風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: Car & Bike

Comment (10)  Trackback (0)

第二問です。

 今日から青森ねぶたが始まりますね。
 まさに東北の短い夏、刹那です。

 2004年7月に買い替えて、新車から12年乗ってきた、TT。
 もうすぐ6万キロになります。

     DSC05196mo.jpg

 車社会である地方都市で生活しているにしては、走行距離が少ないのですが、それは2007年3月から今年の4月までは、9年間ジムニーと二台体制を楽しんで来たため。こちらも5.6万キロ走らせました。

 マンション暮らしだから、駐車場代もバカにならないし、来年度からの年金生活者に相応しく、減車に踏み切ったわけですが、これからは倍以上は走らせることになるし、まぁ、ずっと買い替え検討時期が続いているわけです。(またその話か)

DSC02661mo.jpg

 ジムニーで悪路走行も楽しんで来たので、TTだけだと、役不足というか、以前のレガシィランカスター6からTTに買い替えてしまって、困ったからジムニーを増車したというか、そんなドライブ嗜好があるため、両車の良いとこ取り的な車を欲しているわけなんです。四駆で、4x1.7mが理想サイズ。

 それで1年ほど、じっくり検討してきて、今のところ第一候補が、Mazda CX-3。(ここから下の画像は、いろんなサイトから無断引用)

cx-3_design.jpg

 現在、Mazdaのデザイン力は世界でも群を抜いていると思います。とにかくスマート。
 ディーゼルエンジンも望むところだし、ブルーも2種類、四駆もあります。
 強いてマイナスポイントを挙げると、地上高が160㎜しかないこと。ジムニーは200㎜、TTは120㎜です。ちょうど中間。

 第二候補は、SUBARUのXVです。

color03.jpg

 先日ハイブリッドtSと言うヴァージョンが発表されました。
 ベースになっているインプレッサスポーツのフルモデルチェンジも発表されたばかりなのに、このXVは古いインプベースのままなのが気にはなります。
 ニュープリウスと、プリウスαの関係と同じですね。

 デザインもMazdaがヨーロピアンテイストなのに対し、思いっきりアメリカン。十人並みというやつですね。
 ただSUBARUのAWDは信頼感抜群だし、地上高もジムニーと同じ200㎜。

 二台を比較すると、6ATのCX-3に対して、CVTのXV。
 これは、絶対ATのほうが良いと信じているのですが、乗ってみないと判りませんね。

 あとは、XVのほうが17㎝ほど長いので、荷室が広い。
 ソロキャンプを考えると、CX-3でも十分なのですが、XVだと多分荷室で横になって寝られます。

 上に書いたように、4WDと地上高はXVの勝ちだけど、デザインはCX-3。ブルーもCX-3の方が好き。
 もちろん燃費も重要で、ディーゼルのCX-3とハイブリッドのXVのカタログ燃費は、21.0対20.4km/lでほぼ互角と思いきや、軽油が安い分、CX-3の勝ち。

 そうそうHonda Vezelもありました。燃費は一番かも。

main_color06.jpg

 しかし、最近のHondaのデザインは、無駄なライン多様が目障りですね。

 なんて、楽しく比較してたら、TTの夏タイヤ交換が必要になり、カーオーディオも買えたりして、交換タイミングを逸しつつある中、まだ6万キロなんだから、安く下取りに出すのも勿体ないよね、なんて。

 そうしたら、ドイツの方から、ニュースです。



 うーん良いかも。
 キャンプ場には似合わないかもしれないけど、ポリゴンラインのデザインは、超個性的。

q2_street.jpg

 楽しいな。

 TT買ってくれる方いませんか? 夏タイヤとオーディオ、新品ですよ。
関連記事
テーマ : 新車・ニューモデル  ジャンル : 車・バイク

Comments

楽しんでますね
☆風写さんへ
手に入れるまでが最高に楽しいですね~
大いに悩むべし(笑)
LYNX☆さんへ
永遠に手に入れないかもです。

と言うか、何度も同じような話題を書いているのは、迷ってるからなんです。
愛の助言を求めているのですが、
-CVTはやめた方が良いよ
-早く買えよ
-絶対TTに乗り続けろ
-FIAT 500Xがいいんじゃね?
などなど、みなさんから意見はないのでしょうか?

よろしくお願いします。

ところで13年を越えると、自動車税って上がるんですか?

外見にしか興味ないけど、圧倒的にMAZDAに1票。
色もスタイルも個性的で目立つ。
愛の助言です
風写さん、お久しぶりです。

私はCVTは好きになれません、が、SUBARUのCVTは
専門家が褒めていますね。
最低地上高は大事ですが、独立懸架だとあまり関係ないかも。
MAZDAはいいですよね。CX4を見てからにしては?

楽しんでください。
旧連坊さんへ
ありがとう。
目立つ必要はないのだけれど、金を払う価値があるデザインですよね。魂動。
paseraさんへ
ご無沙汰しています。
FBはやってますか?

助言ありがとう。
地上高はですね、脇道があると入ってみたくなる性質なので、腹をこすらないために必要なんです。
高さがあると安心。

そういえば最近チューリップの二人が毎年仙臺にやって来ます。
愛はともかく
マツダ。実はうちも同じの検討していて、見積りまで取ったのでした。
あ、色はトーゼン赤ですけど(笑)
anegoさんへ
ほう、さすが、ナイスチョイス。

値引きはどんくらいですか?(そっちかよ!)

TTが壊れるまで待つだ
あいしゅさんへ
座布団一枚! 

それにスバルべし






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: