風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (3)  Trackback (0)

ジムニーがあるうちに、もういちど

 お陰様で、昨日もスワローズは勝利しました。
 二試合連続の零封リレー。完璧です。でも今日からのピッチャーがちょっと心配。

 鶴岡三瀬から、鼠ヶ関、国道7号は、新潟に入り、府屋を過ぎると海岸から離れていきます。

 海沿いを行く道は、345号線。あの笹川流れへ続く道なんですが、今回はパスです。

IMGP6720.jpg

 村上市。

 旧朝日村に入ると、稲刈り前の稲田の中を走ります。

IMGP6722.jpg

 このあとまた林道に入るので、コンビニでトイレ休憩兼コーヒーブレーク。

 村上市街はパス。旧朝日村役場の方へ左折し、山に向かいます。

IMGP6723.jpg

 10:15。珍しい看板、全面通行”可”だって!! 

IMGP6725.jpg

 大学生時代の”可”は悲しかったけど。

IMGP6728.jpg

 日本で最初の鮭の人工孵化で有名な、三面川沿いに、ぐいぐい高度を稼いでいくのです。

IMGP6730.jpg

 10:23。アサヒスーパーラインに突入。

IMGP6732.jpg

 新潟側から登るのは二回目だったと思います。

 美しい三面ダム。

IMGP6736.jpg

 ところどころ、キャンプ場やら野営場、観光施設の看板が出てきます。

     IMGP6739.jpg

 時々対向車が現れます。

IMG_9665mo.jpg

 紅葉はまだですね。

IMGP6744.jpg

 月山周辺と比較すると、高度が低い。

IMGP6742mo.jpg

 紅い橋の方が目立ちます。

IMGP6747.jpg

 大きな岩が崩落している渓流。

IMG_9669.jpg

 ジムニーを直撃したら、ひとたまりもありませんね。

IMG_9673.jpg

 新潟のラジオを聴きながら走りますが、だんだん断続していきます。

IMGP6751.jpg

 猿田発電所を過ぎて、猿田ダム。

IMGP6755.jpg

 紅葉が進んできました。

IMGP6756mo.jpg

 11:14。原生林地帯に入っていきます。

IMGP6757.jpg

 昔モンテカルロラリーのフィルムを観て憧れた、ガードストーン。

IMGP6762.jpg

 前回よりも明らかに舗装区間が伸びています。

 新潟側で唯一の2.5㎞ほどのダート区間ですが、フラットで安心です。

IMGP6764.jpg

 鳴海金山跡が近づき、もっとも景色が良いスーパー林道の名にふさわしい区間、標高は800m前後でしたから、笹谷峠よりは低いです。

IMGP6765.jpg

 右奥が朝日岳でしょうか。

IMGP6767.jpg

 前にチャレンジした時は、鳴海ゴールドパーク前(トイレがあります)から先が通行止めでした。

 11:50、峠です。平野からちょうど一時間半ぐらいのヒルクライム。たっぷり楽しめました。

IMGP6771.jpg

 林道の完成碑も立つ展望場所。バイクも数台来てました、向きからして山形側からだな。

IMGP6772.jpg

 かっこいいBMWのGSもいました。

 新潟側から入って、ここでUターンするなら、普通のバイクや車でも全く問題ないでしょう。
 往復3時間コースで楽しめます。

 たぶん手前が枡形山、奥は朝日岳じゃなくて、以東岳かも。

IMGP6773.jpg

 ひだり下あたりに、幻のタキタロウが棲むと言う大鳥池があるはずです。

IMGP6775.jpg

 少し先に県境。

IMG_9676.jpg

 山形側は、はっきり言って悪路です。

IMGP6777.jpg

 何とか普通の車で走れる限界、床下が低いTTでは無理でしょう。

 ジムニーでもちょっと飛ばすと、床に跳ね上げた石がぼこぼこ当たります。

IMGP6778.jpg

 ダート区間は10㎞ほど。

 新潟側と比較すると展望はさえないし、メジャーな登山口も、これと言った見どころもないのも舗装が遅れている理由かも。

IMGP6780.jpg

 12:28。大鳥池に上がる道の分岐点、タキタロウ公園周辺の集落で突然山里に出ます。旅館もありますね。

IMGP6788.jpg

 林道区間でちょうど2時間ぐらいのドライブになります。アプローチを含めれば3時間か。

IMGP6790.jpg

 前回山形側から登った時には、新潟に入ってすぐに右折、通行止めになることが多い、平床林道から村上市内へ降りたので、いわゆるスーパー林道を完走したのは初めてになりました。

 やはり今回の方向がおススメです。

IMGP6782.jpg

 路端に大きな産業遺跡を発見しました。大泉鉱山、選鉱場跡。

IMGP6786.jpg

 昭和15年から54年まで、銅・鉛・亜鉛を産出した鉱山だそうです。

IMGP6787.jpg

 バスも走る舗装路で、庄内平野方面へ。

IMGP6792.jpg

 やっぱり平らな道はいいもんです。

IMGP6793.jpg

 途中にすれ違い用のスペースが二ヶ所ある細いトンネルを抜けて、午後1時ごろ、娑婆にたどり着けました。

 まだ帰り道編がありますが、スーパーラインを含むルートを先行して載せておきます。

関連記事
テーマ : 林道を走ろう!  ジャンル : 車・バイク

Comments


今日で決めたいですね

14年ぶりの日シリーズおめでとうございます

最下位からの復活、たいしたもんです

楽天も来年はやってくれる事を期待したいです
あいしゅさんへ
ありがとうございます

スワローズやカープ、ベイスターズが優勝できる条件のひとつは、名門チームがそろって弱いタイミングになってしまうのが、悲しい現実なのですが、それも長く戦い続けるリーグ戦こその醍醐味。

毎回、世界中の弱小プロスポーツチームのことに思いを巡らせながら応援しています。

ただそういうチームを優勝させることができた首脳陣やチームリーダーには、抜きんでた才能があったのだと信じています。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: