風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (6)  Trackback (0)

1949

 昨日はアエルで映像機器の展示会があり、大人の休日倶楽部パスを購入するのも兼ねて、一応業務で駅前に。
 車で通勤していると、なかなか仙台駅に行く機会も無いんですよね。

 ぱんだ(親)さんのブログに出てくるお店の数々から、「たけ政」で昼食をとることにします。
 なんと14回も登場していました。

DSC00727.jpg

 蒼い旗が無ければちょっと国分町の上層階のお店風のエントランス。

 ずいぶん見つけにくい場所にあると思うけど、中はほぼ満員、二つだけ空いていたカウンター席の一つに潜り込めました。
 天ぷらを揚げながら店内を抜け目なくチェックし、賄いのオバチャンたちに次々と指示を下す甲高い声の親方の仕事ぶりも間近で観察。

 実は、大山新酒酒蔵まつりのあと、五次会だか六次会で来ているのですが、初めて来たみたい。あの時は携帯電話行方不明事件もあって此処に捜索電話もしたのでした。

 あとから隣に、香水ぷんぷん元山姥風のスモーカーお姐が座って、ちょっと参りましたが、無事山海丼500円が到着。

DSC00726.jpg

 シンプルですが、私には丁度良いかも。

 12席程のカウンター席の客はすべてお一人様、2/3は天丼500円をぱくついていました。
 エビが立った天丼、美味しそうでした。

 会社へ戻るとき、バス乗り場手前のペデストリアンデッキ(もっと良い日本語ないんですか?)で、新首相の号外をもらいました。



 話は変わって、クラシックカメラマン77で紹介した、Kodak Retina II。

R1056546.jpg

 戦後間もない1949年製、御年61歳のカメラなんですが、先日使ってみたのでした。

 Retinaシリーズと言うのは、当時生まれたパトローネ入り35mmフィルムを、イーストマン・コダックが本格的に大衆に売り込むために、ドイツコダックに作らせた、気合のモデルたち。

R1056550.jpg

 当然今でもコンビニやドラッグストアで買えるフィルムが使えるんです。今回はKodakのISO400フィルム。

23850013.jpg

 先日秋保に行ったときに試写したものでした。

23850008.jpg

 デジカメで撮ったものと比べると、鮮やかさに欠けるようです。

23850003.jpg

 解像感も足りません。

23850009.jpg

 このカメラが生まれた時代は、なんとかカラーフィルムを一般大衆が使えるようになった頃。

 レンズもモノクロ用から改良が加えられ始めた時代なんでしょうね。

23850014.jpg

 可視光線は紫外線と赤外線の間、紫、青、緑、黄、赤と波長の異なる波です。

 この内青側の特性を、緑赤側に合わせるのに、レンズの枚数を増やしたり、コーティングを重ねたり、永年光学技術者たちは苦労を重ねているのです。

23850018.jpg

 だから昔のカメラでモノクロ写真を撮るときは、イエローフィルターをかけるとシャープになるんですね。補色のブルーがカットされるから。

 こちらは桑沼ですね、昨日の続き。

23850021.jpg

 だけど還暦を過ぎたカメラで、これだけの絵が撮れる、すごいと思いませんか?
関連記事
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Comments

たけ政
そーですか、16回も載ってましたか(笑)まいったなぁ(^_^;)

美味しそうな山海丼。良い選択でしたねぇ。大盛りにも出来たのに(笑)

カウンター、逃げ場が無いのに強烈な香水とかタバコとか、キツイっすよねホントに(ToT)/
No title
山海丼、サッパリ頂けて美味しそうですね(^^)
綺麗なお写真、有難うございます
☆昔のカメラでも、こんなに綺麗に撮れるなんて、さすが風写さん。。

桜ビートルも見てみたかったので、とっても嬉しいです!!
色気
この年代のレンズ、だいたい赤味がかって撮れますよね・・・
フォクトレンダーもそうでしたが・・・
昔の技術は侮れませんね!
ぱんだ(親)さんへ
14回ですって
入らなかったってのも含めて、たけ政で引っかかったのが14。

匂いはきつかったけど、天ぷらの揚げ場があるせいか換気は良いみたいでした。

天丼にすれば良かったと少し後悔。
wakameちゃんへ
コメントありがとう

でもね
ビートルちゃうでぇ
LYNX☆さんへ
車や人間も同じかも知れませんが、本質の部分は50年経っても、進歩していないのかも知れませんね。

電池を入れて露出やピントや巻上が自動になっても、さらにデジタルになってもね。(車と同じ)

と言うことは、やはり写真普遍の本質はシャッターチャンスと構図、そしてレンズと言うことになりますか?

やっぱり良いレンズ買わないと。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2021