風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (2)  Trackback (0)

懐かしいと想う人がいなくなる

 会津下郷で、県道347号線へ左折、会津西街道の旧道で会津田島へ。
 旧会津南郡役所の前を通り抜けて、そのまま直進すると道は再び国道289号です。

 山間の水田の中に集落が点在する会津らしいルート。
 道の駅きらら289の先のドン突きを左折すると、国道401号。

 直進すると桧枝岐へ向かい、尾瀬の登山口まで行けるルートですが、この日は内川で左折。
 単にぐるっとだらだら走っただけになってしまいましたが、ここに到着です。

PA090068.jpg

 近江八幡と同じく、伝建、重要伝統的建造物群保存地区のひとつ、前沢曲家集落です。

 このお蕎麦屋さんは含まれないのかな。

PA090070.jpg

 駐車場に車を停めて、入場料大人300円。

PA090069.jpg

 歩いて橋を渡ります。美しい舘岩川の谷。

PA090011.jpg

 昔は川沿いに集落があったらしいのですが、大火や洪水があったのかな、今残っている家々はもう少し山手です。

PA090059.jpg

 前日の強風で秋桜たちは、歓迎のお辞儀。

PA090012.jpg

 バッタリ。

PA090065.jpg

 水車小屋。

PA090013.jpg

 そのまま時代物の撮影に使えそうです。

PA090016.jpg

 残念ながら小雨、傘をさして歩きます。

PA090017.jpg

 綺麗に整備されていますね。

PA090018.jpg

 ガイドブックにもあまり載っていないし、ウィキペディアにも項目がない山間の集落です。

PA090020.jpg

 なので今回は某サイトからの無断引用。
 前沢曲家集落のはじまりは、文禄年間(1592年~1595年)に、只見川流域を拝領した横田城主・山内氏勝の家臣である小勝入道沢西という人が、主人・氏勝が滅んだのちに当地に移り住んだとされ、「中世に会津武士が拓いた集落」として地元の人々に言い伝えられています。

PA090019.jpg

 集落は、はじめは舘岩川近くにあったといわれ、集落の前に沢(川)が流れていたことから「前沢」と呼ばれるようになりました。その後、現在の位置に移動したようです。
 明治40年(1907年)に、この前沢集落が全戸消失するという大火に遭い、その後、同一の大工集団によって一時期に各戸を建築したことによって、統一的な景観が生まれました。

     PA090021.jpg

 そして平成23年(2011年)6月、この統一的景観保護のため、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されました。

PA090057.jpg

 一部を除いて、住民が生活する家々なので、電柱が目立ちます。

     PA090022.jpg

  曲家(まがりや)とは、その文字の通り、L字に曲がった住まいのことです。手前の突出部には、生活(農耕や運搬)に欠かせない大切な牛や馬を、そして奥の建物は人の生活空間として、牛・馬と人とが同じ家の中に暮らしていました。

PA090024.jpg

 農業の機械化とともに牛・馬は人々の生活から離れていきましたが、集落23戸のうち半数ちかくが曲家を維持して生活しています。(L字型の曲家ではない作りを直家(じかや)と呼びます。)


PA090047.jpg

 生け簀。

PA090027.jpg

 残したい日本の原風景です。
 
     PA090026.jpg

 このセキセイインコの巣箱みたいなのは、何だろう。

PA090028.jpg

 きのこショップ。

     PA090029.jpg

 静かです。

PA090034.jpg

 澤水。

     PA090030.jpg

 下水。

PA090031.jpg

 押し売りお断り。

     PA090032.jpg

 納税章。

PA090048.jpg

 焼却炉。

     PA090035.jpg

 豆腐屋さん。

PA090033.jpg

 懐かしい、心に残る風景と言われますが、あと50年もしたらそんな風に想う人がいなくなりますね。

PA090038.jpg

 縄文時代の竪穴住居は、懐かしくないですから。

PA090036.jpg

 だから、棲み続けて子孫を増やしていく人が必要ですね。

IMG_3234.jpg

 唯一中に入れる、曲家資料館。

     PA090041.jpg

 子供たちを何を感じるんだろう。

PA090039.jpg

 こんなところに住めませんよ! でしょうね。

    PA090045.jpg

 薪の燃える、芳しい香りが、身体と衣服に浸み込んでいきます。

PA090050.jpg

 囲炉裏、好いなぁ。

     PA090043.jpg

 気が付いたのですが、初めて7年前に来た時とほぼ同じ季節。
 
PA090053.jpg

 この季節になると、来たくなるのかな。

     PA090051.jpg

 伝建にはその後に指定されました。

PA090058.jpg

 若い人には、やっぱり魅力が少ないだろうなと思う一方、

PA090060.jpg

じゃぁ、自分なら住めるのかと自問自答。

PA090063.jpg

 美しい山里が、まだまだたくさん国中に息づいている、ニッポン。

PA090067.jpg

 世界に誇れる風景だとも思うのだけれど。

walk_map.jpg
関連記事
テーマ : 会津あれこれ  ジャンル : 旅行

Comments


風写さんへ
いい旅してますね。ここ、行ってみたいですね。大内宿とはまた違った趣でしょうか・・・?
binkenさんへ
そうですね、全く異なります。
豆腐屋と蕎麦屋以外に店はありません。

ほとんどの家は、普通に生活している家。
中には入れません。

お土産もありませんね。
観光客も、せいぜい20人ぐらいでした。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: