風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (6)  Trackback (0)

運命の分かれ径

 夕べはイーグルス戦、スワローズ戦、ベガルタ戦が同時進行で、一応テレビは2台あるとはいえ、全部地上波じゃないし、大忙しでしたが、久しぶりに全て快勝。良い夜でした。

 スポーツに限らず、見たい番組がどんどんなくなってる地上波、心配です。


 松尾芭蕉は平泉を訪ねた後鳴子の「尿前の関(しとまえのせき)」を越え、出羽の国に入ります。“蚤虱 馬が尿する 枕元”の句で有名な堺田の「封人の家(関守)」に泊ったのは、旧暦5月15日(陽暦7月1日)のことです。江戸を出立してから50日あまり経過していました。結局封人の家には梅雨時の大雨にたたられ、仕方なく2泊します。雨が上がりようやく出立した芭蕉主従は尾花沢に向かいますが、途中の山刀伐峠は土地の若者の案内でようやく越えたほどの、険しい山越えでした。 

P6060374.jpg

 ここまでの行程は芭蕉にとっては松島や平泉など、一番目の目的としていた地に足を踏み入れることのできた満足感とともに、かなりの疲労をともなった旅でもあったようです。やっとのおもいで山刀伐峠を越え尾花沢の鈴木清風を訪ねたとき、芭蕉は旧知の清風に会ったことでかなり気持ちがほぐれ疲れを癒されたようで、10日間という長逗留となりました。

 以上は、庄内観光コンベンション協会HPからの引用ですが、国道47号線を、新庄から鳴子古川に向かって走ると、宮城への県境の手前にこんな古い庄屋が残っていて、よく見ると、此処が芭蕉の有名な句が生まれた場所であることがわかります。

P6060375.jpg

 この旧家は、風神の家ではなく、封人の家と呼ばれ保存されているのです。江戸初期の建築とか。ほうじんと読むそうです。

 この家の向かいに気になる看板が在ったので、止まってみたのでした。なんども通っているのに初めて気づいたのです。

P6060367.jpg

 駐車場から、花が咲く心地良い小道を数分歩きます。

P6060368.jpg

 国道沿いでは賑やかな看板もこの辺には皆無で、爽やかです。

P6060369.jpg

 水に関係が深い、ある場所があったんですね。

P6060371.jpg

 途中から人懐っこい少女が道連れになってくれました。

 その場所です。

P6060353.jpg

 写真の右下から来た水が、左右に分かれて流れて行きます。

P6060356.jpg

 そう、ここは世にも珍しい、見て触れる本当の分水嶺。感激です。

 私が手を入れてちょっとかき回すだけで、ひと雫の水の運命が変わります。

P6060358.jpg

 この場所を走ったことがある方は判ると思いますが、県境の標識がなければ峠を超えたのを気づかないほどの起伏。

 前出の封人の家も、元々は出羽の国と陸奥の国間の領地争いを納めるために出来たそうですから、元々稜線が判りにくいところなんですね。 

P6060357.jpg

 この優しい小川は、観光用にあとから造られたものかも知れませんが、実に微笑ましくて楽しい場所です。

 片方は石巻へ、片方は酒田に向かって流れていくのも嬉しいですね。どちらも海の幸と酒と稲の豊かな街。日高見対初孫、どっちも美味しい。

 鮎や鮭が本州横断することが出来るかも。

P6060359.jpg

 すぐ脇をJR陸羽東線が走っていて、駅があります。その名もまんま、さかいだ、境だ、堺田!!

P6060364.jpg

 駅にも分水嶺の標識がありました。

       P6060362.jpg

 分水嶺好きな私には、忘れられない場所になりました。

P6060366.jpg

 いろいろ検索してみると、兵庫と広島にも似たような場所があるようです。行ってみたいですね。


 宮城に入って気温はさらに上がり、27度。

DSC00770.jpg

 古川から高速に入ったときには、冷房を入れてしまいました。
関連記事
テーマ : 東北旅行  ジャンル : 旅行

Comments

よく見つけました!
余程気をつけてないと見過ごしてしまう所なのによく見つけましたね。
なんでこんな平らな所にと思う場所ですよね・・・・
それよりもこの可愛らしい少女は何処から来たのでしょうね?
ちょっとメルヘンチックな感じで・・小父さんと少女・・
地図
地図が180度ひっくり返ってるのはナゼですかねえ。 
立地に合わせたのかもしれないけど、
一瞬、見にくいというか、まぎらわしいというか。
おそらく
地図が反対なのは山形から見ると「我々は裏日本ではないぞ」というアピールかもしれませんね、以前鶴岡の親友が、裏日本ではない裏と言うのはおかしいって言ってましたもんね・・・・
LYNX☆さんへ
ここご存知でしたか

無邪気な少女は水源の黄色い花の精でしょうね。

お母さんとおばあちゃんが後から追っかけてきてましたけど。
何か良いですね
それでも、そんな場面良いですね・・凄く絵になる感じで!
おばあちゃんとお母さんは心配だったでしょうがね(笑)
anegoさん LYNX☆さんへ
地図が南北反対なのは、やはり設置場所の向きのせいだと思います。

逆向き位置の看板を撮った絵もあったので追加しました。

オーストラリア人が作った南北逆さの世界地図を見るとヨーロッパが地の果て、ダウンアンダーになります。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019