風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

やっぱり青が好き

 しかし登坂伊調土性、変わった名前が並んだものです。
 もっとも、Tosaka、Icyo、Dosyo,、向こうの人には発音しやすいか。

 笑顔のGoldスリーショットは、今回のベストピクチャーになるでしょう。
 そしてタカマツぺアですね。国際映像にもクールビューティ、松友のドアップ、多かったです。

 いずれも逆転勝利でした。

 これは8月13日の記録です。
 真夏の東北地方、涼を求めて旅する方もいると思いますが、この気温。

IMG_2623.jpg

 関東以西では、体温を越える気温の日もありましたが、私にはこれでも十分酷暑。

IMG_2622.jpg

 スタミナをつけないと。
 能代の中心を通り抜けながら、昼飯どこを探しましたが、どこも混みあっています。

 峰、というお店を見つけ入店。
 ヒレカツ定食ですね。

IMG_2620.jpg

 たれカツ丼のように、デミグラスソースに浸っている、ウェットタイプのカツ。

IMG_2621.jpg

 エナジー充填。

 あの五能線に並行する、国道101号を走ります。

 八森岩館にある、鹿の浦展望所。

P1020126.jpg

 でっかい日本海と、男鹿半島から白神山地まで見渡せます。美しく碧き海。

P1020128_2016081705301568e.jpg

 夕陽を眺めるには絶好の場所、ってこの辺りはずっとそうなんですけど。

 鈴木水産もあります。

P1020131.jpg

 そしてババヘラアイス。

     IMG_2625.jpg

 この赤と黄色、スペインカラーの日傘が青空に映えるのが好きなんです。

 私にとっては、ごくまれな間食。

     IMG_2627.jpg

 さらに北上すると、五能線の気動車に追いつきました。

P1020132.jpg

 去年リゾートしらかみで通り抜けたゾーンですね。

P1020133.jpg

 美しい海岸沿いを、鉄道と道路が何十kmも並行して走る場所って、ありそうでないんです。

P1020136.jpg

 その意味でも非常に貴重です。

P1020139.jpg

 青森県に入りました。

P1020141.jpg

 上に見える五能線の鉄路、あそこから撮影した画像です。

資料 P6200508.jpg

 大間越海岸。下北半島の大間とは無関係ですね。

P1020144_20160817053332c21.jpg

 この先で山側に右折すると、白い崖が見えてきます。

P1020145.jpg

 日本キャニオン、調べてみたら2005年に一度訪れていました。

資料 IMGP0342_2016081807080824c.jpg
 
 ブログタイトルの能代の風車を撮影した時です。

 しかしその時は時間が無くて来れなかった、十二湖。

P1020147.jpg

 少し奥の方まで入り、十二湖庵の少し手前に車を停め、歩き始めます。

P1020151.jpg

 沸壺の池。 

     P1020152.jpg

 美しい池に沈む倒木。何年ぐらい沈んでいるのでしょうか。

P1020153_201608170534177fb.jpg

 ウィキによると、十二湖を構成するこれらの湖は、1704年の能代地震による崩山(くずれやま、標高939.9m)の崩壊で塞き止められた川から形成されたのではないかと推定されている。十二湖という名称は広大なブナの森に点在する33の湖沼が、「大崩(標高694m)から見ると湖沼数が12に見える」ということに由来するとも言われているが、詳しくは分かっていない。

P1020155.jpg

 偶然にも面積が10,000平方メートルを超える湖沼数は12となっている。近隣にはブナ林が密集し、それらの水分の含有量が多いため、自然の造った水桶あるいはダムのようであり、しかも自然の浄化装置を持つとでも表現できるほどの水質の良い水が各所で湧き出している。海抜約250m付近の台地に点在する湖の総数は約30あり、それぞれ透明度は高い。

     P1020160.jpg

 臭木がありました。

P1020157.jpg

 大正6年発行の陸軍測量部、5万分の1の地形図には、この地方の特に越口の池周辺を「七ツ池」と記している。現在はこの名称は使用されていない。大町桂月は、十二湖を訪れ「山の中 三十三湖 紅葉かな」という句を詠んだ。実際の十二湖の湖の数は33ほどあるので、三十三湖とも言われている。また、大崩から見た湖沼数は実際には12以上あるとも言われている。しかし、偶然か面積1町歩以上の湖沼数が12ほどある。

     P1020161.jpg

 青池です。リゾートしらかみの車名にもなっていますね。

P1020164.jpg

 美瑛の池は、青い池だったかな。

 ここがハイライトということなんですが、光線の具合かな、微妙に今一。

     s-IMG_2631.jpg

 ここもたくさん倒木が沈んでいます。

P1020168.jpg

 確かに他の池とは異なる色。

     IMG_2630.jpg

 大正11年11月7日から8日、大町桂月はこの地を訪れ、「日暮し山の眺望、湖畔群の幽闇、紅葉の残照など十二湖は天下の奇観である。他日、必ず天下にその名を知られるであろう」と称えた。昭和28年、十二湖は県立公園に指定された。

P1020172.jpg

 これはけとばの池。

P1020170.jpg

 裏磐梯の五色沼っぽい場所です。

P1020171.jpg

 可愛らしい、がま池。

P1020175.jpg

 ぐるっとひとまわりして、スタート地点の落口の池。

P1020178.jpg

 名前を付けた人も大変だったでしょうね。

P1020176.jpg

 なお、十二湖より北に十三湖があるが、こちらの名前の由来はアイヌ語がもととなった「十三湊」(諸説あり)であり、これらの名称に直接の関連はない。十三湖と区別するために、松神十二湖や津軽十二湖とも言う。

     IMG_2633.jpg

 鶏頭場の池から後は、車道を歩きます。

       P1020179.jpg

 やっぱり水の色は光線の角度で変わって見えますね。

P1020180.jpg

 車を停めた場所を通り過ぎてもう少しだけ先へ。

     P1020190.jpg

 全部は回れないので、あとひとつだけ。

P1020186.jpg

 中の池。

P1020187.jpg

 ここも爽やかです。

P1020183.jpg

 野鳥も多いのですが、一羽だけ遠目にも変わった色の鳥が。

P1020189cas.jpg

 望遠撮影を鳥ミング。なんでしょうね。

P1020188cas.jpg

 ちょうど一時間ほど彷徨い、リフレッシュして(少し歩き疲れて)、海沿いに戻ります。
関連記事
テーマ : 青森のあれこれ  ジャンル : 地域情報

Comments


先日はお世話になりました
写っている水鳥は
「カイツブリ」と思われます
入に鳥と書きますが
小生の辞書では変換不能
大名マークさんへ
こちらこそ差し入れありがとうございました。
来年は鹽竈の花火も見に行きたいものです。

鳰、鸊鷉ですか。なるほど。ありがとうございます。
変換しないときは、コピペします。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: