風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

松島と象潟は夫婦町 

 夕べのスワローズは、小休止でした。優勝へのマジックは1のまま。
 スワローズとジャイアンツの残り試合はどちらも3。ゲーム差は2.5。
 スワローズが全敗、ジャイアンツが全勝の時以外はスワローズが優勝します。だけど最終戦は4日に東京ドームでSG。どうなることやら。

 ソロキャンプ二日目の夜が明けます。

DSCN2631.jpg

 この夜はあまり星も見えなかったし、ひたすらぐっすり眠りました。

 若干風はあったので、近くの風車はゆっくり回り続けていましたが、思ったほど五月蠅くありません。

 いつも通り、日の出の時間より早く目が覚めたので、早朝の風景を眺めに、ジムニーを走らせます。

DSC04147.jpg

 ひばり荘近くの駐車場。

DSC04153_201509271352228ae.jpg

 勝手知ったる場所です。

DSC04156.jpg

 朝5:30頃、意外にも鳥海山は見えました。

DSC04143.jpg

 太陽は東の山から上がります。
 
DSC04160.jpg

 朝日を眺めに、3人ほど先客がいました。

DSC04163_2015092713525595f.jpg

 風車たちは元気でしたが、大小二基ある、ジャイロミル型の風力発電機は、動いていません。

DSC04168_20150927135256ea0.jpg

 5:44、雲の上からお日様が昇り始めます。

DSC04175.jpg

 やっぱり水平線から上がるところを見たいですね。

DSC04177_201509271352593f7.jpg

 すすきの穂はまだ開いたばかり。

DSC04183.jpg

 初秋の仁賀保です。

DSC04185.jpg

 前回見つけた、別の展望場所。1㎞ほど北の、土田牧場前まで移動。

     DSC04195.jpg

 ここからだとほぼすべての風車を遠望できるのですが、鳥海山が隠れてしまいました。

DSC04198.jpg

 また元のあたりに戻ったら、山は見えてきます。

DSC04202.jpg

 出たり隠れたりだな。

 また北の位置へ。

 何とか鳥海山と風車の写真が撮れました。

DSC04211.jpg

 6:30、テントに戻ります。

     DSCN2637.jpg

 もう、ほとんど動きませんが、ミニモスラたちがお出迎え。

     DSCN2639.jpg

 ちっさいのもいますね。

 爽やかな朝のキャンプ場、隣の家族は、もう撤収を始めています。

   IMG_9442.jpg

 私もある程度荷物をまとめて、テントやレジャーシートをひっくり返して、乾かしながらの、朝飯。

IMG_9441.jpg

 ワンタッチテントの収納はやはりスムーズにできません。

IMG_9444.jpg

 スマホで、動画を確認したりして、何とか成功。

IMG_9445.jpg

 簡単便利ではありましたが、一枚ぺらの薄いテントなので、朝になると内側は露でじっとりだし、たぶん雨が降ったらNGでしょう。

IMG_9447.jpg

 荷物をまとめて出発です。

     IMG_9449mo.jpg

 8:16。

 この日も天気は良さそうです。

DSCN2642mo.jpg

 県道32号に出て、日本海を見下ろしながら、仁賀保方面へ。

DSCN2644.jpg

 前にも来た院内の展望台。

 西目の風車のエグザイル。

DSC04212_2015092713564393f.jpg

 平地に降りてすぐ、県道289号へ左折。

DSCN2645.jpg

 またまた黄金の稲田の中を疾走します。

DSCN2646.jpg

 国道7号に並行に造られているのは、高速道路だけではないのでした。

DSCN2649.jpg

 稲刈りの共同作業に集合している地元の人たちを眺めながら、そのままずっと道なりに走ると、金浦を過ぎて道は細くなりますが、象潟の九十九島の中に入っていきます。

DSCN2650.jpg

 かつて島だった、それぞれ名前もついている、小さな丘たち。

DSCN2651.jpg

 またのんびり歩いて回りたいものです。

DSCN2653.jpg

 道はそのまま象潟で国道7号に合流します。

 象潟郷土資料館に立ち寄ります。

IMG_9454.jpg

 かつての九十九島のジオラマがあるのです。

IMG_9450.jpg

 この美しい風景を求めて、奥の細道を歩いた、芭蕉の足跡。

IMG_9453.jpg

 それを追った与謝蕪村は、津軽半島まで歩いているんですね。

     IMG_9451.jpg

 正岡子規は秋田まで。

     IMG_9452.jpg

 いずれも松島と象潟に立ち寄っているのですが、小林一茶や、蕪村は九十九島を見ることが出来ましたがその後鳥海山の噴火で、大地が隆起。

 子規が来た頃は今の姿になっていました。

 象潟に、洋館がありました。

DSCN2659mo.jpg

 昭和9年建築の、にかほ市象潟公会堂。
 この日はたまたま仙台の、ハッピ-トコの演奏会があるのでした。

     DSCN2655.jpg

 構内に立っている、紅蓮尼の碑。

     DSCN2657.jpg

 某サイトから引用させていただきます。

 時は元亨(1321~1324)のこと、象潟の商人、森隼人は伊勢参 りの途中、松島の掃部と道連れとなりました。二人が国へ帰る頃 には、森の娘タニと掃部の息子小太郎の縁組の話が出来上がって いました。  タニはそのとき18歳だったといわれ、父の言う通り、はるば る山を越えて松島へ嫁いでいきました。だが着いてみると、夫と なるはずの小太郎はちょっとした病がもとで亡くなっていました。 まわりの人たちは、また国に戻ってよき夫に嫁ぐようすすめたの ですが、タニはいったん約束した以上は、小太郎の妻であり掃部 家の嫁であるといって、どうしても帰ろうとしませんでした。  タニはそれ以後、実の父母に仕える様に婚家の親に孝養をつく したと言われています。姑の亡きあとは、瑞巌寺に入り、心月紅 蓮の名をもらって尼僧となりました。そして生計の為に門前で長 方形のせんべいを焼いて商いました。松島の人々はこのせんべい を「おこうれん」と呼び、今でもそのせんべいは残っています。 おこうれんが長方形だったのは紅蓮尼が和歌を好んだため、短冊 の形にしたものといわれています。

 芭蕉の縁かと思っていたのですが、こんなわけで松島と象潟は深い関係にあるのでした。

DSCN2660.jpg

 象潟から、鳥海山への登り口に、巨大な風車が一基だけ立っています。

     DSCN2663mo.jpg

 そろそろ帰り道です。

 風写の徘徊記録。

関連記事
テーマ : ドライブ  ジャンル : 車・バイク

Comments


ソロキャンプ しっかり楽しえたようで よかったですね
このワンタッチテント 以前たためなくて四苦八苦 結局フレーム曲がって 1回で捨てました(汗
YASUさんへ
まぁ、ひとりでもキャンプが出来ました。
次回は近場で、焚火にも挑戦したいものです。

テントのことはよく覚えていますよ、私も畳めませんでした。
朝方の余興にはよかったかも。

先日登米で、あの時テントを壊した担当者の女性に出合いました。

大体畳めるようになりましたので、また安心して購入ください。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: