風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (7)  Trackback (0)

クラシックカメラマン85

 54になりました。
 53は素数だったけど、54は2x3x3x3に素因数分解出来ます。


 そんな今日、紹介するのは、カメラ史上最高峰のレンジファインダーと言われる、このカメラです。

92820022c.jpgby A-1

 Nikon SP。

 1917年に日本光学を興したのは、三菱の岩崎小彌太。
 土佐の岩崎彌太郎の弟である彌之助の子です。三菱人物列伝はこちら

 そのニコン最初のレンジファインダーカメラ、Ⅰ型が発売されたのは、1948年。ライカはⅢcが主力だった時代です。
 Nikon Sが1951年、ライカのⅢfの発売と同じ年。

 ニコンのレンズマウントは、ライカとは異なるのですが、この時期、ライカ用と言うか、キヤノン用と言うか、M39スクリュウマウントレンズも生産していて、いや違います、ニコンは元々レンズメーカーだから、レンズ生産が主で、カメラは後から追いてきたんですね。

 そのレンズが朝鮮戦争で報道カメラマンにライカⅢfと共に使われて、アメリカで絶賛されたのが、ニコンの名声のスタートだったのです。

R1056983.jpgby GX100

 その後、あのM3が発表された1954年にニコンS2を出し、その二年後、1957年にM3に真っ向勝負を挑んだのが、このSPなんです。

R1056967.jpg

 レンズマウントは、Contax Ⅱ/Ⅲの模倣で、フランジバックが異なるだけなんですが、同じように人差し指でギアを回せば、ピントの調整が可能です。

R1056974.jpg

 そしてこの大きな窓を持ったファインダー。ライカが昔ながらの丸型ヘッドライトの車だとしたら、SPは最新型の異型ヘッドライト車のようです。

 夫婦ファインダーと呼ばれるタンデム型なんです。

R1056979.jpg

 バルナックライカもファインダー覗き窓が二つありましたが、あれは距離計専用と、ファインダーの二つでした。

 ニコンSPでは、広角用とそれ以外用が並んでいるのです。左が28/35mm用。

R1056972.jpg

 そして右が、50/85/105/135mm用なんです。上部に付いているノブでフレームを切り替えるのですが、望遠側に回して行くと次々新しいフレームが内側に出てくるだけで、それ以外のフレームは出たまま、実に賑やかです。

R1056971.jpg

 6本のレンズを、外付けファインダー無しで使えるんですね。

 右側のみパララックス補正します。

 裏蓋は完全取り外し式。

R1056977.jpg

 若干モルトプレーンの遮光スポンジが外れて垂れてしまっていますが、SPのフォーカルプレーンシャッターは、前期が静かな布幕、後期がやや派手な音がするチタン幕で、これは恐らく1962年頃の製造、チタン幕の方です。

R1056976.jpg

 シャッター音については、人の好みはそれぞれ。とにかく正確に働いてくれれば良いですね。

 SPとS2の2ショット。

92820024.jpgby A-1

 同じレンズマウント用とは思えない、5cmと3.5cmレンズ。

R1056984.jpgby GX100

 いわゆる内爪と外爪があり、5cmは内爪式。美しいレンズでしょう。

R1056985.jpg

 3.5cmは外爪式です。

R1056982.jpg

 戦後日本の技術の粋を集めた、機械的にも、光学的にも、そして産業デザイン的にも、実に素晴らしい逸品、1958年のブリュッセル万博でグランプリを受賞しています。

R1056978.jpg

 ニコンはこの後、1959年に、一眼レフのNikon Fを発売、世界を席巻します。

R1052874.jpg

 ただ恐らくこの時代、ニコンはプロ用のカメラとして、どちらも真剣にSPとFを開発し販売したのでしょう。

 時代が選んだのは、距離計連動式ではなく一眼レフでした。
 1964年の東京五輪では、世界中から来たカメラマンたちが、Nikon Fと望遠レンズの砲列を展開したそうなんですが、どちらに転んでも良い備えをニコンは用意したいたとも言えます。
関連記事
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Comments

No title
誕生日おめでとう。かな?
お伊勢参りに行ってきます。
誕生日おめでとう!
SPとほぼ同世代の生誕になりますね・・・HKさん(笑)
このSP,デザインの垢ぬけている事・・たまりません!
12mm買っちゃった
ニコンSP良いですね。本当は私も欲しいんだけど、S2があるのでこれで我慢してSPは高嶺の花と諦めて、
ウルトラワイドヘリアー12mmF5.6Mマウント買っちゃいました。
No title
健作、いや、検索から来ました。
SPのファインダーは、こうなんですねー。良いものを見ました。

重量税を信じてしまいました。全てが電気自動車というか、電子制御になり、電脳につながる事が必須になったら怖いなぁ~。
ある朝、クルマがスタートしないのでロードサービスを呼ぶと、『お客さん、税金未納の支払期限切れですよ』
差し支えなれば、リンクさせてください。
ありがとうございます
大町少年さんへ
私の分もお参りしてきて下さい。

LYNX☆さんへ
そうですね、私のコレクションの原点はドイツ時代にヴィンテージカメラ、自分と同じ世代、1950年代のカメラを集めることだったのです。

M3やM2、Retinaなんかがそうですね。
百日紅さんへ
私も長い間S2で我慢していたのですが、先日偶然楽天オークションで安いのを見つけてしまったのが運のつきでした。
MoBlueさんへ
コメントありがとうございます
全く支障はありません。
よろしくお願いします。

こちらからもリンクさせていただきます。

MoBlueってマンデイブルーの略ですか?






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019