風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (0)  Trackback (0)

ヤーヤドー ヤーヤドー

 しかし、今回の台風10号。
 なんちゅうルートだ! 俺のドライブコースか、みたいな。

310261-AUT-010.jpgyahoo!天気・災害から無断借用

 いつもと逆カーブ(んならシュートか)の、予報円の中心を通ったら、宮城直撃じゃないか。

 こちらは、五所川原に宿泊した翌日の、この15日。
 当初の予定は、白神山地の懐に東側から入って、森林浴と言う心づもりだったのですが、十二湖とミニ白神に行っただけでもう十分と言うことで、次策として弘前のまだ歩いたことがない街並みを彷徨おうか、なんて思って宿を出ていたのですが、この気温。

IMG_2744_201608260633265cc.jpg

 田んぼアートと盛美園を見ただけでもう体調不良です。

 それでもとにかく、弘前市内にやって来ました。
 とにかく冷房が効いた観光施設と言うことで、弘前ねぷた村です。

P1020596.jpg

 駐車場に、夏に使われたばかりの、ねぷた。

      P1020595_20160826063328c68.jpg

 見学の前に昼飯です。

P1020600_20160826063332abb.jpg

 本当なら少し歩いて、弘前なら洋食もありだったりするのですが、歩く元気なし。

IMG_2745_20160826063402eef.jpg P1020597.jpg

 観光客向けの、ねぷた村内の食堂です。

     P1020599.jpg

 青森県産豚の源たれ丼、900円。

IMG_2746.jpg

 甘めの生姜焼きですね。

     IMG_2747.jpg

 まぁ、もう一度貝焼き味噌を食べたほうが良かったな。

IMG_2751.jpg

 津軽藩ねぷた村に入館します。

IMG_2753_20160826063622df3.jpg

 冷房が効いたイベントスペースに腰かけて暫し休憩。

     IMG_2750_20160826063620903.jpg

 10分おきぐらいに始まるねぷたの概要説明、3-4回聞きました。

P1020602_20160826063623684.jpg

 そして扇形が基本の、ねぷた。

P1020603.jpg

 青森市や五所川原のねぶたと異なって、ねぷたなんですが、立体的な両者と違い平面的なんです。

P1020604_20160826063626674.jpg

 こちらの方が、ルーツなのかも。

P1020605.jpg

 正面の絵は鏡絵、背面は見送り絵と呼ばれます。

P1020608.jpg

 勇壮な鏡絵に対して、ちょっと色っぽい見送り絵。

P1020609.jpg

 鏡絵の素材は、三国志や水滸伝と言ったものが多いようで、それは青森五所川原同様です。

P1020610_20160826063700f2f.jpg

 若干、巨人の星系の、アニメの影響もうけているような。

P1020611.jpg

 ねぷたそのものは、比較的小ぶりであり、五所川原の立佞武多館や、青森市のワラッセよりも、控えめサイズの施設でした。

P1020617.jpg

 一つ一つ丁寧に書かれている説明書きを詳しく読む、余裕はあまりありませんでした。

     P1020616.jpg

 実際のお祭りでこれらが練り歩くとき、どんな動きになるんでしょうね。

P1020614.jpg

 YouTubeで検索してみましたが、あまり派手にぶん回されることは無いようです。



 そもそも弘前市内の道路って、それほど広くないですからね。

P1020619.jpg

 内部の光源の配置に、工夫の余地があるように思いました。

P1020620.jpg

 伝統も大事ですけど。

P1020621.jpg

 でも、こんな祭りがある地元を持つって言うのは、良いものなんでしょうね。

P1020631_20160826063901ae1.jpg

 一時間半に一度ほど、最初のイベント会場で、三味線の生演奏もあります。

P1020626.jpg

 独りは若い女性奏者。

P1020628.jpg

 良いですよね、津軽三味線。

P1020629_2016082606390087d.jpg

 ほかには、ねぷた資料コーナーや、実演工房ゾーンなど。

     P1020622_201608260639541a1.jpg

 ねぷたやねぶたは、青森じゅうにあるんですね。

P1020632_20160826063957dee.jpg

 おととしの青森ねぶたの画像はこちらそちら

 金魚ねぶたもルーツの一つか。

     P1020624.jpg

 津軽三味線の大会王者には、数々の宮城出身も。

P1020634.jpg

 浅野翔くんや柴田三兄妹。

  

 お土産を買いこんで、岩木山に別れを告げます。

P1020633_20160826063959934.jpg
関連記事
テーマ : 青森県弘前市  ジャンル : 地域情報

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: