風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 温泉三昧

Comment (0)  Trackback (0)

喉の薬は万全

 子供のころ正月は両親の実家がある宇都宮で、お年玉もらってたし、高校から大学に入る頃は、大晦日と言えば悪ガキが集まって、鎌倉に元朝詣りに行ったり、運転免許を取ってからは、年末年始は貴重な長距離ドライブシーズンで、たいがい出掛けてたので、新年を自宅で迎えたことがそもそもあまりありません。

 今でも同様ですね。
 一般的な正月の家族の風景が思い浮かばないのです。

 旅の続き。

 中禅寺湖の北岸を西へ。もっとも南岸西岸には車で走れる道はありません。
 龍頭の滝の横を北へ駆け上がると、戦場ヶ原です。

 男体山。

DSC04415.jpg

 戦場ヶ原は一面の雪を想像していたのですが、空振り。

 雪があるのは路肩だけです。これなら夏タイヤのTTでも来られます。

DSC04416mo.jpg

 さらに上がって、金精峠への入り口まで来るとさすがに、雪景色。

DSC04417.jpg
 この季節に車で入れるどん詰まり、湯元温泉の宿に到着しました。

     IMG_0333_201601021222012e8.jpg

 道路は圧雪ですが、周りはせいぜい10㎝ほどの積雪。

 まずは栄養補給じゃなくて、喉の薬です。

IMG_0332_20160102122200919.jpg

 そして温泉。

 温泉宿と言うよりも、スキーロッジに近い宿、卓球場までありました。

PC290003.jpg

 男女別の風呂のほかに、勝手に入って鍵を閉められる家族風呂もありましたが、私は男湯。

PC300018.jpg

 含硫黄泉かな。

PC300007.jpg

 この夜は、サッカー天皇杯の準決勝があった日ですね。
 ミニミニ一番搾りをひと缶。

 夕飯です。献立をもらったので備忘録。
 手前左下は、日光ゆばの煮物。奥右はデザートの杏仁豆腐。

IMG_0334_20160102122250ae2.jpg

 地酒は井上清吉商店の純米吟醸酒『奥日光 貴婦人』。

     IMG_0335_20160102122251f3a.jpg

 チキンロール、イカ松笠、薩摩芋の檸檬煮、生ゆば。     ゆば最高。

IMG_0339_20160102122252b8f.jpgIMG_0338_20160102122414219.jpg

 八汐鱒のお刺身、穴子の砧巻き。

IMG_0336_20160102122411ed8.jpgIMG_0337_20160102122412212.jpg

 焼きたての岩魚茸餡かけ、鍋物は蟹つみれ・鶏ごぼういなり・きのこ。

IMG_0340_20160102122415b46.jpgIMG_0341_2016010212241763c.jpg

 天ぷらは、海老・舞茸・南瓜に抹茶塩。お椀にも、刻んだ湯葉と三つ葉。

IMG_0343_20160102122518316.jpg

 美味しかったけど、食べ過ぎました。

 エネルギーフル充填。

 日光と言えば、小6の修学旅行。
 努力とか根性の楯、買いませんでしたか?    今でもありました。

IMG_0345_20160102122519a93.jpg

 食べ過ぎて、腹が破裂しそうになり横になってたらそのまま寝てしまいました。(これが肥満の元)

 12時頃に目が覚めて、風呂に行きました。

PC300011.jpg

 雪見露天風呂で至福のひと時。

IMG_0347_20160102122521875.jpg

 また喉の薬を飲んで、二度寝します。

 6時過ぎに目が覚めて、カーテンを開けたら、青空に美しい月。

     DSC04419.jpg

 これは美しい。

DSC04423.jpg

 山は日光白根山でしょうか。

 山頂付近だけに、朝陽が当たります。

DSC04428.jpg

 幸せな気持ちで、ぼうっと眺めていました。

 7:30に朝飯、夜と同じ大食堂です。

IMG_0352_2016010212275827a.jpg

 いつも通り、定番、取り過ぎのバイキング。

IMG_0351_20160102122756c60.jpg

 もう一回温泉に入ってからチェックアウト。
 湯巡り手形ももらっていたのですが、寒いし、泉質は同じだと言う事で、どこにも行かず。

 それでも一回りだけ散歩です。

DSC04432.jpg

 蔵王のお釜周辺と同じくらいの標高。

     DSC04433.jpg

 2000年に水戸から日帰りで来たときは、共同浴場に入った記憶があります。

DSC04436.jpg

 ゴージャスな温泉旅館ではありませんでしたが、居心地の良いお宿でした。

DSC04431.jpg

 一晩で15㎝ほど降ったようでしたが、雪かきをしてくれたので、即出発。

DSC04437mo.jpg

 温泉場のすぐ前には、湯ノ湖。

     DSC04439.jpg

 湖畔まで硫黄の香りがしていました。

DSC04438.jpg

 二割ほどの湖面が凍結。

     DSC04440_20160102122900a35.jpg

 お湯じゃないんだ。

DSC04445_201601021229048e1.jpg

 鳥たちはまだ寝ていました。

DSC04442_20160102122901547.jpg

 楽しい凍結路で、径を戻りました。

DSC04443mo.jpg

 風邪は良くなっていました。ねぎラーメンに薬と、温泉と飽食の賜物。
関連記事
テーマ : 温泉♪  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: