風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

黄金色の帰り径

 山形市内から、国道13号を北上、県道山形山寺線に右折。
 最近少しずつ道路が整備されているエリアです。

 山寺と秋保温泉を結ぶ、二口林道は、山形仙台を結ぶ最短ルートなのですが、悪路で、通行可能になるのも年にせいぜい2か月。
 最近になって、やっとこの道路を舗装する話が出て来ました。

 もしそうなって、ある程度の幅員も確保されれば、この地域の観光の動脈になるのは間違いなく、山寺観光も、もっとポピュラーになることでしょう。参拝記録はこちら。もう九年も前なんだ。

 この日は混みあう山門前の道路を一応通り抜け、仙山線沿いを走ります。

IMG_0066_20161030183946792.jpg

 紅葉川渓谷。車一台がやっと通れる広さの箇所もあり、時々すれ違いに苦労します。

P1010475_20161030183949c5e.jpg

 面白山高原駅付近。

P1010476_201610301839486c0.jpg

 紅葉が見ごろでしたが、駅周辺は車でいっぱい。

P1010477_201610301839505e6.jpg

 コスモスベルク。

P1010478_20161030183951a66.jpg

 秋桜と紅葉。

P1010480_20161030184138f55.jpg

 リフトがあるという事は、スキー場なんですね。

P1010482_201610301841412ea.jpg

 面白山高原駅から、北へ山越えです。

P1010484_20161030184142907.jpg

 家族連れのハイカーも多く、飛ばせません。

     P1010485_20161030184139eaf.jpg

 峠を越えると天童高原。

IMG_0068_20161030184139102.jpg

 牧場やキャンプ場がありました。

P1010486mo.jpg

 パノラマ。

IMG_0070mo.jpg

 これが面白山なのかな。

P1010490_20161030184309262.jpg

 天童高原から仙台に行くには、いったん天童市方面へ戻らなければなりません。

P1010492_20161030184311f36.jpg

 県道297号、田麦野行沢線で国道48号へ。

P1010496_2016103018431256b.jpg

 お馴染みの関山街道。

P1010508_20161030184356957.jpg

 関山トンネルをくぐれば仙台市、作並街道になります。

P1010513.jpg

 この関山峠あたりの紅葉が一番だったかも。

P1010515_20161030184359eb2.jpg

 でも、あまり綺麗に撮れません。

P1010518_20161030184400154.jpg

 ニッカのウヰスキー工場の前を通り、鳳鳴四十八瀧。

P1010522.jpg

 ここも良いところなんですが、ほとんど観光客は居ません。

     IMG_0072_20161030184453160.jpg

 滝見展望台や、吊り橋とか作ったら良いのに。

P1010525_20161030184456209.jpg

 仙台市は、どうも観光振興には力が入っていない気がします。

     P1010521.jpg

 駐車場のところにある手打そば、どうだんの里で昼飯と思ったのですが、家族連れの行列。

 旅館の朝飯のおかげで、それほど空腹感もなく、結局そのまま帰宅しました。



 ルートがちょっと北海道似。

 昼飯は野菜を追加したカップ麺。

       P1010526_20161030184457510.jpg
関連記事
テーマ : ドライブ記  ジャンル : 車・バイク

Comments

面白い山だと思ってた
風写さんへ

面白山スキー場、行ったことない。今も雪降るのかな?
名前から何が面白いのかと思ってたけど、仙台から見ると面が白いからなんですね。知らなかった。
kazuさんへ
宮城周辺のスキー場は、1980年代以降のスキーブームの時に、流行ったようなんです。
閉鎖されてしまったゲレンデもあるようですが、当時青春時代だったベテランたちが、今行くと、待ち時間なしなのであっという間にばててしまうとか。
森田公一とトップギャラン
風写さんへ
情報ありがとうございます。
スキーの長さ、背丈よりはるかに長かった時代。
蔵王の樹氷原コースやざんげ坂を滑降した事を思い出しました。
♪青春時代のまんなかで~
kazuさんへ
スキーそのものの楽しさは不変、普遍的だと思うのですが、日本人は不思議ですね。流行り廃りの波が、異様に大きい。
テレビ業界的には、F1とか。メジャーリーグも野茂のころの方が盛り上がってました。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: