風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 船の旅

Comment (0)  Trackback (0)

おねぇちゃーーーン

 さて今回、近江八幡にやってきた目的は、これなんです。

     P1010267.jpg

 連続ドラマ、あさが来たで、舟で嫁入りする姉はつを、あさがずっと走って追いかける、北の国からの蛍がオーバーラップしたあのシーン。

 蔵や木造の古い家並みが、お堀端にずっと連なるあの長いシーンを見て、一体あのロケはどこなんだと探し検索して(すぐ見つかりましたけど)、たどり着いたというわけなんです。

IMG_3082_201610040700172a9.jpg

 近江八幡駅から歩いたら20分ぐらいかかる、八幡堀。

P1010085_201610040700217e7.jpg

 駅近くのホテルに荷物を預けたら、自転車をタダで貸してくれました。さすが近江商人。

P1010082_2016100407001867f.jpg

 予想通り、素晴らしい場所でした、水は汚いけど。

P1010084_20161004070019dd2.jpg

 ウィキから引用。
 近江八幡市(おうみはちまんし)は、滋賀県中部、琵琶湖東岸に位置する市。近江商人や安土城で知られる。

P1010091_20161004070151595.jpg

 豊臣秀次が築いた城下町を基礎として、近世は商業都市として発展した。

     P1010087.jpg

 近世の風情がよく残る新町通り、永原町通り、八幡堀沿いの町並みおよび日牟禮八幡宮境内地は「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されており、時代劇の撮影場所としてもよく使われる。

P1010094_20161004070152bde.jpg

 2005年9月1日には水郷地域160ヘクタールが景観法に基づく「景観計画区域」に指定された。これは同法の適用第1号である。さらに2006年1月26日には「近江八幡の水郷」として重要文化的景観の第1号に選定された。


P1010096_20161004070154930.jpg

 鬼平犯科帳のロケも。

P1010266_20161004070356da6.jpg

 私は全く見たことがないドラマなんですが、後日友人に見せたら、即言い当てましたから、定番の場所なんでしょう。

P1010097_2016100407015536b.jpg

 そうするとこの沈みかけた舟は、セットなのかも。

P1010199_20161004070953692.jpg

 タイムスリップしたみたいでしょう。

P1010201_2016100407095463b.jpg

 観光船もありますが、

P1010103.jpg

まずは歩けるところは全部歩きます。

     P1010101_20161004070350c34.jpg

 写生班やカメラマングループも大勢。

P1010108_201610040703544c6.jpg

 その意味では、佐原に一番近いかも。

     P1010104_2016100407035312e.jpg

 関西なので、外国人も目立ちます。

P1010110_20161004070435ddd.jpg

 佐原や栃木は堀の両側が道路になっていましたが、こちらは家々が連なっています。

     P1010107_20161004070434610.jpg

 そしてなんと驚いたことに、あさが走り抜けたこの川端の通路と言うか、今は遊歩道。

P1010111_201610040704370b7.jpg

 観光用に昭和40年代以降に造ったものなんだそうです。

     P1010113.jpg

 どんな時代考証だ。

P1010116.jpg

 かわらミュージアム。

P1010206_201610040705491bb.jpg

 近江八幡は、瓦の産地でもあったようです。

     P1010125.jpg

 今はもう使われていない、だるま窯。

P1010121.jpg

 鬼瓦。

     P1010122_20161004070546618.jpg

 信長の命。

P1010126_20161004070639834.jpg

 面白体験。

     P1010115.jpg

 関西の乗りです。

P1010118_20161004070636521.jpg

 お堀端の花々は地元の方が育てていました。

P1010120.jpg

 いや、ベランダ菜園か?

     P1010129_20161004070641964.jpg

 お濠を登ると、水郷、西の湖もあるのですが、この日はここまで。

P1010131.jpg

 この風景がオリジナルに近いのかも。

P1010134_20161004070830fc8.jpg

 八幡堀(はちまんぼり)は、戦国時代に造られた滋賀県近江八幡市にある人工の水路。八幡堀の水運によって町は発展し、近江商人を生んだ。幅員約15メートル、全長6キロメートルに及ぶ。

P1010133.jpg

 安土桃山時代に豊臣秀次が八幡山城を築城した際、市街地と琵琶湖を連結するために造られた。城下町の都市計画として整備され、城を防御する軍事的な役割と、当時の物流の要であった琵琶湖の水運を利用する商業的役割を兼ね備えた。

