風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ウインドファーム

Comment (2)  Trackback (0)

新たなる聖地

 スワローズ、マジック3。
 昨日のジャイアンツ戦は痺れました。残り5試合。今日も試合があります。

 中島台レクリエーションの森からさらに県道58号を東へ。

 鳥海高原の峠越えルートです。冬季閉鎖される道。

DSCN2553mo.jpg

 鳥海高原の道路は比較的ワインディングが少ないのですが、ここと鳥海ブルーラインが例外でしょうか。

DSCN2555.jpg

 途中で祓川に行くルートもあるのですが、今回はパス。

DSCN2556.jpg

 今になってちょっと後悔。

 由利本荘市に入っています。

DSCN2557.jpg

 ブナの原生林を抜けて、木境の展望台です。

DSCN2565.jpg

 来た記憶はないので、たぶん初めてでしょう。

DSCN2562.jpg

 北西に、朝出て来た仁賀保高原のウィンドファーム

DSCN2560.jpg

 北北西に西目のウィンドファーム。

DSCN2559.jpg

 あれ?? 北にもう一つの風車群です。 しかも回っていない。

DSCN2558.jpg

 これが今回の四番目のミッションになりました。

 県道32号を仁賀保方面へ。

DSC04063.jpg

 花立牧場のジャージー牛たち。

 ちょっとアフリカの野牛みたいに撮れました。

DSC04064.jpg

 若い牛がじゃれ合っています。

DSC04062_2015092706185553f.jpg

 昼飯タイムは、工事中の南由利原高原青少年旅行村(長いぞ!)のレストラン。

 バイク族が大勢いました。

DSCN2571.jpg

 足場が組んである下の、ウッドデッキ席でジンギスカンとライス860円。

DSCN2568.jpg

 冷凍のプレス肉でした。

IMG_9423.jpg

 まぁ野菜がたっぷりなのが救い。たれは美味しかったです。

DSCN2570.jpg

 大谷地池。残念ながら、鳥海山が見えません。

DSCN2574.jpg

 この辺りにもキャンプ場はたくさんあります。

 そのまま32号線を走るとまた正面に仁賀保のウィンドファームが見えます。よく走る道。

DSCN2575.jpg

 県道285号を右折、今度は西目に向かいます。これまたすんばらしい道。

DSCN2580.jpg

 四角井戸溜池。

DSCN2582.jpg

 鳥海高原に溜池が多いのは、鳥海山の湧水があまり見も冷たいため、天日で温めるという意味もあるのかもしれません。草津温泉の湯畑の逆ですね。

 西目の沖積平野まで降りてくると、左手に西目ウィンドファームの風車たちが元気に回っているのが確認できます。

DSC04071_201509270622153ea.jpg

 ここで右手に目をやると、これまで見たことがない、風力発電所が出来つつあるのでした。

 その方向に向かって右折します。

DSC04067mo.jpg

 もう綺麗に整列していますが、回っていません。

DSC04070_201509270622144a6.jpg

 尾根への登り口を探して、わくわくしながらヒルクライム。

 日本海東北道のそばでした。西目PAのすぐ近く。

     DSCN2591mo.jpg

 風車が、でかい

 琵琶沼。

DSCN2588.jpg

 見ての通り、風を受けて回らないように、ブレードの角度はすべて風の方向と平行に固定されています。

     DSCN2593mo.jpg

 建設中の、由利高原ウィンドファームです。

 雲に隠れていますが、バックに鳥海山が見えるはず。

DSC04074_20150927062400a1b.jpg

 風車のサイズが、半端ないというか、初めて見る大きさです。

     DSC04076.jpg

 仁賀保の風車は1.65MWが15基、西目は当時最大で2MWの風車が15基なのに対し、由利高原はなんと3MWの風車が17基設置されるのだそうです。

DSCN2598.jpg

 これから設置すると思われるジーメンス製の風車パーツが、トレーラーに乗ったまま、置かれていました。

DSCN2599.jpg

 どこの港から来たんだろう、トレーラーは、なにわナンバー。

DSC04077_20150927062623341.jpg

 このあと、西目の海岸まで降りて、海岸沿いの風車たちをパチリ。

DSC04079_2015092706262424c.jpg

 一番右の奴は故障中か、あっち向いて止まっていますが、下北半島に並ぶ、風車銀座になって来ました。
関連記事
テーマ : ドライブ  ジャンル : 車・バイク

Comments


風写さんへ
展望所に行きましたね。昨年の秋だったと思います。あの辺の道を彷徨いました。
binkenさんへ
そうなんです。
鳥海高原は彷徨いたい道なんですよね。

はずれがなくどっちに行っても楽しいルート。

飯処が少ないのと、ガソリンスタンドがないのが問題ですけど、鳥海山さえ見えればOK。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: