風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

さぁ、貴重なオフ

 昨日のスワローズは、黒田を打ち崩して完勝でしたが、イーグルスは駄目、さらにラグビーの日本代表もスコットランドに負けてしまいました、ミスが目立ちましたね。敵はそれを待ってた感じ。前半は日本のゲームだったのに。

 まるで測ったように、きっちり五日間だけ天気が良かった東北地方。

 その二日目に、ジム兄ィに道具を詰め込んで、9:30に出発です。

IMG_9366.jpg

 キャンプもいいけど、この荷物がねぇ。
 マンションだと部屋からパーキングまで4-5往復必要です。まぁ慣れてないので、余計なモノが多いのも事実。

 パーキングの近くに、上下二段のトランクルームもあるんですが、カビっぽいので、寝袋なんかの保管は無理。

 北山から北上し、大和へ。泉パークタウン周辺ではちょっと渋滞がありました。

 国道457号を北へ向かいます。東北道が渋滞していたのかどうかは不明です。

DSCN2399.jpg

 青空と、収穫期の稲田。

DSCN2400.jpg

 どこで眺めても美しい、ニッポンの風景です。

 古川と大和で、堤防の決壊や越水が発生した先日の大雨ですが、少なくとも私が通った範囲は、大量の倒伏は見られませんでした。

DSCN2402.jpg

 大和と大衡の間で、457号線が、国道4号線に接近する(道路設計の不具合)のと、自衛隊の王城寺原演習場があるせいで山側に裏道がない理由で、連休の時は必ず混むポイントがあります。

 その先は、いつもの加美広域農道で小野田方面へ。

DSCN2404.jpg

 小野田からは、国道347号、中羽前街道です。

DSCN2410.jpg

 拡幅工事が進んでいて、そろそろ冬季閉鎖されない峠道になってもおかしくない国道ですが、先日の大雨の影響でしょうか、片側交互通行の信号が、とても多かったです。連休なので敢えて置いてあったのかもしれません。

DSCN2412.jpg

 鍋越峠を越えて山形県に入ると、母袋街道。

 こちらも黄金の絨毯です。

DSCN2413.jpg

 銀山温泉に近い街道沿い、古民家利用のドライブイン(死語)で昼飯にします。夢にぐら。

IMG_9380mo.jpg

 旗や看板が多過ぎの上に、開店時間なのに、準備中になってました。

IMG_9379.jpg

 そのせいか、客は私ひとり。

 今週末、寒河江でクラシックカーフェスがあるんですね。

     IMG_9382.jpg

 座敷三部屋ぶちぬきの店内。

IMG_9367.jpg

 ゆったりしています。

 ちょっと凝った定食は、要予約。

IMG_9370.jpg

 お茶と一緒に超ざく切り辛口の、漬物大根、んまい。

IMG_9371.jpg

 定食が駄目だと、あとは麦切りと蕎麦だけ。

IMG_9369.jpg

 盛り合わせにしてもらいました、税込み600円。

IMG_9372.jpg

 きりっと冷えたつるしこですが、手打ちではないようでした。

     IMG_9373.jpg

 あとでネット検索してみたら、施設が立ち上がったのが去年、この農家レストランは今年7月オープンのようです。

 ご馳走さまを言って店を出ようとしてたら、待ち構えてたおやっさん、こっちさ見てけぇ、とかなんとか。

     IMG_9378.jpg

 画像はフロア担当のおかぁさんですが、蔵の一階は、カフェにしようとしてるけど未完成。

     IMG_9374.jpg

 二階は私向きな我楽多部屋、失礼、お宝リサイクルショップでした。

IMG_9375.jpg

 キャンプに向かう途中にはちょっと無理、と言うか、私が商品を委託したいぐらい。

IMG_9376.jpg

 街道を西に向かいます。

DSCN2418.jpg

 尾花沢新庄道路(将来の東北縦貫道)で北へ向かい、舟形ICまで。

 県道56号に降りて西へ。

DSCN2420.jpg

 本合海は、平泉から鳴子、尾花沢を抜けてきた芭蕉が船に乗って酒田へ向かった地です。

DSCN2422.jpg

 「五月雨をあつめて早し最上川」ですね。

 逆に義経弁慶の一行は、京都から北陸経由で最上川を登り、この辺りで下船して鳴子方面に向かい、その後平泉にたどり着くわけです。

DSCN2426.jpg

 国道47号に合流してさらに西へ。

 戸沢村に入ると、絶景の地に変わった道の駅があります。

IMG_9385.jpg

 韓国風なんです。なんでだろう。

IMG_9383.jpg

 最上峡を右てに、白糸の滝など眺めながら、庄内町へ。

DSCN2428.jpg

 清川で県道361号、大沼新田清川停車場線(長いぞ)へ右折。

 立川のウィンドファームが、最上川と稲田の向こうに見えています。

DSCN2430.jpg

 道なりで国道345号に合流。

DSCN2434.jpg

 前に来た時は平行に走る、庄内東部広域農道を走ったような気がしますが、今回は国道。

DSCN2438.jpg

 最上川から離れて、鳥海山に近づいていきます。

DSCN2440.jpg

 両側はずっと、黄金の稲田。コンバインも活躍中。

DSCN2442.jpg

 休みが多い、シルバーウィーク。
 東北の兼業農家にとっては、ベストなタイミングなのかもしれません。

DSCN2444.jpg

 良い天気です。

DSCN2447.jpg

 路肩に車を停めるスペースがあったので、一休み。

DSCN2453.jpg

 素敵な風景です。

DSCN2455.jpg

 道を歩いてるおばあちゃんも、自転車でどこかを目指しているおとうさんも、誰も鳥海山を眺めたりはしませんけど。

DSCN2449mo.jpg

 道は遊佐町に入っていきます。

DSCN2461.jpg

 青山本邸や、湯野田温泉がある町です。

DSCN2463.jpg

 羽前から羽後へ。出羽には、羽中と言う国はありません。境界が宇宙。

 秋田に入ります。
関連記事
テーマ : 旅行、旅、ドライブ  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: