風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

ちょうどその日に、ぶら風写

 西吾妻スカイバレーを駆け上がり白布峠で再び福島県。

IMG_2149mo.jpg

 バイクチームや車もそこそこ多いのですが、混んでいるというほどではありません。

 もともと天気予報があまり良くなかったせいでしょうか、三連休なのに。

 峠はあまり眺望が良くないため、少し降りると何ヶ所か、車も停められる展望台があります。

DSC05064mo.jpg

 左上に雲間の磐梯山、中央奥が128年前に小磐梯の水蒸気噴火でできた桧原湖です。

IMG_2155_20160719052950c99.jpg

 晴れたり曇ったり、時々小雨だった今回の旅の間中、顔を出したり隠れたりが続いた磐梯山。

DSC05067_2016071905294546a.jpg

 桧原湖周辺は、ほぼずっと湖岸沿いに道路があり、一周も可能です。

DSC05076.jpg

 一周が手ごろな距離なのか、自転車も多いですね。

     DSC05073.jpg

 自然に出来た湖ですが、湖底には村落も沈んでいるそうです。

DSC05075_20160719053016047.jpg

 釣りのボートも多数でした。

     DSC05070.jpg

 湖岸でも道路の角度によって磐梯山が見える場所が何ヶ所かあります。

DSC05078_20160719053018187.jpg

 周囲はすべて山なのですが、磐梯山以外は特長に乏しいのです。

 曾原湖のところで道を逸れます。

DSC05080.jpg

 レイクウッド通りと呼ばれるらしいのですが、裏磐梯の中でも、五色沼や幹線道路からちょっと離れているせいか、落ち着きがあって、かといって人気(ひとけ)がないわけでもなく、とても好きなエリアなんです。

DSC05084_20160719053210817.jpg

 別荘やペンションが、明るい緑の中に、点在しています。

DSC05083.jpg

 まぁ本宅にしている方もいるのでしょうが、冬は大変でしょう。

IMG_2156_20160719053212cad.jpg

 桧原湖、曾原湖、小野川湖に囲まれたエリアは、水が豊富。

IMG_2157.jpg

 冷水で喉を潤します。

 なんと目の前に売りに出ている家もありますよ。

     IMG_2158_20160719053215c14.jpg

 剣ヶ峯から五色沼のそばを通り、小野川湖の南岸も走ってみましたが、奥まで行くとグランデコというスキーリゾートがあるらしいのですが、途中の道は特になにもありません。

DSC05086mo.jpg

 裏磐梯の形成には、以前から興味があり、磐梯山噴火記念館にも立ち寄りました。

DSC05104_2016071905344662e.jpg

 この日は16日だったのですが、磐梯山が噴火したのは128年前の7月15日。

IMG_2161_20160719053347319.jpg

 裏磐梯地域は瞬く間に泥流に覆われ、堰止湖が形成されていきました。

IMG_2163_20160719053351342.jpg

 もし、今これが起きたら、出動だなぁなどと考えてしまいましたが、1888年と言えば、写真術の黎明期。

IMG_2162_201607190533481c4.jpg

 多くの画像が残されているのでした。

 世界初の地震計のレプリカ(だと思う)もありました。

     IMG_2164.jpg

 チケットを買った受付のお父さん、なんとこの夜に偶然放送されたブラタモリ、磐梯山編に案内人として登場してました。

     IMG_2168_20160719053444105.jpg

 夜に復習したことは、言うまでもありません。
関連記事
テーマ : ドライブ  ジャンル : 車・バイク

Comments

こちらも、ぼっち
☆風写さんへ
白布高湯~檜原湖のコースは、バイク乗りにとっても欠かせないツーリングロードです。
私も「ブラタモリ」見てました。
五色沼の成り立ちに興味が有ったのでとても勉強になりました。
檜原湖をバイクで一周するのも楽しみの一つです・・・
そこから喜多方方面に走り抜けるのも良いですね。
独り法師
喜多方まで行ったら、山形の白川ダムに抜ける、大規模林道飯豊檜枝岐線・一の木線を走ってみてください。
良いルートですよ。
http://hoosha.blog83.fc2.com/blog-entry-2328.html
充実感で満たされること間違いなし。
面白そう
☆風写さんへ
完全舗装路ですかね?
バイクでも行けそうな感じですが・・・
LYNX☆さんへ
舗装工事中の場所があれば、そこだけ未舗装です。
TTで行けるところはバイクでも大丈夫。

初めての道をワクワクしながら走るのは、楽しいものですよ。
事前調査が必要ならば、飯豊トンネルでググって(古)みてください。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: