風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (8)  Trackback (0)

さくら回廊だよ

 土曜日、仙台市営バスで出かけます。
 先月やっとSUICAに対応するようになりました。一応地元のカードはicusca

 観察していると、結構使ってる人多いです。老人カードはどうなるんだろう。

     IMG_1128_20160410104637250.jpg

 バスカードが使えるのは10月まで、その後残金は払い戻しできるようです。

 仙台駅からSUICAでJR東北線に乗るのですが、よりによって、阿武隈急行に乗り入れる編成。槻木では25分待ちで乗り換えだと。

IMG_1129.jpg

 目的地に行くには、東船岡から歩けそうに見えたので、調べたのですが、阿武急の駅ではSUICAが使えません。
 やむなく槻木で降りて時間調整。

 駅前のセクシーな銅像は、仙台城天守台に建つ、政宗像と同じ、小室達氏の作品だそうです。

     IMG_1131_20160410104639404.jpg

 説明書きがあるのですが、天主台になってる。

     IMG_1132_201604101548488f3.jpg

 白石行きに乗り換えて、船岡駅へひと駅。

 すでに桜並木が見えています。

IMG_1133_20160410104641107.jpg

 改札口に向かう人たち。

IMG_1134_201604101046435a2.jpg

 結構な人ですが、仙台からの便が一時間に二本だけですから、大したことはありません。

DSC04886.jpg

 大河原方面は混むので、あまり人が行かない槻木方向に戻ります。

     DSC04885.jpg

 桜以外に、水仙、山吹、菜の花、レンギョウと、黄色い花々。

DSC04890_20160410104851331.jpg

 染井吉野のトンネルです。

     DSC04893.jpg

 白石川の対岸にも。

DSC04892.jpg

 どっちがどっちだかよく分からないのですが、山吹の花は五弁、レンギョウは四弁だそうです。

DSC04897.jpg

 この枝ぶりが素晴らしいのです。

DSC04901_20160410105034858.jpg

 花もふわふわもこもこ。

DSC04884_201604101050310ad.jpg

 この日の機材は、フルサイズのSONY α7+24-240mmズームです。

DSC04902_20160410105035dce.jpg

 そしてこれが見てみたかった桜。

DSC04905_20160410105037d2a.jpg

 太さ日本一の染井吉野だそうなんです。

     DSC04908.jpg

 逆側から。

DSC04907.jpg

 確かに見事な巨木ですね。

DSC04915.jpg

 ここの桜はとにかく太い、でかい。

DSC04909.jpg

 きりがないので戻ります。

DSC04912.jpg

 対岸から見るには逆光。午後は混むので、引退してから平日に。

     DSC04920.jpg

 アッと驚く、

DSC04921.jpg

 楽天茂木は、栄五郎。

 こちら側は宴会客が皆無なので、子連れ向きかも。

DSC04925.jpg

 まさに散り始めで、子供たちが楽しそうに花を拾ってました。

DSC04918.jpg

 植林後80年だそうで、そろそろ支えが必要な樹も。

     DSC04927.jpg

 ここ数年がベストコンディションなのかもしれません。

DSC04923.jpg

 久しぶりにずいぶん歩きます。

     DSC04934.jpg

 足親指の付け根、ちょっと疼いたり、膝ががくがくしたり。こっちも杖が必要か。

 還暦相応か。 

DSC04929.jpg

 桜見物は、花を見下ろせる場所が、好きです。

DSC04935_2016041010525904c.jpg

 船岡駅から大河原方向になると、東北線の線路と平行、反対側には撮り鉄が陣取ります。

DSC04932.jpg

 こっち側の花見散歩客も、電車が来れば、ついシャッターを。

     DSC04938.jpg

 カメラが無い人は手を振ります。

DSC04939.jpg

 そう、電車はここで徐行運転するんです。

     DSC04941.jpg

 嬉しい時間がゆっくり流れていました。
関連記事
テーマ : 桜の名所  ジャンル : 地域情報

Comments

桜を満喫
☆風写さんへ
だいぶ歩きましたね・・いつもバイクか車で花見に行ってるので、鉄道は考えてもみませんでしたが、これも良いですね!
どの写真も楽しませてもらいました・・・
土手の桜は水を求めて垂れるのではない
風写さんへ
みごとな桜レポ。堪能しました。

懐かしフレーズのタメゴローもおまけ。

実は最近まで、川沿いや池の端に咲く桜は、水を求めて枝を伸ばすものだ、と思い込んでいました。

調べたら、そんな性質はなく、障害物のない光が当たる方へ伸びるんですね。
風写さんの写真で、土手の両側に伸びる桜を見て納得しました。

「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」ということわざを鵜呑みしてました。
桜だって樹勢を損ねる枝は剪定が必要です。
ただ桜は切ったり折れたりすると、傷みやすいので、事後処理が必要だそうです。

先日、大阪城を訪れた中国人観光客が、ばきばき枝を折っていたというネットニュースを見て、マナーの悪さに驚きました。「金は落としても枝は落とすな!」
あいしゅ
ご来店ありがとうございました
何のおもてな酒もできずスマンでした

プロのカメラマンが撮ると見慣れた風景も新鮮に映ります

国際交流までしていただき来年はあちらのお国からも観光客が大勢来てくれるでしょう
LYNX☆さんへ
30分ですから鉄道の旅と言うほどではないのですが、酒呑みは普通、車ではいけません。たぶん4回目ぐらいだと思いますが、毎回電車です。

来年からは堂々平日に行けるので、車で早朝や夜桜を撮りに行けそうです。
kazuさんへ
そうですね。
桜も車や自転車が走る道路際だと、枝が切られて不安定な形になります。
ケヤキもそうですね。
甲州街道や定禅寺通にある上に高く伸びたケヤキの形は、矯正されたものですね。
自然にしておけば、もっとふくよかに育つはず。

この木何の木みたいな桜見てみたいって書いてたら、滝桜がそうでした。
あいしゅさんへ
いえいえ、こちらこそ大サービスの差し入れ、ありがとうございます。

ネパールの青年は、何度も来ているようでしたよ。

来年は、平日に撮影に行けるはずなので、夜桜でも撮って江戸廣鮨に行きたいと思います。そう言えば駅前にホテルもありましたね、一泊で夜桜と早朝だ。
京都 円山公園の桜も
風写さんへ。

滝桜で思い出したのですが、三春張り子の取材で訪れたことがあります。
可愛い人形です。躍動感のある踊り子を購入、今、ネットで調べたら4860円。う~ん。
その時、滝桜の話は出なかったな。

京都・円山公園の枝垂れ桜もみごとですね。(行ったことないけど)


桜上水、高架中央高速道脇のケヤキ並木も、脇を剪定され、ひたすら上に伸びてます。
新緑時期は心を癒してくれますが、枯葉は近隣住民の大迷惑。
「どうしたもんじゃろうのう」


kazuさんへ
三春、良い名前です。
梅と桃と桜が同時に咲くからとか。

枝垂桜は滝桜のように、1000年の寿命とされる古木もありますが、染井吉野はせいぜい60-80年が限界とされ、弘前城にある推定120年の樹が最長老とされているそうです。
ただし成長は早いようですね。
http://www.hirosakipark.or.jp/hirosakipark/famous.html
一目千本桜もここからが勝負ですね。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: