風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (2)  Trackback (0)

田んぼをアートにした村おこし

 宮城ではおととい昨日あたりから学校の新学期が始まっています。
 まさに、もう秋。でも昼間は暑いです。

 こちらは、まだまだお盆休みのストーリー。

 15日、五所川原のホテルを後にして、南へ。
 視界の右隅にずっと岩木山を見ながら、引き続き国道339号です。階段国道の延長。

 こんな田んぼ近くの駐車場に到着です。

P1020488.jpg

 北方稲作文化発祥の地、田舎館村です。

P1020487_2016082405350401c.jpg

 この時代になんて潔い村名なんだろうと、驚いたこともあるのですが、なんと明治時代から続く名前なんですね。

 館の字は、舘ではなく館が正しいようです。
 文化会館が併設されている村役場、立派ですが、そのデザインには特に歴史的な背景は無いようです。

      P1020526.jpg

 9時前に到着して、カーナビに次の目的地を入力している間に、クラブツーリズムの団体様が大型バスで到着、おかげで20分ほど並びました。先んじても人を制せない。

 入場券を求め、エレベーターで展望デッキへ。

P1020489.jpg

 これを見に来たのでした。

P1020495.jpg

 全国的に有名になっていると思われる田んぼアート。

P1020498.jpg

 アオサギも見物です。

P1020504.jpg

 色は限られますが、なかなか見事ですね。

 なぜか石田三成と真田昌幸。

P1020497.jpg

 こんなビルの屋上から見るものだとは、想像していませんでした。

P1020506.jpg

 スマホでパノラマ撮影するとこんな具合、バックは八甲田山系です。

IMG_2738_20160824053551989.jpg

 岩木山は後ろ側。

P1020500.jpg

 さらに200円払って、天守閣へ。

P1020494.jpg

 飲食店のテントも。

P1020508.jpg

 アートは展望デッキからの角度に最適化されているため、天守閣からだと歪みます。

P1020507.jpg

 展望デッキ。

P1020512.jpg

 この漢字、田植えの担当者には迷惑だったでしょうね。

P1020509.jpg

 地上へ降りて、田んぼを見学。

P1020514.jpg

 七種類の稲を使用しているそうです。

P1020517.jpg

 色だけでなく、形状も様々です。

P1020519.jpg

 穂が出ている稲も。

P1020520.jpg

 穂と葉の色が異なると、デザイン的にもボケて来てしまう可能性がありますから、やはりこの暑い時期がベストタイミングなのかも。

P1020521_20160824054003de1.jpg

 頑張れ、田舎館。

P1020522.jpg

 トイレを借りにホールに入ったら、地元出身のヒーロー栃ノ海の額がありました。

P1020527.jpg

 国技館のぐるり天井を飾る、優勝額でしょうね。

 しかし、暑い。

P1020513.jpg

 実は田んぼアートの実態を調査したのは前夜で、もう一ヶ所見どころがあるのが判ってたのでした。
 車で5分ほど。国道102号沿いの道の駅弥生の里に接する場所です。
 二ヶ所を結ぶシャトルバスもありました。

P1020528_20160824054009732.jpg

 こちらには専用の展望台にエレベータ。また300円です。

P1020529.jpg

 昨年かな、STAR WARSが描かれた場所ですね。広告費が入るのかも。

IMG_2742.jpg

 新ゴジラ? 何がゴジラと違うんだろう。

P1020536_20160824054106458.jpg

 展望台が常設のためなのか、田んぼアート以外に、小石を並べたアートもあります。

P1020537_20160824054107f28.jpg

 その向こうには、弘前と黒石を結ぶ、弘南鉄道の駅まで。

P1020531.jpg

 地上に降り立ちます。

P1020544.jpg

 このいろんな色の稲、食べられるのでしょうか。

P1020545.jpg

 裕次郎の煙草。

IMG_2743.jpg

 健さん。

P1020543.jpg

 夏まつりの時にコカ・コーラの自動販売機で、動画カメラを当てたので、このところ注目しているマシン。

P1020546_20160824054214b78.jpg

 もう東京オリンピックバージョンでしたが、今回は当たりませんでした。
関連記事
テーマ : アートイベント  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

すごいね~
風写さんへ。
田んぼアート、アイデアは誰が考えるのだろう。
農家の方たち、ご苦労様、でした。
ドローン飛ばして、何処に何を植えるのか、平面図作るのかな。
kazuさんへ
田植えは地元の子供たちも手伝っているようです。

ドローンは必要ないと思います。
視点は役場の屋上なので。

J1サッカーのゴール両側に立っている広告横断幕も、同じ手法で実は平面なんですよ。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: