風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 欧羅巴追想

Comment (2)  Trackback (0)

想い撮り Omoidori

 最近ポチしてしまった、電脳グッズというか、スマホの周辺機器。

     P1010860_20160703173509f93.jpg

 このように、iPhone6を嵌めて使います。

P1010857_20160703173505bd6.jpg


 電池を2本入れて、こんな風にテント型に開くと内部に白色LED照明。

     P1010858.jpg

 上の画像で下がスマホ側、上にミラー。

 平面の画像に乗せて、そのままカメラアプリでも撮影できますが、左右が反転します。

     IMG_1996_20160703173504f62.jpg

 ドイツ駐在時代のアルバムを引っ張り出してきました。

P1010859.jpg

 上の画像を見ても判る通り、問題はLED照明の直接反射ですね。

 専用アプリをダウンロードし、インストールし、これで撮影すると、反射が消え、反転も補正されます。

 そう、iPhoneでアルバムに貼ってある写真をデジタル化するギア。

OMI_0016c.jpg

 1980年代に私が棲んでいたデュッセルドルフの、カロリンガー通りです。

 片側ずつ照明を消しながら、それぞれ2枚撮影し、反射のない部分同士を合成するのですね、賢い。

 向こうで最後に乗ってた、BMW325iです。

     OMI_0006.jpg

 日本のL版用に設計されています。

 ドイツのサービスプリントサイズは、はがきと同じ100x150㎜が標準だったので、周辺が切れたりするのですが、逆に日本のL版サイズだと周りがこんな風に写り込みます。

     OMI_0014.jpg

 撮影時にズームは効かないみたいです。
 私なら後でパソコン加工してしまいますが、一応スマホアプリでも後からトリミングできるようです。

OMI_0009cas.jpg

 ライン川と、デュッセルドルフ旧市街、アルトシュタット。

OMI_0010cas.jpg

 敢えて、ビニールポケットに入ったまま取り込んでいます。水分でねっぱってるところが判りますか。

OMI_0017cas.jpg

 これはロマンチック街道かな、ディンケルスビュール?

OMI_0002.jpg

 ローレライ。

OMI_0003cas.jpg

 遠くに巨大なドームが見える、ケルン。

OMI_0011.jpg

 トリアーあたりでしょうか。みんな近場です。

OMI_0019.jpg

 仕事中、たぶんデュイスブルグのユニバーシアードでカメラのデモ。

OMI_0012.jpg

 30年前の、クリスマスパーティ。

OMI_0007cas.jpg

 同僚の子供たちですね。今はもうみんなおばちゃんだな。

OMI_0008cas.jpg

 伊太利亜人と独逸人の同僚。

OMI_0013c.jpg

 バルーンはデュッセルドルフのメッセ。

OMI_0018cas.jpg

 これはたぶんハイデルベルグ。

OMI_0005.jpg

 写風は変わりませんね。風写の写風。

OMI_0004.jpg

 会社があるノイス、ライン河畔の夕焼けです。

OMI_0015.jpg

 iPhoneの5と6で使えるようです。
関連記事
テーマ : iPhoneアクセサリー  ジャンル : 携帯電話・PHS

Comments

風写さんへ
進化するスマホ!
すごいですね。クリア。

髪黒々、モテ男だったんですね。
kazuさんへ
そうですね。
もうスマホがない生活が考えられなくなってきてます。

電話としてはほとんど使わないんですが。

30年前にあれば、もっと面白かっただろうなぁ。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: