風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (0)  Trackback (0)

モダンカメラマンLⅩ

 夕べは、燕虎戦も、鷲獅子戦もとりあえず放っておいて、U18のアメリカ戦を見ていました。
 佐藤世那-郡司のバッテリーで完封勝利。気もちのいいゲームでした。オコエも清宮も脇役。

 そうするとスワローズもイーグルスも勝っちゃったりして。世陸も最後の方は見てました。

 久しぶりのカメラ紹介です。

P8280002.jpg

 2012年12月に購入した、Pentax K-5Ⅱs。先輩から譲ってもらったK-7から買い換えたものですが、もうK-3も出ていますね。

 どれも質実剛健なペンタックスらしいデザイン。

P8280004.jpg

 上面の大型液晶パネルは、フィルムカメラ時代のペンタックスが始めたように記憶しています。

P8280008.jpg

 本当はここにシャッタースピードダイアルが欲しいところ。

 いつかニコンかキヤノンのデジイチに移行しようと思いつつ、レンズの遺産があるせいか、ずっとペンタックスのまま。その間に旭光学はリコーに吸収されてしまいました。

P8280003.jpg

 ローパスフィルターレスデジイチの走りなんですが、その優位性を書こうと思っているうちに2年は以上たってしまいました。

 再生ボタンが左側にあるのは、ちょっと違和感。

P8280006.jpg

 2013年1月に訪れた、下北半島の寒立馬

IMGP0130_20131227080255dc0.jpg

 K-5Ⅱsで撮りました。

IMGP0101.jpg

 カメラの型番が、マイナーチェンジでⅡとか、sとかついていくのは好きです。

     P8280010.jpg

 去年の夏の信越ツーリング、上越高田の雁木。

IMGP5489.jpg

 高田城の蓮。

IMGP5537.jpg

 松本の旧開智学校や松本城安曇野と大王わさび農場禄山美術館その他
 そして、木崎湖の原始感覚美術祭

IMGP5822.jpg

 さらに、その続き、蔵の街須坂戸倉上山田温泉に、妙義山

 気合を入れて撮りたいときに、活躍してくれています。

 SONY α7は電子VFなのに対し、こちらは光学VFですから、バッテリーの持ちが良いはず。

P8280009.jpg

 先日の、赤川花火大会の時にも使用したのですが、パソコン大画面で、スライドショーで見てて、異変に気が付きました。

IMGP6306.jpg

 よく見ると、すべての画像で、同じ位置に火花が。

IMGP6306c.jpg

 いわゆるドット欠けとか、白キズとか言われる現象。

 撮像素子の欠損なんです。

IMGP6394c.jpg

 マニュアル露出で、ISO感度を上げて、レンズキャップして撮ってみると一目瞭然。

IMGP6488cal.jpg

 通常の写真で気が付くレベルではないのですが、花火のように黒バックだと、見えてきます。
 キャンプに行って天の川を撮ろうなんて考えていたので、早めに気が付いて良かったのかも。

 全部で10個以上発見できました。

 サービスに送らないかんかな、料金が高かったら、K-3Ⅱに買い替えか、いろいろ思いを巡らせながら、ネットで情報検索していたら、な、な、なんと、

P8240001.jpg

 カメラの機能で消せるのでした。

P8240002.jpg

 デジタルカメラと言っても、いまだに撮像素子はアナログ。
 微小な光電変換素子が、壊れていくのですね、一説によると宇宙線に弱い。

 そのドットを、プロセス段階で読みださないように処理するのです。隣の情報で補完する。
 長くプロ用のビデオカメラに接していましたから、その手のカメラでできるのは知っていましたが、まさか自分のデジイチでそんなことが、それも外部機器なしでできるとは、驚きました。

P8240003.jpg

 あっという間、数分で終了。

P8240004_20150828055229557.jpg

 2013年5月、仙台市郊外の定義山

     IMGP0463_20130526080423.jpg

 2014年の5月、仁賀保の金峰神社

IMGP5274.jpg

 いろんな場所で活躍しています。

 K-3Ⅱに買い替えたい気持ちもありますが。K-1を待ちましょう。
関連記事
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: