへ
あらま
何が早く知りたいですか?

順番変えますよ。
先入観みごとに裏切られましたね
泥棒が入ったら、出口が分からなくなった、という逸話があるほど広大な屋敷です。農地解放までは弥彦神社まで、土地があったそうです。どんだけ~。
元会社の近くのDPE屋さんの店主、伊藤家の大番頭の子孫。血縁だったのか、当時の当主伊藤文吉さんに似てました。
kazuさんへ
はいはい
ガイドのお姉さんが話していました。
ここから弥彦神社まで、領地の中を通ってたどり着いたって。

宮城とは全く異なる文化の地ですね。
謎がとけました^-^
「タモの木」ね。まさに似た様な時間、磐越道からコレ見えて

「なんで田んぼの真ん中にあんな木植えたんだべね?」なんてお連れさま言ってたっけ。

謎が解けた感じです。

いつも色々な事が載っているからとても勉強になっています。

「有難い」と思いながら拝見させてもらっています *^-^*
なおさんへ
どうもありがとう

年をとると、新しいものへの興味はどんどん薄れていくのですが、このブログを書く事が、なんとか好奇心を維持する支えなのかもしれません。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019