風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (0)  Trackback (0)

約一世紀でここまで

 週末の土曜日、早めに宿に到着です。

IMG_2170mo.jpg

 裏磐梯剣ヶ峯からも歩いていける距離のペンション。

 6月初めにも予約していたのですが、親戚で不幸があり土壇場でにキャンセル。

IMG_2173.jpg

 その罪滅ぼしで、今回もここを予約していたのです。
 もう運転しないことに決め、食堂でビール。中瓶でした。

       IMG_2174_20160719072631981.jpg

 16時ごろでしたが、もう夕食の準備が始まっていたので、部屋に戻ります、ちょっと暗いのですが、なんと3ベッドルームです。

DSC05087.jpg

 入浴。温泉ではありません。
 部屋にもバスが付いていますが、大浴場もあるので、そちらで。

 食後にブラタモリを見なければならなかったので、早めの18時に夕食。

IMG_2175.jpg

 地酒は猪苗代の橘川、いや稲川だ。

       IMG_2176_20160719072652820.jpg

 酒肴的なアテがほとんどない、健康的なメニュー。

IMG_2179_201607190726548d8.jpgIMG_2181_20160719072655a37.jpg
IMG_2182_20160719072657266.jpgIMG_2183.jpg

 これで良いのだ。

 部屋に戻ったら、磐梯山の夕景が見事。

DSC05090.jpg

 今回の旅で、一番クリアに見えた瞬間です。

 小磐梯が水蒸気爆発した128年前には、無かった地点から眺める磐梯山と、ブラタモリ。

DSC05091.jpg

 無口そうに見えた噴火記念館のお父さん、結構しゃべっています。

DSC05092.jpg

 彼の事ではありませんが、おそらく普段陽の目を見ていない、ちょっとオタッきーなスペシャリストを、喜々として語らせているところが、この番組の面白いところなんだなと、あらためて認識しました。

 タモさんの趣味と知識の力なんですが、きっと全国の段差好きなスペシャリストが、出たくて語りたくて、うずうずしていることでしょう。
 海外編も期待できそう。

 ぐっすり眠って朝散歩。

DSC05095.jpg

 津波の被災地は、高い堤防を作ったり、嵩上げしたり、新しい道路のための地割のし直しも必要でしょう。
 一番面倒なところ。

   DSC05094.jpg

 このあたりの土地の所有権はどうしたんでしょうね。

       DSC05098_20160719072912b7d.jpg

 流れの早い川。

DSC05097.jpg

 桧原湖の水の大部分はここを通って小野川湖に流れ込みます。

DSC05100.jpg

 その先は諸橋美術館の前などを通って、猪苗代湖へ下るわけです。

     DSC05099.jpg

 地震の時は揺れが大きい、地勢かもしれませんね。

DSC05103_20160719072917d87.jpg

 また噴火記念館に来てしまいました。

     DSC05101_20160719073026071.jpg

 監視装置はやはり蔵王より進んでいます。

DSC05105_20160719073027d32.jpg

 早朝は、ボートをけん引した車が次々と桧原湖に向かっていきます。

     DSC05107_20160719073028859.jpg

 仙台に来る前から、何度も何度も走り抜けているエリアですが、よく考えてみたら、大学のゼミの合宿キャンプで、バンガローに泊まって以来、裏磐梯に宿泊するのは超久しぶりでした。

DSC05108_2016071907303079c.jpg

 さらに考えてみたら、スキーをしないせいか、冬にも来たことがないですね。

DSC05110.jpg

 ペンションオーナーの話では、桧原湖も小野川湖も、とにかく裏磐梯の湖沼はすべて冬は全面凍結なんだそうです。

DSC05111_201607190731476f5.jpg

 知りませんでした。

DSC05113mo.jpg

 建てたころには小野川湖が見渡せたという、食堂。

IMG_2184_2016071907315069d.jpg

 遠くに何とか安達太良山が見えました。ガイドブックを見ても、朝日の絶景ポイントなんだそうです。

IMG_2187_20160719073152c56.jpg

 例によって、たっぷり朝飯を食べて出発です。

     DSC05093.jpg

 今回のブラタモリで、一番驚いたのが、裏磐梯の植生は、植林によってもたらされたということ。

 会津の商家、遠藤現夢という人が私財を投げ打って成し遂げたそうです。

IMG_2189_2016071907323973e.jpg

 未曽有の大災害を受けた土地も、人が努力すれば、一代でここまでの結果が残せるのだと感じた次第です。
関連記事
テーマ : 福島県  ジャンル : 地域情報

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: