風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (8)  Trackback (0)

線路は唄うよいつまでも

 港町、特に大型船が出入りする古くからの港街は、坂が多い街ですね。

 神戸や、長崎、函館、横浜。バルセロナやリスボン、サンフランシスコもそうでした。

   DSC00550.jpg

 大型船が接岸する海岸は、海が深くなければならず、そんな地形は山から急に海へ標高が下がる場所しかありませんから。

 小樽もそんな街で、歩く観光客を坂道が暖かく迎えてくれます。

            DSC00616.jpg

 現在のJR函館本線はそんな街の平らな場所を避け、山手の中腹を走っているのですが、街なかの坂道を降りて行くと、平らになるかならないかの辺りでレールと交差するんです。

  DSC00554.jpg

 アスファルトで埋められているので、歩いている人には使われていないことはわかりますが、踏切の遺構も残されていたりするので、ドライバーには危険。

 一旦停止不要の看板がある場所もあるそうです。 

DSC00546.jpg

 立ち入り禁止の部分もあるのですが、単なる空地になっている場所にも、レールはちゃんと残っています。

DSC00545.jpg

 これは明治13年ですから、西南戦争の直後、京浜や阪神に続いて国内で三番目、北海道で最初に汽車が走った官営幌内鉄道の一部、のちの手宮線の線路なんです。

DSC00455.jpg

 当時の開拓使、黒田清隆が幌内の石炭を小樽に運ぶ目的で作った鉄道ですね。
 幌内、岩見沢、札幌、小樽のルート。
 現在は岩見沢から南小樽までが函館本線の一部となっていますが、両端は廃止されています。

DSC00457.jpg

 南小樽から手宮(旧小樽)まで一駅分だけの路線が廃止された後も、こうして市民の散歩道として残されているのでした。

DSC00664.jpg

 京浜や阪神の鉄道は英国式だったのに対し、幌内鉄道はアメリカ式だったそうです。
 ここに初めてアメリカ式の蒸気機関車を走らせた鉄道マンの子孫たちが、今新幹線をアメリカに売り込んでいるわけですね。

DSC00662.jpg

 坂の多い街には公園も少なく、貴重な緑道にもなっていますね、長閑です。

DSC00657.jpg

 100年前には、ここを石炭を満載した貨物列車が、がたんがたんと走っていたわけです。

DSC00659.jpg

 人気の観光スポットや土産物街と違って、街の人と旅人が同じ空気を吸って、ゆったりと等しい時間を過ごせる貴重な場所です。

DSC00656.jpg

 そしてこのどこまでもどこまでも続いている線路をたどって歩いていくと、野や山や谷は越えませんが、

DSC00516.jpg

またまたレンガ造り。

 これがすごい。

       DSC00518.jpg

 たぶん生まれて初めて見る、本物の転車台、ターンテーブルです。

DSC00501.jpg

 現役。

 鉄ちゃんじゃなくても興奮しますね。

       DSC00503.jpg

 電気やディーゼル機関車にはどちら向きでも運転しやすいものもありますが、蒸気機関車や除雪車には方向性があり、線路上で向きを変えるためのポイントです。

DSC00507.jpg

 国の重文ですよこの機関車庫。SLも置いてありますね、これが国産弐号機、1895年製の「大勝号」小樽産です。

       DSC00504.jpg

 こちらは今でも動く、1909年製、アメリカ産の「アイアンホース号」鉄馬ですね。
 
DSC00514.jpg

 走行準備中でした。

       DSC00512.jpg

 ここ、旧手宮線の終点手宮駅周辺は、小樽市総合博物館として展示公開されているのでした。

DSC00537.jpg

 広い敷地に、多くの機関車、貨車、客車が展示されています。実に無造作に、異常な数が。

DSC00539.jpg

 全部、乗れるんです。

DSC00499.jpg

 屋外だけでなく、屋内展示もあります。

 幌内鉄道が開業した5年後に実際に走っていた「しずか号」

DSC00497.jpg

 実に美しい車体です。

 最初に走ったのは同じ7100系の「義経号」「弁慶号」だったらしいのですが、名前もその流れですね。「光圀号」というのもあったとか。

DSC00520.jpg

 館内には、幌内鉄道建設の歴史を見せるジオラマなんかもあって、実に楽しいのですが、ちょっと金をかけすぎかもと感じるのは事業仕分け中継の見過ぎでしょうか。

DSC00522.jpg

 石炭はこんな風に運搬船を鉄橋に横付けして積み替えたようです。

DSC00523.jpg

 転車台の模型、子供の頃から博物館で動く模型の前のボタンを押すのが大好きだったのですが、この子に独占され押させてもらうことは出来ませんでした。

DSC00526.jpg

 時間があれば本物のSLの走行や転回を間近で見ることが出来ます。
関連記事
テーマ : 北海道  ジャンル : 旅行

Comments

まだ!
ここには行った事が有りません。
こんなに広い所とは、知りませんでした・ちょっと軽く見てました(悔)
次回は・・・・
鉄子じゃないけど
ココは凄いですね。鉄子じゃないけどコーフンします。
クラシカルな車体、美しい・・♪しかも現役とは!

事業仕分けは、ヘタなバラエティーより面白いと思う。
坂の街
北の大地の澄んだ空気が感じられる北海道編、毎日楽しく読んでいます。
それにしても、よっく歩く方だなぁと感心していました。
「歩く観光客を坂道が暖かく迎えてくれます」実感がこもってて、思わず吹き出してしまいました。
こんなに歩いたら、足、パンパンですね。
懐かしい鉄道、北海道の動脈・静脈?
行きましたか・・・かつての北のウオール街(旧日銀、日本郵船に片鱗見られるけど・・・)。
転車台動かすの、見ました。もう18年も前のこと。
そういえば、たしかこの近くの「柏寿司」、まだやってるかなあ。八角、生ホッキ・・・家が漁師で、そのまま店に持ってくる。ネタがドーン。感動しましたね。小樽特集・北海道特集で、二度取材させてもらいました。役得。
LYNX☆さんへ
広いですよ
あすと長町ほどではありませんが

明日からでも是非
anegoさんへ
昔の機械はその優れた機能がストレートにデザインに反映されているのでしょうか、デザイン以前なのかも知れないけど、美しいですよね。

今の製品はデザイン優先だから駄目なんでしょうね、デザイン優先じゃないデザインでも結局先にデザインしちゃうし。

事業仕分けのネット配信。
テレビの視聴率にも影響しているんだろうな。
ユケユケチュウさんへ
ありがとうございます

車で行く場合は運転するエネルギーを残すのですが、そうでは無かったので目一杯歩きました。

ラーメン3杯分は消費したはずです。
kazuさんへ
私もここまでかと思いましたが、とにかく東北にはあまりないタイプの賑やかな観光地でした。
元々北海道は札幌でも呼び込みが多いのですが小樽も同様。
札幌よりは修学旅行生は少ないけどその分中国人観光客が目立ちました。
もう少ししっとりしているところを想像していたんですが。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019