風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

ここで、年越し蕎麦だぜ

 昨日マンション自治会の臨時総会がありました。
 わがマンションも12年目を迎え、いわゆる大規模保守工事の発注先を決めたのですが、工期がなんと今年の3月から8月。

 半年間防塵カーテンに覆われるため、今年の仙台七夕花火大会、せっかく金曜日なのに、ベランダからは見られない可能性大です。



 色々な想い出が蘇る日光を後にして、日光ICから、日光宇都宮道路。
 東北道に合流して鹿沼ICまで行った方が良かった気もするけど、宇都宮インターを出てしまい、北部の環状線を東へ。

 宇都宮の周辺は便利になりました。道路は帰省と言うよりも買い物車でやや混雑。
 4号線に入って南下。123号線に左折します。

 少し迷い道した後、結局真岡インターから北関東自動車道。

IMG_0436_20160107155326c9c.jpg

 筑波山が見えてきます。

IMG_0439_20160107155328dcb.jpg

 次の桜川筑西インターで降りて南へ。

 日光から一時間半ほどで、茨城県唯一の重要伝統的建造物群保存地区に到着です。

DSC04746_201601071553257dc.jpg

 桜川市真壁。

IMG_0441_2016010715533134a.jpg

 伝承館の駐車場に車を停められましたが、伝承館は年末でお休み。

IMG_0440_201601071553291f0.jpg

 昼飯処を探しながらの散策です。

DSC04696_20160107155433598.jpg

 村田や、佐原は見所はほぼ直線上で、非常にわかりやすかったのですが、ここはどうなんだろう。

DSC04697_2016010715543561d.jpg

 臭覚と言うか、分かりやすいのは酒造会社。

     DSC04698_20160107155436d78.jpg

 パンフレットをもらえる案内所もなく、やっと見つけた案内図。

DSC04702.jpg

 この写真を手掛かりにするのですが、カメラのモニターでは読めません。

     DSC04701.jpg

 で、ウィキにも項目が無いため、桜川市のHPから。
 桜川市真壁町真壁を中心とする地域には、約100棟の登録文化財をはじめとする数多くの伝統的な建物が存在します。このうち約17.6haが国の重要伝統的建造物群保存地区になっています。
 
DSC04705_201601071555459fc.jpg

 広いですね。

DSC04707_20160107155546497.jpg

 江戸時代から道幅もほとんど変わらない町割りに、江戸時代末期から昭和前期の様々な種類の伝統的な建物が建ち並び、商家町でありながら、薬医門や板塀が目立つのも特徴です。

     DSC04714.jpg

 平成17年まで、真壁郡真壁町大字真壁と称していたように、その歴史は古く、清寧天皇の御名代が置かれたことが地名の由来とされます。平安時代末期に常陸平氏の一派が拠点を置いて真壁氏を名乗り、中世を通じほぼ一貫して当地を支配しましたが、江戸時代には笠間藩の一部となり、城下中央に真壁陣屋が置かれました。

DSC04708.jpg

 平将門の出身地域かな。

DSC04710_2016010715554957b.jpg

 都心から程近い距離にありながら、豊かな自然環境と、保存状態の良い史跡、古文書に恵まれ、昭和61年には真壁の鎮守である五所駒瀧神社の祭事が、国の記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選択され、平成6年には真壁城跡が国史跡に指定されています。

DSC04711_201601071555513d4.jpg

 桜川市真壁の町並みは、この真壁城の中世城下町を起源として形成されたもので、近世以来、五所駒瀧神社の祭事が行われている舞台でもあります。

DSC04721.jpg

 真壁の特徴の一つは、中世城下町と近世陣屋町の遺構を残す町割りで、道幅も木綿市を中心とする市町としての名残を現在に伝えています。江戸時代には真壁城が廃城となりましたが、近郷に大きな町場が成立しなかったことも幸いし、地域経済・文化の中心地として発展を続けました。

DSC04712_20160107155604209.jpg

 江戸時代前期を中心に、上方の木綿を東北地方の商人に売り捌く中継地として繁栄の基礎を築き、元禄時代には定期市だけでも月に12回、木綿問屋、繰綿商を中心に年間1万両を稼ぎ出していました。

DSC04715.jpg

  江戸時代後期に入ると、木綿流通の主力が地回り品に移行し、商取引の中核も木綿から米穀、酒造へと移りました。常設店舗の普及もあって定期市が姿を消し、真壁の町は大きく変化してゆきます。

DSC04726_201601071557461ce.jpg

 そうした中、天保8年の大火によって町並み景観も大きく変化します。それまでは萱葺きや板葺きでしたが、陣屋が瓦葺き、入母屋となり、商家では見世蔵や土蔵を建設するようになりました。現在に残る最も古い建物は、この大火直後に建てられたものです

DSC04719_201601071557103e6.jpg

 中部明治時代に入ると真壁銀行などの資本が整備され、再び真壁の町が中心性を向上させます。製糸業の興隆もあって、真壁の中心となる御陣屋前通りには呉服太物商が軒を連ねました。見世蔵や土蔵の建設ラッシュもこの時代です。また、藩の規制が外れ、商家が次々と薬医門を建設しました。

DSC04730_20160107155750670.jpg

 大正時代には筑波鉄道が開通して真壁駅が開業、出し桁の目立つ二階建ての町家が普及するのはこの頃です。昭和初期にかけて洋風建築なども建設され、真壁のもう一つの特徴である多様性に富んだ町並みは、この頃に基礎が出来上がりました。その後も時代の特徴を示す建物が少しずつ入り混じり、現在の真壁の町並みが構成されています。

     DSC04722_2016010715571305b.jpg

 昭和50年代から真壁の伝統的な建造物の取り壊しが目立ち始めました。住民の中には解体作業を写真に収め、記録に残す活動を行う人もありましたが、大きな流れには至りませんでした。歴史民俗資料館が開館し、歴史編さん事業も開始されました。真壁の町並みの価値を評価し、保存につなげる活動が始まるのは、平成に入ってからです。

DSC04725_201601071557157da.jpg

 平成5年に、伝統的な町並みの継承・活用を志す住民有志が保存団体を結成、専門家に真壁の町並み調査を依頼し、初めての本格的な調査が実施されました。さらに、町並み写真展や、石蔵でのギターコンサートなど、伝統的な建造物の保存に向けた啓蒙活動を開始、町並み保存における大きな役割を担ってゆきます。

     DSC04727.jpg

 保存団体の提言を受け、平成11年には行政として登録文化財制度の積極活用を開始、短期間で104棟の登録を進め、真壁は登録文化財の町として脚光を浴びることとなりました。

     DSC04736_20160107155936675.jpg

 徐々に来訪者が増加し、真壁の町並みが高い評価を得るようになると、多くの住民の間にも自分たちの町並みを見直す気運が起こり、住民の盛り上がりを受けて、平成15年度から伝統的建造物群保存対策調査を実施、町村合併を経て平成19年に「桜川市伝統的建造物群保存地区保存条例」を制定、平成21年に「桜川市真壁伝統的建造物群保存地区」をスタートさせました。

DSC04742_20160107155941e66.jpg

 東日本大震災では全国の伝統的建造物群保存地区の中で最も被害の大きな地区となりました。幸いに怪我人はありませんでしたが、伝統的建造物の9割以上に被害が発生しており、現在も災害復旧事業が続いています。伝統的な建物を文化財として未来に伝えるための大切な修理になります。

DSC04713_20160107155605b21.jpg

 平成26年9月現在で、完全に復旧が終了した建造物は被災物件の約4割です。今回の災害復旧事業に合わせて、所有者の意向により、復元修理工事を実施している建造物もあります。災害復旧とともに景観の向上を図る取り組みです。


DSC04737_20160107155938c24.jpg

 修復中の家屋は確かに目立ちますね。

DSC04716_201601071557093bf.jpg

 そして修復が済んだ部分も目につきます。

DSC04734_2016010715593578d.jpg

 素敵ながんばる真壁でしたが、昼飯はついに食べられませんでした。

DSC04739.jpg

 東の方向には筑波山。マイクロ波中継の要所です。

DSC04741_201601071557528db.jpg

 北東方向は加波山、風車が二基ありました。

DSC04728_20160107155749031.jpg

 来た道を戻り、国道50号へ。
 東に向かいます。

 さっそく、桜川市岩瀬でやっと見つけたお蕎麦屋さん。

     IMG_0449_20160107160047998.jpg

 大晦日でしたから、年越しそばの予約販売で大忙し。
 この日、店内で食べられるのはこれだけ。

   IMG_0443_20160107160041cf4.jpg

 かきあげ桜川そば、900円。

IMG_0444_2016010716004384d.jpg

 大好きな玉葱メインのかきあげ。関東ですね。

       IMG_0447_20160107160046ff4.jpg

 店員さんは更科と言ってましたが、ほど良く星も混じった美味しい蕎麦。

       IMG_0446.jpg

 最高の年越し蕎麦になりました。
関連記事
テーマ : 歴史・文化にふれる旅  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: