風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

郵便番号310

 デイヴィッド・ボウイが逝ってしまいました。
 高校生の頃から大好きなミュージシャンでした。1973年の新宿厚生年金ホールの初来日コンサートにも行っています。
 そのうちパンフレットを発掘しますね。

 夕べの仙台は、記録的な遅さの初積雪でした。

IMG_0572_20160112063234091.jpg



 国道50号を笠間からさらに東へ進むと、水戸です。まだ大晦日。



 1999年の5月から、2000年12月まで一年半だけ、水戸に棲んで常陸大宮の会社に車で通っていました。
 15年ぶりでしたが、宇都宮と同じく、郊外のみ発展している感じです。

IMG_0454_20160109172539000.jpg

 見川と言う地区に住んでいたのですが、ここが借りていた家への入り口だったような気がします。

IMG_0455_20160109172921f0c.jpg

 同じ見川には、あの偕楽園があります。

DSC04780_20160109172535e38.jpg

 JR常磐線をまたいだ反対側の駐車場にジムニーを停めて、入園しようとしたら、一本の白梅が咲いているではありませんか。

     IMG_0457_2016010917254108a.jpg

 確かに全国で、梅開花のニュースが相次いでいたために、寄り道することにしたわけですが、びっくりポンです。

 階段を上って、梅園へ。

DSC04785.jpg

 全く咲いてません。

 これが全部咲いたらホントに見事なんですよ。

DSC04789.jpg

 発見、一本だけ、紅梅が数輪。

DSC04788_201601091725386a0.jpg

 もう一本、展望所から見下ろす方向に。

DSC04792.jpg

 どうもこれが全てのようでした。

 千波湖を眺めます。
 県庁所在地の中心に湖があるのは、松江と水戸、大津もそうか?

 夏には湖畔で花火大会、駅の方からだと湖越しになりますが、わが家から歩いて行ける芝生の公園も大迫力でした。

DSC04791.jpg

 結局最初に見た白梅が一番だったようなので、戻ってもう少し撮影。

     DSC04800_2016010917291642d.jpg

 暮れ、大晦日ですが、梅の花を見たのは初めてでしょう。

DSC04795_20160109172619334.jpg

 河岸段丘にある偕楽園の麓なので、上の梅園よりも風が弱く、気候が温暖なのかもしれません。

DSC04797.jpg

 懐かしの偕楽園を後にします。

DSC04803.jpg

 ちなみにおススメの初偕楽園での梅見は、私のように常磐線・千波湖側からではなく、北の町側から入るコースです。

 スーパーひたち、何度これで上野へ往復したことか。
 当時は仙台にも一往復だけしたかも。

DSC04804.jpg

 少し移動して、千波湖畔。
 大晦日でしたが暖かかったせいか、驚くほどの人出。

DSC04806_20160109172920a50.jpg

 SLもあります。

DSC04805_2016010917294291c.jpg

 この季節には白鳥。

DSC04815.jpg

 仙台同様、海にも近いため、カモメだかウミネコだかもたくさん。

DSC04818.jpg

 ホントにすごい人出でした。

DSC04820_2016010917294999d.jpg

 ブラックスワンも。

DSC04827_20160109172951a93.jpg

 水戸斉彬・徳川慶喜親子の銅像があったような記憶があるのですが、見つけたのは黄門様。

DSC04828_2016010917305395a.jpg

 湖畔には現代美術館もあり、街は仙台よりコンパクトだし、魚と蕎麦が美味くて、東京もほどほどに近く、住みやすい町でした。

 ここに住み続けていたら、Alfaromeo MiToに乗ってたかも。
関連記事
テーマ : 茨城  ジャンル : 地域情報

Comments

真岡
☆風写さんへ
水戸までたどり着きましたね(笑)
ところで途中の真岡鉄道のSLには遭遇しませんでしたか?
LYNX☆さんへ
たどり着いたと言うほどではありません。
のんびりジムニーでドライブしました。
天気が良くていい気持ちでした。

その後ちっとも出かけられないので、ブログは自分が楽しみながらのんびり書き進めています。
旅の楽しみですね。
永遠に終わらないかも。

真岡鉄道は、知らない間に高速で越えてたようです。
この時期もSL走らせているのでしょうか。
真岡鐡道
☆風写さんへ
こんばんは。
こんなサイトがあります・・・
http://www.moka-railway.co.jp/
LYNX☆さんへ
私が通った日は運航されていなかったと言う事ですね。

水戸に棲んでいたころに、沿線を車で通った時、撮り鉄が並んでいたのを覚えています。
いつまでも頑張ってほしいものです。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: