風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (6)  Trackback (0)

にっこうけっこう

 なんとボブディランが仙台に来ますね。
 ワタシ武道館のライブに行きましたよ、1978年だ。

 東照宮・輪王寺を参拝し、神社仏閣ばかりでは感動も薄れるので、また街角探検します。

DSC04624_20160102205249408.jpg

 西参道方面。

 古民家のCaféと言ったところでしょうか。

DSC04626.jpg

 日光らしい雰囲気ですが、年末で休み。
 来てみたかった場所はここなんですが......

DSC04627_2016010220525123d.jpg

 日光田母沢御用邸記念公園。

 明治大正の建築物があるとのことだったのですが、な、な、なんと、休館中。

DSC04628_2016010220525345a.jpg

 年末年始の旅行ではほんとに茶飯事なんですが、残念。

     DSC04630_20160102205254f47.jpg

 私が旅行した四日間だけ休みじゃない。

DSC04633.jpg

 ぶらぶら宿に戻ります。

DSC04634_20160102205547fc3.jpg

 今回のお宿、派手だなぁ。

DSC04690_2016010220595736a.jpg

 東照宮のまさに門前にあります。

IMG_0394_20160102205548323.jpg

 さっそくお風呂。
 小学校の修学旅行は、中禅寺湖畔のホテルでした。たぶん生まれて初めての硫黄泉。
 当時の修学旅行生は、全員米持参でしたよね。
 たぶん食べたのは前の週に来た小学生が持ってきた米。

 湯上がりに後光がさすと云われる日光の温泉ですが、沸かした鉱泉のようでした。無臭。

PC300025.jpg

 露天風呂からは、国道と大谷川が見えます。

PC300030.jpg

 ちなみに大谷川は、だいやがわと読みます。

 金谷ホテルも見えますね。実は金谷ホテルからの画像にも黄色いホテル、写っています。

PC300027.jpg

 修復工事中の輪王寺も目の前。

PC300033.jpg

 夕飯タイムです。

 一人でボックス席借り切りでした。

IMG_0396_201601022059588c9.jpg

 炭火会席コースとかで、炭が燃えています。

IMG_0403_201601022100260e9.jpgIMG_0402_20160102210024dfa.jpg

 献立によれば、もずく酢と鯵南蛮漬け、生湯波の美味汁かけ、季節の三点盛り。

IMG_0408_20160102210027781.jpgIMG_0398_201601022059599f1.jpg

 刺身二点盛り、かもうどんのネタ。

IMG_0401_20160102210023450.jpgIMG_0400_201601022100218f2.jpg

 地酒は四季桜の純米生貯蔵酒。
IMG_0410_20160102210115b96.jpgIMG_0405_20160102210114326.jpg
 ます塩焼き、あんこう衣揚げと海老糝薯揚げ。

IMG_0411_20160102210117b15.jpgIMG_0412_2016010221011843d.jpg

 炭火焼は、A4ランク栃木産和牛塩焼き、ヤリイカ生姜正油焼き、つくね焼き、海老芋田楽焼き、そしてかもうどん。

IMG_0414_201601022101219f3.jpgIMG_0419_20160102210209fa9.jpg

 湯波入りグラタン。

IMG_0417_20160102210207e4e.jpgIMG_0420_20160102210210f35.jpg
IMG_0421_2016010221021249f.jpgIMG_0425_20160102210213e2a.jpg

 いや~喰いました。腹ぱんぱん。

 しばし休んで風呂。

PC300039.jpg

 屋上階の露天風呂です。

PC300034.jpg

 何とも言えない、怪しげなライティング。

 癒されたのかな。

 この夜のテレビは、日本レコード大賞。
 なかなか良い曲が無かったのですが、一番心に響いたのは石川さゆりでした。歳だね。

 ゆっくり眠って、大晦日の朝。

 食堂に行くと、まず焼き魚を選ばさせられます。

IMG_0430.jpg

 かます、あじ、さんま、きんき。

 バイキングではない和定食。

IMG_0428_20160102210443c50.jpg

 湯豆腐。

       IMG_0427_20160102210441f7e.jpg

 焼き魚はきんきです。

IMG_0429.jpg

 これまた美味しくいただきました。

 出発前に輪王寺大猷院を参拝(既報)。

DSC04638_20160102210517b18.jpg

 なぜかシャッターを押してしまった、つぶれたらしいペンション。

DSC04687_2016010221051986e.jpg

 観光客が何を日光に求めているのか、確かに見極めるのは難しいかも。

     DSC04688_201601022105202eb.jpg

 買い物してホテルに戻る道から、男体山が綺麗に見えました。

DSC04692.jpg

 屋上の露天風呂も良く見えます。

DSC04695_2016010221060545b.jpg

 と言う事は、ふりチン晒してたと言う事??

     IMG_0432_20160102210608f40.jpg

 サービスの珈琲をいただいて、チェックアウト。

       IMG_0431_20160102210607e0e.jpg

 日光に別れを告げます。

 と、道路際に良さげなゆば屋さん。

 路駐して、自分用のお土産を。

     IMG_0433_20160102210610eeb.jpg

 今回の旅、メインの撮影機材は、SONY α7 +24-240mm Zoom、サブは防水のOlympus TG-850、食いもの系などはiPhone6です。
関連記事
テーマ : 日光  ジャンル : 旅行

Comments

米持参の修学旅行
風写さんたちの修学旅行って
昭和40年代ですよね
まだ米持参だったんですか
小生たちが最後だと思っていました
あの頃は今と違ってそんなに
米不足だったんですかね
私も
大名マークさん、私も日光に行ったとき米持参でした!
が・・・持って行った米は食べさせてもらえず、美味しくない外米のようなご飯が出された記憶が有ります(-_-;)
それも遠い昔の話ですが・・・
ん~米持参ねえ
風写さん
遅ればせながら、謹賀新年、です。
精力的なレポ。
読み応え、見応えありました。

ついに還暦になりましたか。
諦念まであと一年ちょっと。
10年近く前のことを思い出します。

解放されて好き勝手なことやって、今日になりました。
人生遊々です。
大名マークさんへ
米穀配給制度で調べると1969年廃止だそうです。
私は中学1年ぐらいかな。
日光の修学旅行はそれより前でしたが、中学の修学旅行は中3で京都奈良。その時は持って行かなかったようです。

小学校は5年生の時に、区の宿泊施設で一泊する遠足があり、三浦半島の先の方か、富士五湖だかに行ったはずなんですが、その時にも持って行ったような気がします。

米は不足してなかったと思いますが、自主流通米は高かったのではないですか?
LYNX☆さんへ
宮城は米どころなので、自主流通も早く始まったかもしれませんが、私の小学校の場合、45人で5クラスですから、教師も入れて240人ほど、関東の旅館では対応できなかったのでしょうね。

日光に行ったときはカメラ持って行きませんでしたか?
kazuさんへ
今年もよろしくお願いします。

砂を噛むようなサラリーマン生活も、あと1年3か月になりましたが、なかなか遅々として縮みません。
ブログを推敲している間は、仕事のことを忘れられるので、貴重なオフタイムになっています。

人生悠遊、うらやましいです。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: