風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (6)  Trackback (0)

朱鷺はいなかった

 胎内の海岸沿いから、聖籠町を抜けて新潟へ抜ける道路は、国道113号。
 仙台人にはおなじみの番号ですが、相馬から、角田白石、七ヶ宿から高畠、小国、関川を通り日本海にぶつかって左折、新潟まで通じる国道なんですね。

 新潟市豊栄区に入って左折、日本海東北道をくぐって南下すると、また古民家と菜の花の里がありました。

P1010614.jpg

 水の公園福島潟 水の駅ビュー福島潟です。

P1010626.jpg

 新潟なのに、福島潟。
 美しい水辺の公園です。

     P1010617_20160504140152238.jpg

 立派な展望塔もあって、宮城で言えば、ちょうど伊豆沼・内沼・長沼のような雰囲気でしょうか。

P1010618_201605041401539a8.jpg

 これは何の花だろう。

P1010621_20160504140155d80.jpg

 昼時でしたが、食事処は無いようでした。

P1010624.jpg

 新潟市民が弁当を持ってくるところなのかな。

P1010625_20160504140238415.jpg

 潟想いポスト。

     P1010627_2016050414023932a.jpg

 サイクリストも多いようです。

P1010628.jpg

 豊栄のショッピングセンターで昼飯。とよさかと読みます。変わった読みです。

IMG_1373_201605041402354f3.jpg

 以前、サエモン会の満腹旅で、初めて食べた、みかづきのイタリアンです。

 二度目の今回は、スペシャルチーズハンバーグイタリアン、500円+アイスコーヒー160円。

IMG_1374.jpg

 ウィキによると、新潟県中越地方・下越地方独自のファーストフード・ジャンクフードの一種である麺料理。カフェテリア型のチェーン店で販売されている。

     IMG_1376.jpg

 実態は、名前から想像されるスパゲティの類や、具にもやしやキャベツを用いた焼きそば・焼きうどんの類ではなく「洋風ソースかけ焼きそば」と表現すべきものである。

 豊栄から県道3号で西へ。阿賀野川を渡って県道4号へ右折して、海岸方面へ。

P1010630_201605041403575ee.jpg

 道は左にカーブして、新潟みなとトンネル。信濃川の河口をくぐります。

P1010632_201605041403594ca.jpg

 新潟市歴史博物館みなとぴあに到着です。こちらは、旧第四銀行住吉町支店。

P1010637.jpg

 前回は急ぎ足だったので、少し見学します。

     P1010633_201605041404004db.jpg

 こちらが、歴史館の本館。

P1010654_201605041404486b5.jpg

 こちらにブラタモリより先に来たかったりして。

P1010638.jpg

 ビデオ上映でも、じっくり説明してくれるのですが、新潟は、今の街ができる前は、もちろん潟でした。
 その前は、海。

P1010647_20160504140544aea.jpg

 ふたつの大河、信濃川と阿賀野川が永い時間をかけて、信州や會津から運んできた砂が堆積してできた土地なんですね。

 北上川と阿武隈川が形成した仙台湾と似ています。

 のちに洪水を防ぐために、信濃川と阿賀野川に、放水路が掘られたのも北上川同様。

P1010640.jpg

 大量の水に分けられて、離れて別々に発展した三つの地域が、治水によって徐々に結びついて、大都市になって行った歴史を学べます。

 水の都だった古町。

P1010641_20160504140445158.jpg

 最初の萬代橋。

P1010643.jpg

 楽しい博物館でした。

P1010651_20160504140547555.jpg

 旧新潟税関。

P1010650_20160504140546562.jpg

 半島が平和になり、中韓との関係が改善されたら、新潟の重要度が復活するんでしょうね。

 対岸の朱鷺メッセ。

P1010653_20160504140549d16.jpg

 佐渡フェリーと、信濃川遊覧船。

P1010655_2016050414055025b.jpg

 引退したら、佐渡にも行ってみたいですね。
 フェリー代と向こうでのレンタカー代、どっちがお得なんだろう。

 新潟古町に着きました。



 今回のお宿は、イタリア軒。

     IMG_1379_201605041406528fd.jpg

 いろんなところで名前を聞くので、泊まってみることにしたのでした。

P1010657_20160504140658943.jpg

 たまに良いホテルに泊まると、身が引き締まります。      痩せないけど。

 3年前に十日町からの帰りに、新潟に立ち寄ったとき、友人の誘いで寄った店に、もう一度入りたくて、電話してみたら、カウンター席が一つだけ空いてました。

     IMG_1380.jpg

 可愛い女将さんの画像は、店のHPから。

  DSCF3253.jpg

 ネットの書き込みでは、年齢不詳とありますが、確かに。

     IMG_1382_20160504140655d69.jpg

 いぎなり四種盛りが出て来るのは前回と同じ。

IMG_1383_2016050414071979f.jpg

 美味そうな品書きの数々。

     IMG_1385.jpg

 ベテランと若手、二人の板さんがずっと忙しそうに働いていました。

 一杯目は魚沼の天神囃子だったかなぁ。

     IMG_1387.jpg

 友人のおススメ、サクラマス焼き。

IMG_1389.jpg

 新潟の春の味なんだそうです。

 二本目は、桜色だけど、緑川。

     IMG_1390_201605041407239c3.jpg

 〆アジ。

IMG_1392.jpg

 きのこのっぺ。

     IMG_1393.jpg

 混んで来たので、中締めです。

 アルビレックス色のローソン。

IMG_1395_20160504140821080.jpg

 確か山形にもモンテディオカラーのコンビニがあったと思うけど、仙台にはありませんね。

     IMG_1396.jpg

 満腹にはなっていなかったので、蕎麦屋を探します。

IMG_1397_20160504140824d64.jpg

 ありました。8時の閉店直前。

IMG_1407.jpg

 三本目は朝日山。

     IMG_1401.jpg

 あてにサイコーの、そば焼きみそ。

IMG_1402_201605041409290d2.jpg

 せいろ。

IMG_1404_20160504140931eeb.jpg

 きりっと冷えた細目のニ八蕎麦でした。

     IMG_1406.jpg
関連記事
テーマ : おいしい店紹介  ジャンル : グルメ

Comments

新しい潟ねえ
風写さんへ
新潟の名の由来、勉強になりました。

冷酒3本の後も、しっかりレポ。
これだけのブログアップするのにどのくらいかかるのですか?

追伸
わがコンデジにもパノラマ機能ありました。まだ設定うまくいかないけど、再挑戦します。
kazuさんへ
冷酒3本呑んだ後に書いているわけはありませんから。
その日はバタンQ。
画像があるから、何を食べたか思い出せるワタシです。

旅レポを書くときは
①まず気合を入れて画像を選びます。
②画像の並べ方は、動画編集の手法。場所の説明、引きと寄り、右からと左からを出来るだけ交互にが基本。静止画だと縦構図もあるので、縦が続かないように考えてます。斜めの絵も同じ向きを続けない。
③FC2は予約投稿や下書き機能があるので、まずは非公開で画像のみを投稿画面に並べます。
④その後キャプションを入れていきます。

①、②+③、④を別々のタイミングでやる時も多いですね。
文章は、その時点でネット検索して知ったかぶりすることも多く、あとからでもできるので、画像の選択(ブログに使うものだけ小さくリサイズしておく)は、撮ったときの記憶があるうち、できるだけ早めにまとめてやります。

パノラマ撮影機能は、右パンと左パン、ひょっとしたら縦パンもあるかもしれませんが、設定項目はそれほどないはず。
始めたい構図でシャッターを押し、そのままパン、停めたい位置でシャッターを離す、だけです。
早々レス、ありがとうございます
風写さんへ

う~ん、やはり熟考してアップしているんですね。
参考になりました。
kazuさんへ
旅レポだけの話ですよ。
書くことで、旅をもう一度味わ合う感じです。
鱒は
今年は食べることができませんでした。
おおさんへ
今回は情報色々ありがとうございました。

来年は佐渡に行ってみたいので、その前後にまた立ち寄りたいと思っています。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: