風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アウトドア

Comment (0)  Trackback (0)

浜沿いはあづいよ

 オリンピックのマラソンで、日本人選手がメダル争いできなくなって久しいですね。
 寂しい。

 もうアフリカ選手には、永遠に勝てないのでしょうか。
 東京で、野球やソフトボールを復活させるのも良いけど、駅伝を競技に加えらえないものかといつも思っています。
 
 鯵ヶ沢郊外の民宿を後にして、中心部へ。

 安東水軍の醸造元がありました。 勇ましい名前ですよね。

IMG_2656_2016082005221984f.jpg

 某サイトによれば、奥州の戦乱、前9年、後3年に安倍頼時、貞任父子はともに敗れ、北天の星といわれる貞任の遺子、高星丸は故地東日流に逃れ忍住。

 その子孫は東日流の荒ぶる海を眺めやがて十三湊に栄えて安東水軍となる。
 東日流(津軽)十三湊を本拠に北日本の雄・安東水軍は、唐に工師を派遣して航法や造船技術を習得、卓越した匠達を帰化させ大船を建造し、 この大船で北国の幸を満載して日本全国はもとより、唐・天竺等に交易し巨利を得た。

 安東の富は各地の神等へ寄進され平泉金色堂のまばゆいばかりの威容は安東水軍によって支えられたと言う。
 平泉から東日流日本海沿岸(十三湊、鯵ヶ沢湊、深浦湊)に至る道は、まさしく黄金ロードと言っても過言ではない。


 鯵ヶ沢の中心部からも、津軽富士を眺めることが出来ました。

P1020286.jpg

 鯵ヶ沢の町から南へ、まさに岩木山に向かってTTを走らせます。この道はだいぶ前に逆向きに走ったことがあるはず。

P1020290as.jpg

 気持ちの良いやまなみヒルクライムルートです。

P1020293.jpg

 見る方向によって山頂の形が変わります。

P1020295.jpg

 目的地は、くろもり館。自動販売機に南アルプスの天然水がありました。

IMG_2662f.jpg

 ミニ白神周遊コースという、実にワタシ向きの、プチトレッキングコースというか、森林散歩道があるのでした。
 
     IMG_2659_201608200526015c0.jpg

 入場料を支払い、熊鈴の入山証を下げて歩き始めます。

P1020304.jpg

 出入り口に美味しい沢水。

     P1020327.jpg

 十二湖もそうでしたが、遊歩道にはチップが敷き詰められており、老人にも優しい路面です。

P1020319.jpg

 9時開山で、おそらく私がこの日の一番乗り。

     P1020298.jpg

 北秋田では熊に襲われる事件が相次いでおり、ちょっと心配です。

P1020299.jpg

 蝉が鳴いていないのも、心配の原因。

     P1020300.jpg

 例によって、出だしはいつも心臓はかはか。

P1020301.jpg

 そのうち安定してきますが、今度は足が重くなってきます。

P1020303.jpg

 日本最初のユネスコ世界遺産ですから、学術的には貴重な自然林なのでしょうが、仙台周辺、例えば泉ヶ岳の森林との違いはよくわかりません。

P1020320.jpg

 どこの山道を歩いても、足が重い(と言うかそもそも体が重い)のは同じ。

     P1020306.jpg

 違いを理解するには、ガイドさんと歩いた方が良さそうでした。

P1020307.jpg

 あるじゃんあるじゃん。
 やっぱり怖いけど、看板はいつ立てたのだろう。

P1020310.jpg

 私が歩くと、足元を小さな蛙が逃げまどいます。

P1020321.jpg

 蜻蛉もたくさん。

P1020316.jpg

 こちらはマイぺ-ス。

P1020314cas.jpg

 80分コースと45分コースがあるのですが、出だしで早々と短いコースの方にしました。

P1020322.jpg

 野鳥観察所。

IMG_2660_20160820053628112.jpg

 まったく見つかりません。

IMG_2661.jpg

 少しだけ、セミが鳴き始めました。

P1020324.jpg

 青森の有名人も来てますよ。

P1020329.jpg

 爽やかな森でした。

P1020325.jpg

 たぶん戻ってきたのも私が一番、ちょうど中国人らしき団体様が入山するところでした。

P1020326.jpg

 外国人観光客の割合は、青森の方が宮城よりは高いように感じます。

P1020331.jpg

 蕎麦畑の中を、宿があった赤石の方へ降ります。

P1020332.jpg

 ぐるっと回ったことになりますね。
 再び鯵ヶ沢方面へ。

 NPO法人グリーンエネルギー青森が2003年2月に運転を開始した「市民風車わんず」です。

P1020334.jpg

 せっかくなので七里長浜の、もう一つの名所へ。

IMG_2672.jpg

 狭い駐車場に何とか潜り込めました。

     IMG_2673_20160820054119f52.jpg

 イカの干場の隣り奥、老若男女がスマホやケータイを持って群がる、ポケモンスポットならぬ、犬小屋。

IMG_2668_20160820054116509.jpg

 暑そうです。

 白いのが三頭いますね。

IMG_2664_20160820054258df3.jpg

 一番奥の小屋主ポジションに居るのが、親分のようです。

IMG_2667_20160820054259e7a.jpg

 なんと工業用を含む扇風機が三台、その風の交点にわさおが寝ています。ほかの二頭は子分かな。
 私が着いたときは、あづいあづいと、吠えまくっていました。

 そんな鯵ヶ沢でした。
関連記事
テーマ : 青森のあれこれ  ジャンル : 地域情報

Comments






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: