風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (12)  Trackback (0)

風景だけが売りではない

 今晩、国分町の元鍛冶丁公園で「ムーンライトパーティ」なるイベントがあり、上田正樹さんが出演するそうです。

 それから、いよいよ明日、一関から栗駒山へ駆け上がる国道がついに開通します。
 来週あたり行けたらいいな。


 小樽の飲み屋街。

     DSC00650.jpg

 ちょっと変なカブリが出ていますが、この横丁は映画「NANA」で二人のナナが歩いたそうです。

 結構賑やかそうに見えましたが、結局足は踏み入れませんでした、要は二日酔。

 北海道を代表する観光地小樽には、考えられる北の味は何でもありです。

17720009.jpg

 何が名物か、わからなくなってきます。

          DSC00576.jpg

 普通の通りにも美味しそうな看板が並んでいるのですが、改めて造られたミニ横丁のような場所も何箇所かありました。

DSC00405.jpg

 何を食べても美味しそうです。

     DSC00553.jpg

 小樽通の知り合い何人かにメールで質問したら、名前が帰ってきた店の一つに入ることにしました。

          DSC00446.jpg

 寿司屋通りの場末、JRの高架のそばにある、幸寿司。

 観光客におもねっていない佇まいには好感が持てます。

 一杯やるのに肴が欲しかったのですが、ここはストレートな鮨屋さん、刺し盛りしかありませんでした。

DSC00444.jpg

 鮨屋のカウンターで親方とサシで食べるのが苦手で、鮨は好きだけど、鮨屋は嫌いな私なんですが、やっぱり気まずく美味しいお鮨をいただきました。

 二貫ずつ出てくるのは、ブロガー向きかも知れないけど、私には撮れません。

     DSC00445.jpg

 ほとんど会話もなく、地酒もミニボトル一本だけでこの夜は終わりです。

 翌朝、ホテルの朝食には目もくれず、市場を目指して歩きます。北運河のそばに立つ可愛い市場、鱗友朝市。

DSC00486.jpg

 市民の台所です。

DSC00492.jpg

 朝市には定番の食堂、ここでは二軒のうちのひとつ、「味さき」にしました。

DSC00487.jpg

 蟹味噌汁付きの刺身定食、これはいけました。前の晩も居酒屋の方が良かったかなぁ。

DSC00489.jpg

 その後、足がパンパンになるまで散々歩きまわって、昼飯。

       DSC00654.jpg

 今度は、明らかに観光客向け宣材満載の「海月」。

 本日すしの日で、200円割引の特上寿司。

DSC00652.jpg

 美味しゅうございました、カウンターでも無かったし。

 土産物街にはメロンと並んでこんなものも売っていました。

       DSC00593.jpg

 近所のスーパーで売ってるアスパラの、倍ぐらいの太さ。安いのかな。
関連記事
テーマ : 北海道のグルメ  ジャンル : グルメ

Comments

No title
 昨晩はお疲れ様でした。

 トップの写真はある種の心霊写真ですか? @@

 小樽は観光の地でもあるのに、観光客相手
じゃない寿司屋さんがあるのに感激ですね。
感激あまって、正体が見えてますね。^^
幸寿司
好みのお寿司屋さんでなくて残念でしたね・・・
さすが小樽は寿司屋が多くて、店を選ぶのが難しいです、私も一度高いわりには今一の店に入った事が有りがっかりした事が有りました。
寿司では有りませんでしたが、五稜郭近くの居酒屋さんは良かったですよ、イカそうめんがやたら美味しかったですね。
サエモンさんへ
お疲れ様でした
あの後、VAMOSでもう一杯だけ呑んで、帰るはずが一閃閣の前を通ったおかげで、心が緩み、結局網地島ラーメンを食べてしまいました。

自画像が写り込んでいるのは、狙いです。古の名画みたいでしょう。
LYNX☆さんへ
いえいえとても美味しかったですよ。

お寿司屋さんに好みがあるのではなく、お寿司屋さんのカウンターで食べるスタイル自体が私の好みではないのです。すみませんわかりにくい書き方で。
でもせっかく小樽に来たのだから、鮨を食べたかったけど、一人で入るとカウンター席に座らざるを得ず、気まずいのです。
気まずい?
さすが小樽、どれもこれも美味しそうです。
地酒はどーだったんでしょう?

カウンター攻撃隊長に例外があったとは知りませんでした。
私はお寿司こそ、カウンターで食べたいと思うけどなあ。
ま、人それぞれですけどネ。
anegoさんへ
前の晩すすきので盛り上がったので、この夜は300ccの瓶地酒、純米生詰め一本だけ。普通でした。

まず一人で呑みに行くことが殆どない上に、気取った場所が嫌い。
育ちのせいか、デパート、有名ブティック、高級レストラン、うやうやしくお辞儀されるようなところが駄目なんです。行きたくない。

なぜか鮨屋のカウンターもそっち側に感じてしまうんでしょうか。
全く落ち着くことが出来ません。

カウンター攻撃だっていつもみんなと一緒だから出来るの。
小樽にある「自画像」?
この頃のレンブラントは心なしか、ふっくらしてますね。おいしい物でも食べたのかしら(笑)。
特上、得上でしたね。
お~寿司三昧。
私の場合、取材は別として、タクシーの運転手さんに聞き、寿司屋横町避けて、駅裏の小さな店に入りました。その時、食べた寿司の写真と値段言ったら、「信じられない!」と寿司屋の息子だった我社の社員。
築地なんか通らず、地産地消ならではのネタと値段ですね。
ユケユケチュウさんへ
ほーー
レンプラントに似ていますか
ありがとうございます
髭伸ばそうかな
それはベラスケス?
kazuさんへ
お鮨
美味しかったけどやっぱり良い店は私には高いです

塩釜や仙台でもとっても美味しい寿司が食べられるので、わざわざ小樽で鮨三昧にしなくても良かったかなと後悔気味。
そういえば
LYNXさんに聞かれた時忘れてましたけど、

小樽駅近くの「まるた」もお勧めでした。ウニ丼・ウニいくら丼が1000円前後です☆彡

http://r.tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1006171/

次回の小樽があればどうぞ。
http://ameblo.jp/zep-emi/entry-10380718017.html
zepさんへ
了解です、次回参考にします。

と言ってもプライベートで行くとなるとやっぱり道東。

仕事がらみだと、二年半後ぐらいが次のチャンスかなぁ。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019