風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アウトドア

Comment (2)  Trackback (0)

26年ぶりのソロキャンプ

 さて夕べのスワローズ。
 山田が二発。らしくない勝ち方で四連勝です。

 今週末はジャイアンツ戦、試合観戦モード突入です。いよいよいよいよ。テレビで集中観戦。

 20日、国道7号おけさおばこラインで、遊佐から、にかほ。
 山形県から秋田県に入ります。県境は三崎海岸と言って、有耶無耶の関がありました。

DSCN2465.jpg

 海岸沿いにキャンプ場もあるようです。

DSCN2466.jpg

 国道沿いに風車があります。

DSCN2468.jpg

 象潟町内のスーパーで食料を調達して、山へ向かいます。

DSCN2469.jpg

 もう十回目ぐらいの聖地、仁賀保高原。

 宿泊施設はキャンプ場しかありません。しかも周辺に商店はなく、象潟か、仁賀保までは車で30分ほど。

IMG_9398.jpg

 しかしここには風車と、抜群の眺望があるのです。

DSCN2472.jpg

 山の頂点に立つひばり荘で、キャンプの受け付け、ひとり一泊300円。

 さっそくポップアップテントを設営(拡げて四隅にペグのみ)した後に、周辺をジムニーで回ります。

DSCN2474.jpg

 キャンプ場の隣、いつも疾走している尾根道からは見えない陰に、新田堤と言う池があり、釣り糸を垂れているキャンパーもいました。

DSCN2475.jpg

 知らなかった仁賀保高原の顔です。

     DSCN2476.jpg

 堤と言うからには、人工池なんでしょうね。

     DSCN2478.jpg

 鳥海山の北には、とても多い人工池です。

 その後、日本海上空の雲状況を確認するため、いつもの展望地点をめぐります。

DSCN2481.jpg

 丘の西側から、日本海を望む展望台。

DSCN2487.jpg

 グランド脇の駐車場から歩いてすぐですが、キャンプ場からは1.5㎞ほど離れていて、歩いて来るにはちょっと遠い位置。

DSCN2483.jpg

 16:30頃。日没が見えるうかどうかは微妙な雲。

     DSCN2484.jpg

 グランドの向こうにひばり荘。さまざまな方向から、見つけられる、ビューポイントです。

DSCN2485.jpg

 鳥海山も雲の中です。

DSCN2493.jpg

 晴れたり曇ったりと言うところでしょうか。

DSCN2490.jpg

 キャンプ場に戻ります。

DSCN2496.jpg

 綺麗に芝が刈られた、このサイズのフラットなサイトが10ほど。これは私のテントではありません。

IMG_9399.jpg

 一つのサイトに一つか二つほどのテント密度。

 車は乗り入れられませんが、面した道路に車やバイクを停めているキャンパーもいます。

 5分200円の温水シャワーが、二室あるのですが、一基は故障中。

 それでも汗を流しました。

 ひばり荘のフロントでくれた缶ビールは、ミュンヘン風のデュンケルでした。

     IMG_9406.jpg

 アルトに似ているビール。もう運転は出来ません。

     DSC03802_201509240621448af.jpg

 暗くなってきました。

DSC03800_20150924062142d19.jpg

 先ほど確認した展望台までは歩けませんが、途中の牧草地に、海が見えるポイントがあるのは調査済み。

DSC03803_201509240621452f6.jpg

 テントから5分ほどの登りです。尾根沿いの道路からすぐ。

DSC03807.jpg

 17:34。

DSC03809_201509240621487c8.jpg

 太陽は顔を出したり、隠れたり。

 左手の薄い島影は、日本海の孤島、飛島です。とびしま。

DSC03818_20150924062201744.jpg

 17:40。

DSC03823.jpg

 今日はもうダメかなと思ったその時。

DSC03825.jpg

 まさかの展開、なんと雲の下に顔を出しました。

DSC03826.jpg

 逆さ日没だ。

DSC03828.jpg

 17:42。

DSC03830.jpg

 ここからが本当の日の入り。

DSC03832.jpg

 17:43。

DSC03834.jpg

 じゅっ。

DSC03837.jpg

 日本海に沈む、夕陽。

DSC03841.jpg

 何とか、ぎりぎり最初の目的を果たせました。

DSC03842_20150924062326b6d.jpg

 しかし、本当に水平線に沈んだのか、自信はありません。

DSC03843.jpg

 暗くなって行きますが、太陽のかわりに、今度は鳥海山が顔を出しました。。

DSC03846_20150924062329926.jpg

 これまた絶景。

 ここに宿が出来たら、年じゅう来るのに。

DSC03849.jpg

 テントに戻ります。

DSC03861.jpg

 この夜は風も弱く、風車の回る音も静かでした。

     DSC03863_20150924062440452.jpg

 半月。

DSC03873.jpg

 炊事場の近くに、自転車野郎の可愛いテントが立っていました。

DSCN2512.jpg

 夕飯はグリーンサラダと、チキンのトマトシチュー。焚火を起こす勇気がなかったので、カセットボンベコンロのみの利用です。

DSCN2506.jpg

 前の晩の残りのパスタを最後にぶっこみました。

 テントのところまでは来ませんが、このミニモスラが、街路灯の周りを多数飛んでいました。

DSCN2514.jpg

 この蛾が多いところと、トイレが和式しかないのが難点と言えば難点ですが、300円ですからね。

 比較的近くに土田牧場がありますが、蝿はいませんでした。

 ところで、川島なお美。
 大学生ぐらいの時かな、山手線ですぐそばに立ってたことがありました。渋谷か恵比寿あたりだったかな。
 可愛かった。
関連記事
テーマ : アウトドア  ジャンル : 趣味・実用

Comments

ボッチキャンプ
☆風写さんへ
ツーリングの時この池の傍のキャンプ場でしばし休憩したことがありました。
夜に風が吹いて風車が回ってたら、眠れないんじゃないかと思うほど風車が近くにありますね・・・
仁賀保は本当に素晴らしいところです。
LYNX☆さんへ
この池は、いつもの尾根道から全く見えない位置にあるので、私には初めての風景です。
ダートを最低300mほど走る必要がありますね。TTでは来たくありません。

風は強くなかったので、ブレードが風を切る音は気にならなかった(それより隣のテントの鼾が五月蠅かった)のですが、一基メカが不調で、小さくギッタンバッコンしてたのが、エンジニア的に気になりました。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: