風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (0)

もう林道は走らない

 夕べは、点差程の緊張感はありませんでしたが、二年目の杉浦先発で、スワローズがジャイアンツに勝利。
 14年ぶり、かつ、初めてクライマックスシリーズを制して、日本シリーズ出場を果たしました。

 やはり嬉しいもんですね。

 庄内あさひインター近くで、国道112号に右折。月山の道の駅付近は行きと同じルートでした。

 月山ダム。国道はダムの水面より下を走っているのかな。

IMGP6794.jpg

 この辺りで一番好きなお蕎麦屋さんで遅めの昼飯です。

     IMG_9683.jpg

 行きに立ち寄った多層古民家のちょうど上あたり。

 月山と湯殿山ですね。

IMG_9685.jpg

 月山道路を走ってて、最も雄大で美しい風景。

 ほぼ満卓でした。

IMG_9677.jpg

 そう言えば満席であきらめたこともありましたね。

 げそ天そば1000円。

IMG_9679.jpg

 適度な細さ硬さで、良い香り、角が立って透明感もある、実に美味しい蕎麦なんです。

      IMG_9681.jpg

 出しの効いた汁も、甘すぎず濃すぎず、実に好みの味。

 美味しい蕎麦って、わずかに玉子の黄身が混じっているような風味を感じるのですが、汁から来るものなのでしょうか?

 天ぷらはちょっと多過ぎか。

IMG_9680.jpg

 休日は高校生バイトみたいなのが多いのが、強いて言えば、微笑ましい難点なんですが、蕎麦も景色もグンバツのお店です。

 そのまま無料の月山道路。

 月山インターからは高速には入らず、引き続き112号線。

 寒河江に入って、慈恩寺の近くで左折、雰囲気のある橋を渡ります。

IMGP6796.jpg

 慈恩寺は最近来ているので今回はパスし、河北町へ。

 初めて、紅花資料館に来てみました。

IMGP6798.jpg

 入場料400円、JAF割引はなし(備忘録)。

 巨大な蔵が、資料展示館になっていました。

IMGP6799.jpg

 紅花、これはドライドフラワーですが、単独では普通の花なのに、こうやってディスプレーすると、ゴッホの絵の雰囲気になります。

     IMGP6800.jpg

 私の好きな冠木門。

IMGP6801.jpg

 当然紅花が咲く季節ではありません。

IMGP6802.jpg

 御朱印蔵。

IMGP6804.jpg

 あとはウィキから。
 紅花資料館(べにばなしりょうかん)は、山形県西村山郡河北町にある河北町立の資料館である。ベニバナに関連する資料や享保雛などを展示している。

IMGP6806.jpg

 「べに花の里」として有名な河北町にある全国唯一のベニバナの資料館。富豪だった堀米四郎兵衛の屋敷跡であり、堀米ゆず子(バイオリニスト)の祖先の家に作られた。

IMGP6808.jpg

 館内には武器や生活用品および古文書など5,000点を保存しており、1982年(昭和57年)にこれらの寄贈を受け、1984年(昭和59年)5月に開館した。

IMGP6807.jpg

 やっぱり紅花が咲いている時期に来ないと。

IMGP6811.jpg

 天皇皇后両陛下も夏に来られたのですよね。

     IMGP6815.jpg

 夏以外の季節は割引して欲しいくらい。

IMGP6813.jpg

 座敷蔵。

IMGP6818.jpg

 再びゴッホ。

     IMGP6819.jpg

 石垣。

IMGP6814.jpg

 甕。

IMGP6817.jpg

 古民家園を想像していたのですが、どちらかと言えば武家屋敷中心。

IMGP6823.jpg

 良い雰囲気の空間でした。

     IMGP6821.jpg

 ショップで200円の美味しい珈琲。

IMG_9687.jpg

 仙台に帰ります。

 東根から関山街道、国道48号にさえ入れば、あとは二回曲がるだけでうちに着きます。
 関山トンネル出口で、工事中の片側通行。

IMGP6825.jpg

 河北町でも時々霧雨でしたが、宮城県内は小雨模様。

IMGP6827.jpg

 渋滞していた愛子付近で裏道を使い、何度も曲がって帰宅しました。


関連記事
テーマ : 古民家  ジャンル : 地域情報

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: