風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (6)  Trackback (0)

二年越しの恋

 在大町少年さんも書いていますが、昨日今日の新内閣関連の報道、何度も何度も聞かされるのが、「小沢氏に批判的な...」「反小沢的な」新閣僚云々。
 これが全て小沢一郎の戦略だとしたら恐るべし。



 先週末。
 土曜日は雨で散々でしたが、日曜日の仙台は朝から快晴。

 もちろんTTで上り坂を目指します。

DSC00744.jpg

 ところが東北道で大崎平野に入ると霧で速度制限も。どうなるでしょうか。

 岩手県に入って一関ICで降り、国道342号線を西進、厳美渓の道の駅でトイレ休憩しますが、まだ曇。

 少しづつ雲が晴れていく中、あの場所を通ります。

DSC00750.jpg

 一年半前に見学した祭畤大橋。もうすぐ崩落して2年になります。

 落ちた橋桁の下端はコンクリートで固められていました。保存に向かって前向きのようです。

DSC00751.jpg

 一年半前に工事中だったのが臨時の代替橋。現在は近く本線となる新橋も工事中。

 ぐるっと三橋をパノラマ撮影しました。(クリックで拡大します)

DSC00749.jpg

 この後前週、5月30日に開通した栗駒山への道を駆け上りました。

DSC00752.jpg

 この真湯野営場の周囲に広がる森の中を走るのが好きなんです。

P6060309m.jpg

 震災のあと、ズタズタになっている栗駒山周辺の道路。
 通れるルートを縫ってなんども足を運んできました。

DSC00753.jpg

 2008年秋の、小安峡ルート。2009年夏の、東成瀬村ルートその一その二
 いずれも秋田県側から。

DSC00758e.jpg

 それが最近やっと宮城県側からと、岩手県側からのルートが開通したのです。
 宮城県側のルートは元々登山口で行き止まりなので、あまりツーリング向きではありません。

P6060313m.jpg

 岩手側と秋田側のルートはそのままつながっているので、ぐるっと上って下りて、途中で温泉にも入れて、美味いもんも喰えるし、実に気持ちの良いヒルクライムルートなんですね、家からも遠くないし。

 前回、この岩手県側からの国道342号線、厳美渓からのルートを走ったのは実に3年前。あの地震のちょうど一年前でした。

 今回もサイコーの天気になって来ました。

 峠にあたる須川温泉に到着です。もちろん中央分水嶺。

P6060314.jpg

 西側まで晴れ渡っていれば、秋田県側にある栗駒山荘の露天風呂から、鳥海山まで見えるはずなんですが、この日は駄目でした。

 見えた時の画像はこちら

P6060316.jpg

 こちらは岩手県側の、須川温泉の山荘横の足湯。

P6060325.jpg

 到着したのは朝8時半頃。登山に向かう人たちで賑やかでした。

       P6060319.jpg

 濃厚な硫黄泉の香りに圧倒されます。香ってきませんか?

P6060317.jpg

 山荘とこの大岩の周りは燕が沢山飛び回っています。

P6060326.jpg

 引き続き、国道342号線で東成瀬村方面へ降りることにしました。

 降り始めるとすぐに、水飲み場があります。甘露。

P6060329.jpg

 何故か看板だらけで、楽しいのですが、ブログネタ的にはこれ。

DSC00759.jpg

 田沢湖畔の杜ビール、遠くからわざわざこの水を汲みに来てるんだ。

 田沢湖周辺の水は使えないってこと?
関連記事
テーマ : ツーリングレポート  ジャンル : 車・バイク

Comments

良い天気、綺麗な景色♪
良かったですねー。こんな日に絶景を見ると、ブロガー冥利に尽きる感じですね。

「半小沢」になってます、ワザとでしたらごめんなさい。それはそれで面白い表現。
打ち間違い、ワタシも最近人のこと言えませんが(笑)

最後の写真、「募金ドロが逮捕されたよ」って書いてある看板がワタシ的にツボですww
火山国ニッポン
この湯けむりを見ると、日本が火山国であることを、認識させられますね。
折橋、はからずも地震の記念碑のようです。テニス仲間にこの苗字の方がいます。「ブロークン・ブリッジと覚えてください」と自己紹介してました。「ブリヂストンのノリですね」と言ったら「それじゃ、橋折になってしまいます!」
ぱんだ(親)さんへ
ありがとうございます
こんな青空を撮りたくてカメラ持ってるようなもんです

誤変換、修正しました。
最近は誤変換以前にミスタッチが多すぎて、年を感じる今日この頃(遠い目)。
そのうちIMEかATOKが全て修正してくれる日を信じています。でもGoogle使ってますが。
kazuさんへ
いつもコメントありがとうございます。
祭畤大橋は災害の記念碑として残されることが決まったようです。
宮城の荒砥沢ダムも検討されていますが、こちらはかなりコストが掛かりそうですね。
http://hoosha.blog83.fc2.com/blog-entry-30.html


話は飛びますが
4 Way Street
以下を参照下さい
http://www009.upp.so-net.ne.jp/wcr/4waystreet.html
聴いたことが無ければぜひご購入を、損はありません。

古い記事にコメントすんまそ。
増田まで、このルートで行くのはどうかしら。
新しいまつるべ大橋や温泉にも立ち寄るとしたら、時間どれくらいみたらいいでしょう?
往路じゃなく復路がいいかなあ。

anegoさんへ
七夕花火、エントリー一号ありがとう!
ふたりぼっちになりませんように。

このルート、鬼首ルート+30分ぐらいでは、温泉タイムは別だけど。

日帰りなら、俺だったら別の日にしたいかな。
今なら世界谷地とワンセットがオススメですね。

増田町のHPによると今月はずいぶん蔵の見学させてもらえるみたいですね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019