風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Tags: 中華そば  

Comment (3)  Trackback (0)

カエデは紅葉?

 この週末は八幡平まで足を伸ばそうかと思っていたのですが、日曜日は県知事選挙。
 会社に居ても、私が特に貢献できることもないのですが、ま、旅行中ではまずいかなぁ、という事で泊りがけはお預け。

 近場をちょっくら走ることにしました。

 まずは東北道を北上、岩手に入り北上JCTを秋田道に折れ、北上西ICを出て、国道107号です。

PA240099.jpgby EP-1

 だいだい色に染まった山の間を、和賀川に沿って走ると、湯田ダム。

PA240100.jpg

 うちからちょうど2時間で到着です。150kmほど。

 錦秋湖。この季節に行かずしていつ行くの?

 ダムに沿って紅葉を眺めながらずっと走ることが出来ますが、スノーシェッドが多いですね。

 天気が今一なので、写真はあまり綺麗に写りません。

PA240104.jpg

 このあたり、秋田道はダムの南側、国道は北側を通っていますが、JR北上線はあっちへ行ったりこっちへ来たり。

 水は少なめでした。

PA240103.jpg

 山を越えると秋田県横手ですが、国道13号を南下したところで昼飯です。

PA240127.jpg

 十文字の街の真ん中にある、丸竹食堂。

 前回来た、マルタマと一文字違いなんですね、偶然かな。

 3名店のもう一つは、三角そばなんです。丸がつかない。

PA240125.jpg

 ご存知十文字ラーメンの老舗です。

     PA240116.jpg

 メニューもシンプル

PA240117.jpg

 おばぁちゃんがマスターで、娘さんかお嫁さんが数人でお手伝い。
 麺を茹でて、熱い汁に入れる以外の具はすべて仕込み済みなら火を使わないものばかり。

PA240118.jpg

 麺も縮れ細麺なので、混んでいてもあっという間に出てきます。

PA240122.jpg

 リッチに一番高いチャーシュー麺の大盛り、700円。

 こんなに細い海苔やメンマも珍しいですよね。

 蒲鉾や麩も薄いし、麺も爪楊枝のように細い麺なんです。

     PA240123.jpg

 魚だしで、チャーシューの脂もよく落としてあり、胃に優しく、私には最適。
 でもやはり、麺がやわすぎかな。

 最近好みがちょっと太麺系にシフトしてきているのかも。

 前回の逆コースで、342号線そして397号線で岩手県に戻ります。

PA240129.jpg

 大森峠を登る前に、ちょっと道を曲がり、焼石岳方向へ。

PA240166.jpg

 このあたり、秋田県東成瀬村では、釣りキチ三平のロケ現場がそこかしこにあり、看板が立っています。

PA240131.jpg

 滝まで280mという距離につられて降りてみることに。

PA240133.jpg

 でも、行きはよいよい。

PA240145.jpg

 この滝壺で撮影が行われたようです。

 PA240136.jpg

 機材の運搬は大変だったろうな。

          PA240140.jpg

 帰りは大変でした。
 心臓バクバク。

PA240170.jpg

 それでも景色は抜群、大森峠越えです。

 一般にモミジと呼ぶ木はカエデで、モミジは紅葉と変換されますね。
 葉が赤くなるこうようも、一般に紅葉と変換されます。

 そうすると、紅葉って書くと、紅葉のことなのか、はたまた紅葉について言っているのか判りにくく、この時期はいつも悩むんです。

PA240178.jpg

 面白いことに山を越えると、樹種が違うのでしょうね。

PA240185.jpg

 雰囲気が変わります。

 秋田側は、赤、橙、黄色、緑のパッチワークなのに、岩手側はほぼ赤一色。

PA240184.jpg

 胆沢川に沿って仙北街道を下り、再び巨大な胆沢ダム建設現場を通って東北道水沢ICへ。途中の農協アグリショップで買出しをして帰還しました。

 胆沢ダムが完成すると、どうも石淵ダムは湖底に沈みそうです。どこかのダムと違って工事停止の話が出ないのは、ダム本体の完成が近いのか、O元代表の影響か。

 オマケ画像
 帰りの金成PA

        CA3A0004_20091025212406.jpg

 ワンコインランチメニューですよ。
関連記事

Comments

楓と紅葉
大きく言うと楓も紅葉のうちですが、カエデは蛙手のなまったもので、一般的にはカナデアンメイプルのような大きな切れ目のある洋風な物をいい、モミジはイロハモミジのように葉が6-7枚のものをいいます。
 しかし、ハウチワカエデように、一見モミジのように小ぶりでも切れ込みも小さくても、7つ以上の切れ込みのあるものもあるので複雑なものもあります。
 イタヤカエデ、トウカエデ、モミジバフウ(フウは楓)のカエデと書くものは楓
ノムラモミジ、ヤマモミジ、オオモミジのようにモミジと書くものは紅葉というしかないようです。
紅葉、黄葉、昂揚、公用
以前、随分、公用で紅葉取材に行きました。一ヶ月半前の取材なので、トップページは、いつもラボの借写真。前年取材でなければ無理ですね。ここが印刷媒体とリアルタイムのテレビの違いです。
天正の滝、秋保大滝に似ている感じがしましたが? いかが?
紅葉の効用
百日紅さん
さすがお詳しい
テレビの場合はスーパーと読みがあるので、わかりやすいですね。視聴者がしっかり聞いてくれれば、誤解は生まれません。
秋の総会、初日になってしまいました。
まだ行くか決めかねています。

kazuさん
天正の滝、確かに秋保大滝に似ているかも、でも高さは半分以下でしょう。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019