P1010156_20161004070832c65.jpg

 八幡堀により船や人の往来が増えたことで商業が発達し、八幡山城廃城後の江戸時代には、近江商人(八幡商人)による町の発展に大きな役割を果たした。町は大阪と江戸を結ぶ重要な交易地として発展し、堀沿いには裕福な豪商たちの白壁の土蔵や旧家が建ち並ぶ。

P1010158_201610040708336cf.jpg

 建造当初から、堀には「背割り」と呼ばれる排水路による下水システムがあり、堀に溜まった汚泥は、船の運航にさしさわる前に随時浚渫され、近隣の田畑の肥料として使われていた。また、その田の粘土を使って八幡瓦が作られていた。

P1010160_20161004070835d93.jpg

 観光船にも乗ってみました、35分1000円。おじさん3人だけ。

P1010168.jpg

 戦後までは150 石船が行きかっており、水運業者などによる定期的な浚渫が行なわれていた。堀には背割りから住民の生活排水が流れ込んでいたが、汚染されたものやゴミは流さないという住民の心遣いもあり、昭和20 年代ごろまではきれいな川だった。

P1010175.jpg

 昭和時代後半になると、運河の機能を失い、汚泥を掬い上げる「川ざらえ」も廃れ、昭和40年代になると、堀には下水が流入し、川底にはヘドロが堆積し、悪臭を放つようになった。昭和45年(1970年)、地元自治会は堀の改修計画を市に陳情し、1972年に市は堀を埋め立てて公園と駐車場にする計画を立てた。しかし、近江八幡青年会議所が、堀を近江八幡の誇りとして蘇らせようと、改修計画の見直しを市に迫り、八幡堀復活を求めて署名運動・自主清掃活動を行った。

P1010176_201610040708556ba.jpg

 昭和50年(1975年)、「よみがえる近江八幡の会」が設立され、堀の保存修景運動は、市民全体の運動へと展開した。翌年着工された堀の全面浚渫工事は昭和54年(1979年)に完成した。1980年には、市民、行政、研究者らによる街並み保全のための「明日の近江八幡を考える研究会」が発足した。

P1010181_2016100407085763b.jpg

 良い話です。

P1010185_201610040708580c0.jpg

 昭和57年(1982年)、国土庁の「水緑都市モデル地区整備事業」に指定され、堀の石垣が復元され、堀沿いに遊歩道・親水広場が作られた。昭和63年(1988年)、「八幡堀を守る会」が結成され、会員による除草作業が行なわれるようになった。平成4年(1992年)、旧市街地を流れる八幡堀両岸と「新町通り」「永原町通り」「日牟禮八幡宮境内地」を含んだ一帯13.1ヘクタールが「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。

P1010189.jpg

 2005年に文化財保護法が改正され、重要文化的景観の保護制度導入の第1号に選ばれた(近江八幡の水郷)。同時に市は「近江八幡市風景づくり条例」を施行し、全国初の景観法に基づく景観計画「水郷風景計画」を立ち上げた。2006年には、八幡掘・長命寺川・西の湖一帯が全国で初めて重要文化的景観に選定された。

P1010198_201610040709516f5.jpg

 『暴れん坊将軍』『鬼平犯科帳』『剣客商売』『るろうに剣心』など、水運が発達し、船での移動が盛んに行われた江戸を舞台とした時代劇のロケ地になっている。

IMG_3109_20161004070948891.jpg

 もっと詳しく八幡堀の歴史を知りたい方は、こちら

 これまで訪問した伝建地区は、函館末広町弘前の仲町、黒石中町金ケ崎の城内諏訪小路、横手市増田(そういえば蔵の日はもうないのかな)、仙北市角館、下郷町大内宿、南会津の前沢宿、そして村田の蔵の街、茨城の真壁、栃木の嘉右衛門町、千葉の佐原、埼玉の川越、金沢の茶屋町、越中五家荘の相倉集落菅沼集落、奥飛騨白川郷、塩尻市奈良井宿、南木曽町妻籠宿に馬籠宿(?)、高山の街並み、京都市産寧坂祇園、倉敷の倉敷川畔、萩の武家町、愛媛県内子町、長崎の港町。
関連記事
テーマ : 近江八幡  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: