風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (12)  Trackback (0)

最初は、どさん子

 高校に入ったぐらいだから、たぶん40年ぐらい前、東京にいきなり札幌ラーメンチェーンが登場しました。

 たぶん「どさん子」だったと思うのですが、他にもどさん娘やら、どさん子大将やらもあり、どれが元祖だったのか、今ではよくわかりません。
 数年で一大チェーンとなりどこでも食べられるようになったのでした。

 味噌ラーメンも初めてだったし、鶏ベースでガツンと来る味、太い麺にバターやコーン、カウンターのニンニク。カルチャーショックと言うのはこういう事だと感じたものです。

    DSC00293.jpg

 それで先週、札幌に行ったので、まずは昼に駅前ESTAビルにある、札幌らーめん共和国

CA3A0001mc.jpg

 仙台にあった、ラーメン国技場を彷彿とさせるフロアです。

CA3A0002_20100523090344.jpg

 道内から集結したラーメン店が八軒。

 客層は札幌駅に到着したビジネスマンと、道産子修学旅行生がメインです。

          CA3A0003_20100523090344.jpg

 場内には何故か万国旗。

 私は「大心」が美味そうだと主張したのですが、押しの強い道連れがカップラーメンで見たことがあるとか言うわけの分からない理由で「けやき」へ。

CA3A0007m.jpg

 どこも満員でしばし待たされますが、店のおねぇさんがメニューを見せてくれていろいろ説明してくれるので、飽きることはありません。

          CA3A0006_20100523090344.jpg

 この後人に会うのにうっかりネギラーメンを注文してしまいました。無料ライス付き。

CA3A0008_20100523090444.jpg

 味噌と言わなくても味噌ラーメン。

   CA3A0010_20100523090444.jpg

 食いきれませんでした、無料ライス。

 時は過ぎて、夜は当然、すすきのへ。

          DSC00292.jpg

 この時期が旬なのかよく知らないのですが、いきなり毛ガニと蟹味噌です。まァ喧しい人ばかりだからね。

DSC00284.jpg

 でもよくしゃべる人は、やっぱり一般的には蟹には手をつけないんだそうです。

 定番の刺し盛り、みんな美味しくて、これだけでもう私は十分。

DSC00285.jpg

 参考までにお店は「ほっ貝亭」。飲み放題の冷酒、三種類のうち一つが、一ノ蔵なのには嬉しいやら悲しいやら。

 二次会でまた、しこたま呑んで〆のはずが、業界の大先輩に拉致されては、追いていくしかありません。

          DSC00301.jpg

 先輩がとっとと上って行った階段の先は「すみれ」。
 仙台にもある「純連」の、関連筋なんですが、これもどっちが元祖なんだかとてもわかりにくいのでした。

  ※追記:すみれと純連の系譜がさすがサエモンさんの旧ブログにありました。こちらです、御覧下さい。

 ここも深夜0:33に順番待ちなんですけど、食券機制なので、待ちながらこのきれいなおねェさんに切符を渡します。

DSC00304m.jpg

 これを食べに札幌に来たような、先輩が注文した味噌。

DSC00309.jpg

 私のしょうゆ。

 味噌の方がわりと普通に仙台でも食べられるんだけど、札幌風のしょうゆはあまり無いような気がして。

DSC00305.jpg

 こまいことは覚えていませんが、旨かったです。

DSC00306.jpg

 麺が黄色いのは、玉子麺だからなんですかね。

       DSC00331.jpg

 そして翌日の昼、大通公園のほうの店に行って見ました。西のほうにある「千寿」。

DSC00336.jpg

 ほとんど常連風の人しか入りそうもない庶民的な地下にあるお店です。相席で満席、待ってる人も。

DSC00334.jpg

 胃がアレだったので、またしょうゆ、意味不明。札幌のメンマはどこも細切りです。

DSC00335.jpg

 前の二軒よりかはストレートな麺。

 これも美味しかったです。

 ぜんぜん説明になっていなくてすみません。
関連記事
テーマ : ラーメン  ジャンル : グルメ

Comments

お帰りなさい!
刺身が美味そう!
結局、ラーメン試食の出張だったのですね(笑)
体重計が怖くありません?
札幌ラーメンのスタートは、寒さに対抗すべく、背脂ギトギト、バター、コーン系になったと聞いてます。
こんなに暖かくなったのに、もうそんな必要はねえだろ~とのたまうのは、自分が高齢者入り、マジか!のせいでしょうか。
LYNX☆さんへ
ただいま
ラーメンだけでは、もちろんありません。
仕事もしたし。
明日以降をお楽しみに。
kazuさんへ
そうですね
体重計は怖いので、あまり乗りません。

麺類は基本的に南から北へ行くほど、おやつから主食に変わっていくような気がします。
真剣勝負
(仕事でもプライベートでも)旅に出ると、その地で何を食べるか、真剣に悩みますよね。食べたい物は山のようにあるけど、1日3食しか食べられないし、滞在期間は限られているし。予定をたてて、お店HPで場所・メニューの確認をして準備万端にしていても、宴会・タイトな日程などで体調をくずし、泣く泣く断念する事もあるし。
そんな訳で、札幌短期滞在でラーメン3食クリアした風写さんに、頑張ったで賞を差し上げたいと思います。
表彰されてるよ!
ラーメン三回食べて、賞をもらえるなんて!
なん中華、面白いです(笑)
札幌味噌ラーメン
 おはようございます。

 そうそう、私も初めて味噌ラーメンと巡り
会ったのは、高校の時。確か、ひばりヶ丘
駅の近くのカムイだかコタンだかというお店
でした。大きな擂り鉢に濃厚なスープと太い麺。
山盛りのモヤシとコーンに感激したものです。

 すみれに関しては、こちらに分派の過程を
整理していますので、ご参照下さい。
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/blog-entry-475.html

 あの麺の異常な黄色は卵じゃないでしょうね。
食後のトイレでビタミン剤飲んだ後のように
ギョッとしますから、水溶性の食添色素でしょう。
おなかいっぱい(^_^.)
おつかれさまです♪
拝見し終わって、「ふぅ」と一息ついてしまいました。ごちそうさまでしたm(_ _)m
ユケユケチュウさんへ
ありがとうございます。

私はグルメではないので、食でそんなに真剣に悩むことはありません。今回も自分で選んだのは、一人で行った最後の店だけですが、それもガイドブックに載っていた一番近い店でした。

ちょうど24時間で三食、間は10時間以上開いてますのでなんてことはありません。

今週中に小樽編も載せますのでお楽しみに。
LYNX☆さんへ
ありがとうございます

LYNX☆さんには初めての札幌ラーメンの思い出はありませんか?
サエモンさんへ
そうなんです
味噌ラーメンは完全な異種の麺類ということで、不思議で美味しいだけだったのですが、塩と醤油、特に醤油独特の苦味が大人の味だと感じました。

あとは太くて固めの麺ですね。
今は何でもありですが、当時は驚きました。

系譜のリンクありがとうございます。
早速追記させていただきました。
ぱんだ(親)さんへ
どういたしまして
三食ラーメン食うつもりは無かったのですが、深夜に二食目をいった時点で、ブロガー的にはもう引くわけにはいかなくなっちまいました。

二食目と三食目の間に、静かなホテルの和食処で、朝定食をいただいていますが、グルメブロガーさん達と異なり、これは普通なのでした。

しかし食いもんネタがやっぱり一番盛り上がります、共通の話題だもんね。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: