風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

み、み、みずをくれ!!

 さすが天下の蔵王温泉。
 数日たっても体から硫黄の香りがしています。

P1010445_2016103018154772a.jpg

 温泉宿でも早寝早起き。
 広い部屋だったので、一人ではうすら寒く、結局一晩暖房つけっぱなしでした。

 朝風呂。幸せです。

IMG_0031_2016103018154356d.jpg

 アップの写真を撮り忘れたのですが、露天風呂の湯船の淵、いろんな色の結晶が見られました。

IMG_0031c.jpg

 温泉街を朝散歩して、共同浴場にも入りたかったのですが、前述の通り、寒くて寒くて、冬装備もなく、引き籠り。

 食堂で朝飯です。部屋数は20位あるお宿でしたが、私のほかに客は5‐6組かな。すいてます。

IMG_0056_20161030181544c1d.jpg

 前回の会津の宿はちょっと品数が多すぎましたが、これなら適量ですか。

IMG_0057.jpg

 それでも、新米をお替りして、腹いっぱい。

 ひと休みしてまた硫黄泉です。

IMG_0030_201610301815414ff.jpg

 ここは源泉が47度ぐらいとのことで、まさに適温。湯の花もたくさん浮いてますね。

P1010450_20161030181615c65.jpg

 お世話になりました。

P1010451_201610301816163d5.jpg

 気の好い女将さんに、秘密のお土産をいただき、るんるんで離れた駐車場までぶらぶら。

P1010453_20161030181618b3d.jpg

 予報は曇りだったのですが、青空が見えてきましたね。

     P1010455_2016103018162153d.jpg

 棲んでみたい街のひとつでもあります。

P1010454_20161030181619c0c.jpg

 地蔵山かな。

P1010457_201610301817547ea.jpg

 ドッコ沼まで行くプランもあったのですが、たぶん上の紅葉はもう終わってますね。

P1010459_201610301817563a4.jpg

 寒いし。

     P1010456.jpg

 それで、ドッコ沼の代わりに、すぐ近くの鴫の谷地沼へ行ってみることに。

P1010469_20161030181759fc1.jpg

 しかししかし。

P1010468_201610301817577fc.jpg

 なんと、水がほとんどありません。

P1010460_20161030181857154.jpg

 対岸の紅葉は綺麗なのに。

P1010466_20161030181902e52.jpg

 熊野岳の頂上まで見えるのに。

P1010461_20161030181858c5d.jpg

 カエルの噴水もむなしいですね。

P1010464.jpg

 熊野岳はもう真っ白。

P1010465as_2016103018190100d.jpg

 ただこれは冠雪と言うよりも、樹氷か霧氷ですね、きっと。

P1010467_2016103018202194b.jpg

 こんな写真を撮りたかったのです。

IMG_0058_201610301820187b9.jpg

 スマホアプリで作成したものでした。

 樹氷橋から。

P1010471_20161030182022cc3.jpg

 ガラガラだったので、橋の上に車を停めて撮影してたら、その後に何台も何台も車が停まってしまい、プチ渋滞のきっかけを作ってしまいました、ごめんなさい。こういう時はバイクが羨ましい。

蔵王パノラマ

 帰りは県道14号で山を下りました。

 宿で食べた生ラムが、柔らかくて美味しい美味しいと言ったら、女将さんが教えてくれたお店。

IMG_0065mo.jpg

 ここで肩ロースを買うのが一番とのことでした。

 一応売っているのを確認。
 ネットで調べたら利府と岩沼にも店があるので、今度買いに行ってみます。
関連記事
テーマ : *山形県*  ジャンル : 地域情報

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: