風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 昭和の香り

Comment (2)  Trackback (0)

二日目は朝食券

 今日はいつの間にかできていた「山の日」。
 祝日にしないと休まない日本人らしい発想ですが、お盆休みの前に入れて、この日から15日までは休めよという圧力を感じます。(※一般個人の感想です)

 昨夜は飲み会だったけど、早く目がが覚め、テレビを点けたらゴールドラッシュ。凄い凄い。メダルの山。
 でも呑んでいる間に、愛ちゃんは敗退していました。

 優勝したら仙台でパレードかななんて、昨日話をしてたばかりだったのに。
 まだダブルスもあるのか。

 今日は夕刊がないのが、残念。

 ブログの方はまだ先週金曜日。

     P1010988_20160806170857356.jpg

 仙台市内のホテル(上のホテルではない)でぐっすり眠り、夏の朝を迎えます。

P1010986.jpg

 人間ドックの続きは8:15から。

     P1010990_2016080617085819d.jpg

 5時には起きてしまうけど、朝めしは厳禁なので、散歩です。

 これはたぶん、旧第二高等中学校物理学教室 (明治23年(1890年) 築)。

P1010991_20160806170859470.jpg

 だけど水も飲んじゃダメ。

     P1010994_20160806170901c9e.jpg

 東北大の片平キャンパスに侵入してみました。

 築年1904(明治37)年の旧仙台医学専門学校校舎。

P1010992_20160806170936f47.jpg

 今は、東北大学総務部広報課だそうです。

 キャンパス特有の雰囲気。

P1020016_201608061709428a1.jpg

 私の大学と同じ工学系のキャンパスなので、似ていますが、ここは建物が低いかわりに密度は高いです。

 あいしゅさんかとおもったら、魯迅の胸像でした。

     P1010996_20160806170938c67.jpg

 旧東北帝大附属図書館本館 (大正13年(1924)築) 。

P1010997.jpg

 今は資料館になっているそうです。

P1010998.jpg

 早朝なので入れません。

P1010999_201608061711203b5.jpg

 右から二人目、小日向文世かと思いました。

P1020002.jpg

 暑いはず、太陽が二つ上がってました。

P1020001.jpg

 女子高生だけを迎えるイベント案内。

P1020014_20160806171126340.jpg

 よこしまです。

P1020006_2016080617112447a.jpg

 これは、旧第二高等学校書庫 (明治43年(1910)築)。

     P1020007.jpg

 仙台にもこういう建物を残そうという動きがあるんでしょうね。

 少し安心しました。

     P1020008.jpg

 建設当時は、同じようなものが沢山あったんでしょうね。

     P1020013_20160806171221ea4.jpg

 金属研の入り口。

P1020018_201608061712236d7.jpg

 旧東北帝大理学部生物学教室 (大正12年(1923)築) 。

P1020020_201608061712242f2.jpg

 これだけは表通りから見えますね。

P1020022_201608061713157f5.jpg

 バス通勤の時も通ります。

P1020024_201608061713171b9.jpg

 今は放送大学が使っていました。

     P1020026_20160806171318639.jpg

 それでもよく観察すると、傷んだままの窓もありますから、使っていない部屋もありそうです。

     P1020028_20160806171320473.jpg

 ホテルに戻ります。

     P1020030.jpg

 あまり来たことがありませんでしたが、良いエリアです。

     P1020031.jpg

 かざぐるまみたいな花。

P1020032_20160806171347184.jpg

 良さげな食堂。

     P1020033_20160806171348a88.jpg

 美味しそうな通りです。

     P1020035_2016080617135058d.jpg

 ホテルに戻り、シャワーを浴びてチェックアウト。
 結果として、少なくとも私にとっては、ホテルに泊まる必要はありませんでしたね。まぁ、費用に含まれているということで。

 最後の種目は、胃のバリウム検査。
 七転八倒します。

 終わったあとの水が美味い。

 その後健康指導と問診。
 血圧と尿酸値はよくコントロールされているし、胃腸も異常なし。

 糖尿も心配なし。

 肝臓系とコレステロール、中性脂肪が高値安定ですが、結石もなし。
 結果が出ていない項目もありますが、いつも通り、運動しろということで。

 食ったら早寝するなということと、醤油の塩分に注意するように。

 会計して、朝食券をもらって、また同じホテルへ。
 ボーイに、セルフですか? と聞いたら、いえこちらで用意しますと。

IMG_2527_201608061713440c8.jpg

 トーストだけ食べて、バスで帰宅しました。

     IMG_2529.jpg

 たぶん今後はもう一泊ドックはやんないと思います。
関連記事
テーマ : 建築  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

懐かし片平キャンパス
風写さんへ

人間ドック、何事もなくてよかったですね。
胃カメラ、七転八倒? 最近は管も細くなり楽になはずだけど・・・
もしかして喉の麻酔あまり効かなかったかな?

片平キャンパスは、受験に失敗して、足が運びにくくなったところです。
こんなに歴史的建造物が残されていたとは・・・

十字型の花、ふよう、ですね。ハイビスカスと同じ一日花です。
たくさんの蕾が、次々に咲くので、そうは見えないけど。
kazuさんへ
何事もないってわけではないのですが、要経過観察といったところでしょうか。

胃カメラは飲んでいません。
バリウム検査なので、ごろごろ何周も台の上で転がりました。

芙蓉ですか、確かにハイビスカスと同じような葉でした。
ありがとうございます。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: