風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (13)  Trackback (0)

港町の人情ブルース

 八戸のホテルに到着。
 400km程のドライブ疲れを癒しに街に出ます。

 最初に目指したのは、噂のあの店。

DSC00115.jpg

 ついにあの人が、店を出しているではありませんか!!!

 それもみちのくの豊かな自然と美味しい食材の集積点とも言える、この八戸に。

DSC00118.jpg

 さすがに魅力的なメニューの数々。まさに美味究真。

 飲み放題は3時間ですよ。誰だそんなに飲み続けられるのは!!

       DSC00117.jpg

 なんちゃって、嘘です。嘘だと思います。

 しかし名前をぱくられちゃうのもすごいですね、違うか?

 街に入り、車でホテルに入る直前に見つけた此の店、名前だけでもうここにしようかと思いましたが、ネットで調べたら、どうも団体向けの店とのこと、ネタに写真だけとって、他を当たることにしました。

 ガイドブック等で、いちばんヨサゲだった居酒屋が、こちら「七味家」。

DSC00127.jpg

 でも満席でした。

 前回、大人の休日倶楽部で来たときに入った店。

DSC00126.jpg

 とりあえず、押さえです。

 八戸の夜といえば、最近有名な、みろく横丁。

DSC00157.jpg

 繁華街の中心を横切る二本の通り、三日町と六日町の間にぽっかり空いた空き地を横丁風に仕立ててしまった屋台村と言うか、飲み屋街。三日町と六日町だからみろく。

DSC00120.jpg

 この夜は気温も高く、初めてこうやって表で飲む酒が美味しい日だったかも知れません。

 八戸にはほかにも飲み屋横丁が沢山あるのですが、ここに主に若い人が集まっているのは、やっぱり来やすい何かがあるのでしょう。

DSC00122.jpg

 混んでいる店とそうでない店の差が目立ちました。

DSC00124.jpg

 ガイドブックやパンフレットで仕入れた情報を元にそんな飲み屋街をぶらぶら。

 楽しいひとときです。

 その外観から、いちばん惹かれた店、でも結局暖簾をくぐる勇気が出ませんでした。

       DSC00160.jpg

 普段一人で呑みに行く習慣が全く無いので、こんな散歩は旅に出た時だけなんですね。

 結局表通りに面した「禄文銭」と言うお店へ。

DSC00125.jpg

 それ程混んでないけれど、いきなり、料理、30分ほどかかっちゃいますけどいいですか? なんて。

DSC00142.jpg

 別に構わないのでカウンターへ。

 お通しをもらいながら、刺身は早いでしょ? と聞いたら実は刺身がいちばん時間がかかるんです、だって。

DSC00128.jpg

 ほかにも同じことを言われて、二の足を踏んでいる観光客風多数。

 都会から来た人が、そんなこと言われたら、みんな他へ行っちゃうだろーーと思ったのですが、どうも八戸人情から出る親切心のようなんです。

 刺し盛りを頼んだら、それはもう終わってますだって。ほかにも魚たくさんあるんだから、適当に盛ってくれれば良いんだけど、どうも〆サンマが終わっちゃったようで、こんな時季にサンマを入れるのもチャレンジャーですが、正直なんですね。

 でも見てください、この値段。刺し盛り以外は全て500円未満ですよ。

       DSC00131.jpg

 時間がかかるっていうし、どうせちょこっとずつしか出てこないんだろうと、やや多めに注文します。

 日本酒の種類は少なくて、八戸に集まる人は焼酎好きのようです。

 地酒のもっきり。お通しは鶏の味噌煮込み。

DSC00129.jpg

 漁師町の酒らしい辛口。

 10人ぐらいでオペレーションしている、やや大きめのお店。一人の時はだいたいこのくらいのサイズの店が好みなんです。ふつう大好きな地図を見ながら翌日のコースを検討しつつ呑むのが旅先の日常なんで、ほっておいてくれる店が良い。

 最初に出てきたのがホヤ刺し。

DSC00132.jpg

 昼に食べたのがあまりに美味かったので、また頼んじゃいました。これは注文して5分ぐらいで出てきたようです。狙い通り。美味いですよ。

 ここからは時間がかかりました。八戸といえば、イカ。その中で一番早そうなゲソ焼きなんですが、25分ぐらい。

DSC00133.jpg

 だけどこれが一人前かいという大盛り。

 二杯目の酒は、「海のささやき」300ml。六日町商店街でプロデュースした酒のようでした。

DSC00136.jpg

 こっちの方が和らかいかな。

 酒のメニューを眺めていたら、流行りのハイボール、何種類かあるんですが、なんとなんと、遠い目だって。

DSC00138.jpg

 違ったわ。濃い目だ。

 私の目が遠いのかな。耳は遠くないんだけど。

 45分ぐらいで出てきたのが、八角の刺身。

DSC00139.jpg

 これは美味かったです。白身だけど濃い。濃い目の白身。

 なぜこの日は時間がかかるかと言うとメインの板さん二人のうち、一人がこの日結婚式だったようなんでした。

 続いてどんこ。

DSC00141.jpg

 ふわふわほこほこの刺身です。刻んだ肝が付いてきました。

 あとから思い出したのですが、サエモン会の松島のハゼ釣りの時も食べたような。

 これでもう腹八分目。
 せんべい汁やイカソーメンまでたどり着けません。

 腹ごなしで散歩の続き。

       DSC00144.jpg

 八戸の飲み屋街は上手く集中しているようで、とても賑やかです。

DSC00150.jpg

 じゅうぶん呑んだので、写真を撮るだけ。

DSC00151.jpg

 どの店も雰囲気よさそうでしょう。

        DSC00147.jpg

 だけど北国のせいか、店内の様子はなかなか伺えません。

DSC00156.jpg

 で、結局、やっぱり、なるべくして、小腹がすいたわけです。

DSC00169.jpg

 あっさり魚介系のラーメン屋さんを探したのですが、なぜか八戸にはラーメン屋そのものが少なく、ここに決定。

DSC00162.jpg

 青森では比較的珍しい、豚骨系ラーメンの店でした。

DSC00164.jpg

 あっさり目とお願いしたら醤油を薦められ、ネギ醤油ラーメン。

DSC00165.jpg

 美味しくカロリーを補給させていただきました。

       DSC00168.jpg

 ブログタイトルは、八戸の横丁探訪パンフレットからの引用です。
関連記事

Comments

No title
 ありゃ、見つかっちゃいましたね。
ちょろりさんと出資して青森方面に展開する予定の
居酒屋第1号店・・・・違うか! ^^

 本八戸周辺は魅力的ですが観光シーズンの対応は
苦手のようですね。以前、出張で平日行った時は
閑散としてましたからね。

 八戸には魚ダシのあっさりラーメンがありましたよ。
繁華街のど真ん中に、COD、、、
いや、しおでというお店だったと思います。^^
No title
風写さんおはようございます。

どの写真も一発で場所が分かります。^^

事前に八戸に行くのを知っていたら、ジモティーさながらのコアなお店情報をお伝え出来たんですが。でも八戸を楽しまれたようで良か良かです。

サエモンさんの仰るように八戸ラーメンは煮干し出汁のあっさり醤油ラーメンがデフォですね。しおでも代表店の1つです。青森市でも煮干し出汁が人気ですが、これでもかの濃い煮干し出汁(動物系を合わせるところも多い)で、最初はびっくりするも必ずハマる味です。

ちなみに左ヱ門は行ったことはありません。^^
サエモンさん ちょろりさんへ
しおで、ありますね、今更パンフを見ると。八戸昭和通りと言う横丁ですね。

幸龍は、ロー丁れんさ街と言う横丁の入口でした。

次回にトライしますが、郊外にも支店があるようです。
良い雰囲気だね♪
八戸は仕事でしか行った事がありません、しかも夜遅く迄仕事…
まったり行って呑んでみたいっすねー
ばんやの縄暖簾がさそってくれてるって感じ!
そこまでやるかの飲みレポ
酔眼でよくぞここまでのレポート。でも、時間待ち、よくがまんしましたね、
ハズレじゃないんですね.....
昨日から岩手~秋田きてました。予定外での秋田宿泊。

昨晩、秋田市内の2軒の居酒屋入りましたがアタリじぁありませんでした。

地のモノと思い山菜の天ぷら頼んだら油がよごれてて.......(泣) せっかくの山菜が。。。。

時間かかっても「アタリ」の風写さんが羨ましくて....

飲み歩き
びーえむあいさんへ
初めての方からメールをいただいたのですが、やはり「ばんや」に行くべきだったようです。

kazuさんへ
前に出てきているものをつまみながらちびちびやってるので、別に気になるほどの待ち時間ではないのですが、本当は一つ二つ味わいながら次の肴を物色したいですね。

なおちゃんへ
南蛮漬けと揚げだし豆腐以外、呑み屋で揚物はまず頼まないので、ハズレないのかも。
舌は肥えてないので何でも美味しいんですよ。
秋田川反は此処。
http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=2134349

初めまして。 八戸在住一年の者です。

幸龍のラーメンを食べに行くか迷っていて、
検索結果でこちらに辿り着きました。

他の方からもおススメされていらっしゃるかと思いますが、
次回八戸にいらっしゃる際には、是非「ばんや」さんの
暖簾をくぐってみてください。

人気店なので満席のこともありますが、カウンターには
出張や旅行などで八戸にいらしたお一人の方も多いです。

美味しい、希少な日本酒も多くて、満足できると思います。
私は、東京に住んでいた頃に滅多に置いている店がなかった
日本酒「而今」をここで飲めることが一番の喜びです。
garakoさんへ
コメントありがとうございます。

やはり、ばんやなんですね。
私の目に狂いはなかった。でも入る勇気もなかった。

次回はばんやに行くための八戸旅行になりそうです。

その時に行く〆の優しいラーメン屋さんを教えてください。

ちなみに私も40年以上スワローズファンです。

スワローズファンとお聞きすると、途端に、とてつもない親近感が…(*^_^*)

飲み屋さんは、他にも魚介なら山海楼さん、焼鳥なら浜井さん、とおススメが数軒あります。

山海楼さんはお酒もお食事も本当に素晴らしいですが、もしお一人だと、カウンター席にあまり人を通していらっしゃらないので厳しいかもしれません…。

優しいラーメン屋さんは、、 私はまだ食べたことないのですが、地元の人曰く、〆の優しいラーメンとなると「しおで」さんらしいです。

行きたい、行きたいと思っているのですが、開店時間が22時とのことで、残念ながらまだお伺いできてません…。

ただ、〆めに限らず、八戸のラーメン屋さんは全体的に脂がしっかりめなので(東京から移り住んだ、個人的意見ですが)、胃に優しいスープは少ないかもしれません。。

ラーメンだけ食べるのは難しいかもしれませんが、シャモロックの焼鳥屋さんで食べたラーメンは唯一、優しいスープでした。
http://megumegura-men.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-4bd6.html
こちらは、焼鳥はあまりおススメできませんが(苦笑)

長浜ラーメンの一心亭さん、小松笑店さんは、豚骨用の極細麺なので、量的には、胃への負担が少ないかもしれませんね。

すみません。 長くなりました。。
garakoさんへ
情報ありがとうございます。

また八戸に遊びにいきたいと思います。
ばんや
こんな過去記事にコメ失礼。
いま、BSで吉田類の酒場放浪記みていたら「ばんや」に突入してました。
どっかで見たような店名だな~~と頭をひねって、あぁココだったと^^

とても私好みの店でしたよ。適度に古くて、親父さんのキャラもほっこり系で
刺身中心で、日本酒のラインナップ充実。

記憶の上書きができました。ありがとー。
anegoへ
ありがとう
思い出させてくれて。

後輩の樽担ぎK野が1-2年前に八戸へ行くというので、偵察させています。
やっぱり良いみたいでした。

この冬行ってみようかな。休日倶楽部パス期間もあるし。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019