風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 船の旅

Comment (2)  Trackback (0)

S・A・G・A嵯峨

 さて、大高森から里浜に降りて来たのは朝8時ころ。
 奥松島縄文村歴史資料館に行こうと思ってたのですが、開館は9時。

 それで、これに乗ってみることにしました。

IMG_1564_20160515165432f8c.jpg

 しかしこっちもやはり出港は9時でした。

 しかし、松島湾の観光船と比べると、ちっさ。

IMG_1566_20160515165434159.jpg

 長閑な浜のベンチで、缶コーヒーを飲みながらのんびり。
 遊覧船の運行は5人以上が基本のようで、1時間ほどの遊覧で2000円なのですが、ひとりだと高くなっちゃうよとのこと。

IMG_1582.jpg

 9時に団体さんが来るから一緒にしなさいと、提案されました。

IMGP6871.jpg

 船長さんと話をしながら、おじいちゃんと孫二人の家族と待つこと25分、やっと大学生と思われる20人ほどのグループがわいわいガヤガヤやって来て、二艘で出港です。

IMGP6876.jpg

 曲面ガラスの映り込み、ご容赦願います。

IMGP6880.jpg

 本土と宮戸島を結ぶ、仮設橋をくぐって、太平洋へ。

IMGP6886.jpg

 船の後ろ側にデッキがあるので、そこに出て写真を撮ろうと思ってたのですが、若者たちに占領されてしまい、老人は船内から撮影です。

IMGP6890.jpg

 外海なのに、海が不思議なほど凪いでおり、小さい舟なので、手が届くほど岩々に近づくことが出来ました。

IMGP6891.jpg

 松島湾内もそうなんですが、この地域砂岩層が露出している場所が多いのですね。

IMGP6897.jpg

 波で浸食されやすい柔らかな層なんです。

IMGP6900.jpg

 うえは牡鹿半島。

IMGP6905.jpg

 砂岩の上に乗った別の岩の層が、何とか残ってる場所が、奇岩として露出しています。

IMGP6910.jpg

 これまた松島と同じく、それぞれの島には名前もついています。

IMGP6915.jpg

 そして嵯峨渓。

IMGP6916.jpg

 南北朝の騒乱の時に、都から逃げてきた後醍醐天皇の皇子、護良親王が京の嵯峨野のように美しいと語ったのが、地名の由来だそうです。

IMGP6919.jpg

 彼が隠れていたと伝えられる岩場もあります。

 確か鎌倉のどこかで、護良親王が捕らわれていた土牢跡を見学した覚えがありますね。

IMGP6920.jpg

 楽しい船長さんの解説やおやじギャグに、素直に反応する女子大生たち。
 へぇーーーー、きれーーーい、そうなんだぁ、すごーーーい。

IMGP6931mo.jpg

 賑やかです。

IMGP6921.jpg

 ウィキによると、島の東南端にある萱野崎に向かう岬は「嵯峨渓」と呼ばれている。女性的な松島湾の景観と対照的に男性的で荒々しい自然の造形美が見られる。岩手県の猊鼻渓、大分県の耶馬渓と並ぶ「日本三大渓」の1つである。遊歩百選にも選ばれている。

IMGP6926.jpg

 小さい舟なので、かなり狭い入り江にも入り込んでいきます。

IMGP6929.jpg

 松島海岸から出る中型の遊覧船では、遠くから眺めるだけでしょう。

IMGP6934.jpg

 自然が創り出した、摩訶不思議な造形。

IMGP6939.jpg

 これはみさご岩だったかな。オスプレーですね。

IMGP6940.jpg

 大津波で破壊されてしまった岩もあります。

IMGP6941.jpg

 逆に言えば、宮戸島が松島湾を守っているとも言えるわけです。

IMGP6944.jpg

 この日は静かな海。

IMGP6947.jpg

IMGP6950.jpg

 美しい崖の模様。

IMGP6952.jpg

 この崖には、まるで日本列島の地図の様な模様があり、岩手の海岸あたりには、一本松もあったそうなのですが、北日本の部分が崩れ落ちてしまったそうです。

IMGP6956.jpg

 僚船。

IMGP6958.jpg

 洞窟。

IMGP6960.jpg

 シーカヤックならくぐり抜けられる穴もあります。

IMGP6965.jpg

 遊覧船では無理。

IMGP6966.jpg

 ここでも無理。

IMGP6967.jpg

 戻ります。

IMGP6969.jpg

 若者たちも帰りは大人しくなりました。

IMGP6976.jpg

 寝ている子多数。

IMGP6978.jpg

 上はカエル岩、奥の方が石巻の街です。

IMGP6981.jpg

 予報は曇りだった日曜日ですが、好天に好転しました。

IMGP6983.jpg

 大高森展望台の東やが見えます。

IMGP6984.jpg

 侵食の様子。

IMGP6985.jpg

 一時間のクルージングを楽しみました。

IMGP6988.jpg

 若者たちは、賑やかに記念撮影。

IMG_1583.jpg

 美しいところ、悲しい風景、しっかり目に焼き付けてくれたことでしょう。
関連記事
テーマ :  ジャンル : 旅行

Comments

う~ん、懐かしい
風写さんへ

奥松島の取材で、嵯峨渓のこと、初めて知りました。
当時は、こんな船もライフジャケットもなかった。

風景は覚えているけど、乗った船のこと覚えてません。
奇岩奇勝とはよく言ったもんだ。
kazuさんへ
松島海岸の船着場から、嵯峨溪まで回れる遊覧船が出ているのは知っていましたが、今回は最近のニュース報道で知った、東松島市の遊覧船。

kazuさんの取材が、旧鳴瀬町関係の物であれば、松島町の遊覧船ではなく、野蒜から出る観光船だったはずです。
画像がある仮設橋の近くが以前の船着場でした。

私が乗った遊覧船も、松島町や塩竃市の島々は避けて、東松島市の島まわりだけを巡ります。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: