風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (0)  Trackback (0)

海沿いじゃない方が良いのかも

 ほっそーい月が西の空に光ってた、昨日の帰り径。
 Radio倶楽部で安田さんがスターマンをEPでかけてくれました。

 泣きながら車を運転して帰宅しました。



 水戸から国道6号を北上。
 東海村を過ぎて、大甕で海沿いの国道245号へ。
 チェルノブイリの時は西ドイツに住んでいましたが、東海村の事故の時は水戸の居酒屋でした。

IMG_0458.jpg

 日立駅近くのホテルに到着です。
 日立市の中心部に来たのは初めて。

 流石にホテルのエレベータはHITACHIでした。

     PC310044.jpg
 街なかのホテルの場合、普通は夕食無しで予約して、盛り場散歩するのですが、以前大晦日の八戸で、空いてるのはチェーン店だけだったことがあり、それに懲りて、今回は居酒屋夕飯付きプラン。

IMG_0479_201601091751433c7.jpg

 数分歩いた、居酒屋のカウンターへ。

     IMG_0463_20160109175140773.jpg

 綺麗なお店でした。

IMG_0462_20160109175139bd3.jpg

 メニューのバリエーションも豊富。カウンターもあっという間にいっぱいに。

IMG_0464.jpg

 基本は刺身定食+ワンドリンクが宿代に含まれるのです。大館に行った時と似たシステム。

 宿泊費が実費精算の出張旅費システムの会社だったら、こんなシステム大歓迎ですね。

IMG_0470_20160109175247ea0.jpg

 どの地酒でもOKとのことだったので、〆張鶴。

     IMG_0466_20160109175246b6e.jpg

 自前で追加の、メヒカリのから揚げ。

IMG_0471_201601091752491fc.jpg

 日本酒も全国からいろいろあるのですが、

IMG_0474.jpg

 目についたのが正面に置いてあった地酒。

IMG_0473_20160109175359d2a.jpg

 富久心です。これは二本目なので、自前。ちなみにどちらも良く冷えてました。

     IMG_0472_20160109175357fec.jpg

 突き出しと刺身、メヒカリで二合呑んで、めし。

 おかずにメンチカツを追加しました。私の2015年最後の晩餐です。

IMG_0475_20160109175400ab6.jpg

 温泉宿に泊まるよりは、ずっと適量ですね。

IMG_0480_20160109175402295.jpg

 ホテルへぶらぶら戻ります。

IMG_0481_20160109175403549.jpg

 富久心が美味しかったので、通りがかりの酒屋で、四合瓶を二本お買い上げ。

 部屋に戻ったら紅白が始まっていました。

IMG_0484.jpg

 まずは大浴場。炭酸泉と言う事でした。
 慣れてそうな中年オヤジが多く、HITACHI関係の出張者が年末年始も仕事しているのかも。

 部屋に戻り、広いベッドの上で、缶チューハイを呑みながら、紅白を見たり、他のチャンネルに替えたり、少し眠ってしまったり。

 ふと気が付いたら、あさが来たのテーマをやってます。
 冒頭のソロのところは、この子が歌ってるんだ。

IMG_0487_201601091755011cc.jpg

 AKBじゃないのね。

 例年通り、年が変わる前に眠ってました。

 除夜の鐘とか、鳴ってたのかな。

 年が明け、未明に風呂に入り、朝を待ちます。

DSC04832_20160109175455f98.jpg

 車で海岸まで走ることも考えたのですが、今回の部屋は、ホテルに頼んで、初日の出が見える高層階と言っても7階にしてもらった経緯があり、部屋で頑張ります。

 昨年同様、iPhoneの星座早見アプリで、太陽が出て来る方向をチェック。

P1010046_20160109175745a76.jpg

 駅前のビルが気になりますが、フロントのお嬢さんの「きっと見えますよ」を信じます。

DSC04836_20160109175740a1b.jpg

 ホテルの窓は全開してくれないのですが、見上げると月と木星。

DSC04841.jpg

 6:36、いよいよです。

P1010050_20160109175746ca5.jpg

 もちろん見えないけど、冥王星と水星が同じ方向なんですね。

 テレビでも生中継してました。

IMG_0492_20160109175743286.jpg

 どうもこの辺からのようです。

DSC04843_201601091758347ff.jpg

 水平線からは、駄目でした。

DSC04848_20160109175835d01.jpg

 来ました。

DSC04849.jpg

 雲の上からです。

DSC04851_20160109175838885.jpg

 富士山上空もほぼ同じタイミングか。

P1010056_20160109175840024.jpg

 世界中の争いが無くなりますように。

DSC04853_201601091802467fc.jpg

 子供たちの笑顔に包まれますように。

DSC04855_2016010918024815a.jpg

 窓が合わせガラスで、おかしなフレアラインが入りますね。

DSC04859.jpg

 やっぱり海沿いに行くべきだったかな。

DSC04861.jpg

 また来年の課題と言う事で。

DSC04863.jpg

 実はいろいろ調べてたら、日立駅のコンコースと言うか、構内に太平洋を見渡せる展望室があるらしいのです。

DSC04869.jpg

 そこが混まなければ案外ベストなのかも。

     DSC04871.jpg

 今年の初食事は、ホテルのバイキングです。

IMG_0498_20160109180334e56.jpg

 ニューイヤー駅伝のスタートを確認して出発しました。
関連記事
テーマ : 朝日・朝焼け・その他  ジャンル : 写真

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: