風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: Car & Bike

Comment (4)  Trackback (0)

乗り潰すっきゃない

 夏に、劇減りが発覚して、タイヤ交換したTT。
 冬が来る前に、買い替えか乗り続けか、決めなければならなかったのです。

 と言うのも、何度も書いているように思いますが、冬タイヤが無いんです。

     IMG_3320_20161026062851382.jpg

 いや、タイヤはある。

 ただ、こいつら、2004年にTTを買った冬に購入したもの。12年ものなんです。スコッチなら吞みごろ。

 ミシュランのX-Iceですね、山もあります。

     IMG_3322_20161026062853a07.jpg

 要はしばらく、ジム兄ぃと二台体制だったため、自分のブログで検索してみても、最後に冬タイヤに履き替えたのは2012-13年シーズンみたい。それでも8年ものだったのね。

IMG_3323_2016102606285324d.jpg

 その後、このタイヤたちは3シーズン4年、ずっとマンションのタイヤラックに置きっぱなしだったんです。
 仙台市内でハードに雪が降って、スタッドレスタイヤが必要になるのは、せいぜい年に3回程度、合計10日間ぐらい。
 そんときゃ走らせないだけで十分でした。

 ジムニーを春にドナドナしたため、今年TTで冬越しとなると、要交換だったわけです。

 それで先週、夏タイヤを7月に換えたタイヤワールドに行って、冬タイヤを予約したのですが、ついでだから上のように古いタイヤを持ち込んだんです。
 安くて良いやつってお願いしたら、TOYOのガリットG5を薦められ、無事予約して、タイヤも引き渡し。

 そうしたら、早期割引なのかなぁ、交換は10月中にお願いします、11月になると追加料金(形式的には交換料無料かなにかが、期限切れ)が発生すると脅されました。

       IMG_3385_2016102606285505e.jpg

 それで25日の夜に交換です。予約した日も交換した日もガレージはガラガラ。

 冬タイヤの方が、乗り心地がソフトになりますね、老人にはこの方が良い。

 トーヨータイヤは岩沼に主力工場があります。
 いわば地元産。地産地消でしょうか。

     IMG_3386_20161026062856c16.jpg

 それから気が付いたのは、夏に一気に冬タイヤに替えちゃう選択肢もあったなと。

 まぁ、このTTを買ってくれる方へのプレゼントと言うか、もう乗り潰すしか無いと言うか。
関連記事
テーマ : タイヤ・アルミホイール  ジャンル : 車・バイク

Comments


サイド用油圧ジャッキとトルクレンチで自前で交換されるといいです。私はそうしてます。もうあいつらの世話にはならんって(笑)
yutさんへ
そうですね、ホィールごとの交換なら、時々自分でもやります。

学生時代、自動車部の部室には、なんて言ったかな、ホィールからタイヤを外し取る道具もあったんですが、さすがに今は出来ません。

ジャッキで外す技もあるのかな。
でもアライメント調整は?

私はズブの素人で、アライメントまではやってないです。
必要なら別途頼むしかないです。
テープで印付けて夏タイヤのローテーションやってます。
確実に元が取れる工具なので一生ものです。
それに石取りやってると釘が刺さっているのが発見できたりして、
交換後のナット緩みには要注意です。
yutさんへ
了解です。
タイヤをホィールから外して交換する場合は、やっぱり業者ですね。

先輩のガレージにコンプレッサーをはじめ道具が揃っているので、自分で交換するときは借りてやります。
http://blog.goo.ne.jp/hoosha/e/344e1cb1b59d3fd41abfdaf027712792






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: